デトックス ブログ 浮腫み 潤い 食材

冬瓜を皮ごと無理に食べなくても栄養効果を得る方法

 

冬瓜の皮は食べなくても良い

 

ウリ科の野菜、冬瓜はきゅうりやスイカのように夏バテ予防に効果のある野菜です。

また冬の瓜と書くのは、切らずにそのまま保存しておくと冬まで保存ができるため。
それは果肉部分が硬い皮に守られているからです。

かぼちゃのように皮ごと煮て食べても良いのですが、トロッと柔らかい果肉に対して煮てもそこまで柔らかくならない皮の歯ざわり。抵抗がある場合があります。

そんな時、皮は捨ててしまいますか?

冬瓜の皮にも効果があります。捨ててしまうのはもったいないです!

そこで、無理せず皮の栄養効果を得る方法を薬膳の視点を取り入れてご紹介します。

 

 

冬瓜の栄養効果は?

薬膳では、冬瓜自体に体にこもった熱を冷ます性質があると考えられていて、皮はやや冷やす微寒性、種は強く冷やす寒性、果肉は寒涼性に属します。

冬瓜の主な栄養効果は、体にこもった熱を冷やす性質により暑気あたりに良いとされますがこれは、特に果肉の90%以上が水分なのでこの水分で冷やされると考えます。
また、豊富に含まれるカリウムで利尿効果もあります。

更にデトックス効果も言われていて、これは水分に溶けにくい不溶性食物繊維が豊富に含まれていることからも分かります。

つまり冬瓜には、暑い時期に汗で失った水分補給をしながら、体に溜まりやすい不要な水分代謝を促し浮腫みやデトックス効果があるということです。
そのため、古くから民間薬として浮腫み、膀胱炎、腎臓病などに使われていました。

また、ビタミンCが豊富なため、日焼け対策や粘膜の乾燥から体を守る効果もあります。
外では汗で体に必要な水分を失いますが、エアコンの効いた室内に長時間いると呼吸器は乾燥しがちです。

初秋になると、日中の気温は真夏並みに上がりますが、真夏との違いは空気の乾燥です。
エアコンと外気で乾燥する呼吸器の粘膜にも、日焼けによるシミやソバカスにもビタミンCが豊富な冬瓜を食べない手はないでしょう。

 

参考:文部科学省食品成分データベース

 

 

冬瓜は部位それぞれに栄養効果がある

 

冬瓜を、皮、果肉、種とワタの3つの部分に分けてみます。

 

冬瓜

 

実は、皮、果肉、種とワタ、全ての部位に栄養効果があります。

皮は冬瓜皮(とうがひ)、種は冬瓜仁(とうがにん)冬瓜子(とうがし)と呼ばれる生薬です。

完熟した種を使う冬瓜子は、五臓の「肺」に良いとされ余分な熱を冷まして痰の切れを良くしたり膿を排泄する効果も持ちます。

では、冬瓜皮にはどんな栄養効果があるでしょうか?

 

 

冬瓜の皮の効果は?

冬瓜の皮には、果肉部分よりさらに利尿効果があるとされています。

食材として扱われているものよりも、漢方薬の材料になる生薬は効果が高いので薬として使われてきたのです。

冬瓜の皮は、必要な水分は補給し、浮腫みの原因となる体内の不要な水分は尿として排泄する。

その効果は果肉より高いので、捨てずに使いたいですね。

 

 

口触りが気になる時の冬瓜の皮の使い方

色々なサイトには、冬瓜の皮のきんぴらや、果肉と一緒に煮る、炒める、中には漬物にするというものもあります。

 

冬瓜

その食べ方が気になる場合は、剥いた皮を捨てずにエキスを煮出す方法を使います。

冬瓜の煮物、冬瓜と鶏ひき肉のあんかけそぼろ、冬瓜スープなどを作る時に、煮汁と一緒に剥いた皮を入れて一緒に煮こむのです。

この考え方は、香港など薬膳の本場のスープの考え方で、具は食べなくてもエキスを煮出し、エキスを吸った具を食べたりそのスープを飲んで効果を得るというものです。

 

これは、漢方薬を煎じて飲んだり、漢方薬膳茶の考え方とも共通です。

 

 

まとめ

冬瓜は皮にも栄養効果があり、むしろ生薬として漢方薬に利用されるほど果肉部分より効果があると言えます。

 

そのため、できるだけ皮も食べた方が良いのですが、歯ざわりの違和感などで美味しく食べられないのであれば、皮は剥き、その皮を煮出すことでエキスを得る方法があります。

これなら、浮腫みに良いとされる効果はスープや煮た具材に吸わせることで、皮自体を無理して食べる必要がありません。

薬膳は薬ではないので、一番大切なことは美味しく食べられることです。

皮も一緒に食べられない場合は、皮を一緒に煮出してエキスを出し、食べる時には取り除いてエキスの抽出された料理を美味しく食べてくださいね。

 

 

【関連記事】

薬膳とは何か?お店で食べるものなのか?

 

薬膳と漢方の違いと関係

 

 

体質的に食べない方が良いものを、たまに食べてもなかったことにできる薬膳の知恵が学べる無料メール講座配信中

 

お知らせ

2021/11/20

「みんなの体の時間割」開講しました

いつもありがとうございます。 なかったことにする薬膳の簡単エイジングケア薬膳講師、森澤孝美です。   2021年11月18日に満席のお申込みをいただき「みんなの体の時間割」講座をオンライン(zoom)で開講しました。     この講座では中医学の古典「黄帝内経(こうていだいけい)」に書かれている五臓六腑それぞれの活性化・不活性化する時間帯を表す体内時計「子午流注(しごるちゅう)」にスポットを当て、効率よく体に備わった能力を使う考え方をお伝えしました。 人も自然の中で暮らしてい ...

ReadMore

何を食べたら良いのかわからない時は自分の体からのお知らせを聞く

ブログ 中医学 薬膳

2021/11/20

薬膳の基本!何を食べるのかわからない時に信じるのは自分の体の観察

    食べ物に関して様々な情報が溢れすぎていてどれを信じれば良いのかわからないということはないですか? 実際私も中医学と薬膳を学ぶまではそうでした。 自分に必要なものなのかそうではないのかの判断ができず、情報に翻弄されていたと言っても良いと思います。 先日『みんなの体の時間割』という単発講座を開講した後のご感想の中にあったものです。   薬膳で、●●の大切さを何度も聞き、食べたらよい食材もインプットしています。 ただ、今までの話の中で出てきていないコレステロールが、●●によ ...

ReadMore

お知らせ

2021/11/14

「漢方・薬草ツアー2021晩秋@薬の歴史の始まりの地 宇陀編」に参加しました

いつもありがとうございます。 モーリー薬膳ラボ代表 なかったことにする薬膳の簡単エイジングケア薬膳講師、森澤孝美です。 2021年11月6日(土)~11月7日(日)の二日間、奈良県宇陀市で開催されます「漢方・薬草ツアー2021晩秋@薬の歴史の始まりの地 宇陀編」に参加して参りました。 日本書紀の推古天皇が宇陀で日本初の薬狩りをされたという記述に始まり、江戸時代には幕府に献上していた漢方薬の一大生産地と成長した宇陀市。 宇陀市及び奈良県を挙げて取り組んでいる大和当帰の畑へ当帰の刈り取り体験、日本最古の薬草園 ...

ReadMore

お知らせ

2021/11/5

ご迷惑をおかけします。漢方・薬草研修に参加します。

モーリー薬膳ラボ代表 なかったことにする薬膳の簡単エイジングケア薬膳講師、森澤孝美です。 いつもありがとうございます。 2021年11月6日(土)~11月7日(日)の二日間、奈良県宇陀市で開催されます「漢方・薬草ツアー2021晩秋@薬の歴史の始まりの地 宇陀編」に参加のため、いただいたご連絡のお返事に時間がかかる場合がございます。 お返事は確実にさせていただきますが、通常より多少お待ちいただくことをご了承いただければ幸いです。 尚、移動中などお電話にてのご連絡にはお応えできない場合がございますので、メール ...

ReadMore

ドアを開けると静電気

ブログ 潤い 食材

2021/11/4

なぜ静電気体質になるのか?その原因と対策、おすすめの食べ物

      冬に近づくとそれまでなかった静電気のトラブルに悩まされる方も多いのではないでしょうか? 玄関のドアノブ、車のドア、人に何かを渡そうとした時など、バチっと静電気が起こり触れるのが怖いと言う話も聞きます。 ところが、誰もが静電気に悩まされている訳ではないのも事実。 静電気が発生する原因がわかれば、対策も取りやすいですね。 そこで、静電気体質になる原因とおすすめの食べ物を薬膳の視点からご紹介しますね。   静電気が起こる原因は三つ 静電気が起こる原因は大きく分 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

森澤孝美

「なかったことにする薬膳」と「簡単エイジングケア薬膳」でアラフィフをサポートする簡単エイジングケア薬膳講師。お惣菜でも外食でも選び方の理論が分れば薬膳になる。レシピが無くてもコツを掴んで実践できるとご好評。個人セッションも受付中。 薬膳食療法専門指導士。中医学と薬膳を学んだ後、多忙で食事が手作りできない人でも取り入れられる簡単エイジングケア薬膳講座を展開。日本全国より受講される。

-デトックス, ブログ, , 浮腫み, 潤い, 食材
-, , , ,

© 2021 モーリー薬膳ラボ 簡単エイジングケア薬膳講師 森澤孝美 なかったことにする薬膳