デトックス ブログ 浮腫み 潤い 食材

冬瓜を皮ごと無理に食べなくても栄養効果を得る方法

 

冬瓜の皮は食べなくても良い

 

ウリ科の野菜、冬瓜はきゅうりやスイカのように夏バテ予防に効果のある野菜です。

また冬の瓜と書くのは、切らずにそのまま保存しておくと冬まで保存ができるため。
それは果肉部分が硬い皮に守られているからです。

かぼちゃのように皮ごと煮て食べても良いのですが、トロッと柔らかい果肉に対して煮てもそこまで柔らかくならない皮の歯ざわり。抵抗がある場合があります。

そんな時、皮は捨ててしまいますか?

冬瓜の皮にも効果があります。捨ててしまうのはもったいないです!

そこで、無理せず皮の栄養効果を得る方法を薬膳の視点を取り入れてご紹介します。

 

 

冬瓜の栄養効果は?

薬膳では、冬瓜自体に体にこもった熱を冷ます性質があると考えられていて、皮はやや冷やす微寒性、種は強く冷やす寒性、果肉は寒涼性に属します。

冬瓜の主な栄養効果は、体にこもった熱を冷やす性質により暑気あたりに良いとされますがこれは、特に果肉の90%以上が水分なのでこの水分で冷やされると考えます。
また、豊富に含まれるカリウムで利尿効果もあります。

更にデトックス効果も言われていて、これは水分に溶けにくい不溶性食物繊維が豊富に含まれていることからも分かります。

つまり冬瓜には、暑い時期に汗で失った水分補給をしながら、体に溜まりやすい不要な水分代謝を促し浮腫みやデトックス効果があるということです。
そのため、古くから民間薬として浮腫み、膀胱炎、腎臓病などに使われていました。

また、ビタミンCが豊富なため、日焼け対策や粘膜の乾燥から体を守る効果もあります。
外では汗で体に必要な水分を失いますが、エアコンの効いた室内に長時間いると呼吸器は乾燥しがちです。

初秋になると、日中の気温は真夏並みに上がりますが、真夏との違いは空気の乾燥です。
エアコンと外気で乾燥する呼吸器の粘膜にも、日焼けによるシミやソバカスにもビタミンCが豊富な冬瓜を食べない手はないでしょう。

 

参考:文部科学省食品成分データベース

 

 

冬瓜は部位それぞれに栄養効果がある

 

冬瓜を、皮、果肉、種とワタの3つの部分に分けてみます。

 

冬瓜

 

実は、皮、果肉、種とワタ、全ての部位に栄養効果があります。

皮は冬瓜皮(とうがひ)、種は冬瓜仁(とうがにん)冬瓜子(とうがし)と呼ばれる生薬です。

完熟した種を使う冬瓜子は、五臓の「肺」に良いとされ余分な熱を冷まして痰の切れを良くしたり膿を排泄する効果も持ちます。

では、冬瓜皮にはどんな栄養効果があるでしょうか?

 

 

冬瓜の皮の効果は?

冬瓜の皮には、果肉部分よりさらに利尿効果があるとされています。

食材として扱われているものよりも、漢方薬の材料になる生薬は効果が高いので薬として使われてきたのです。

冬瓜の皮は、必要な水分は補給し、浮腫みの原因となる体内の不要な水分は尿として排泄する。

その効果は果肉より高いので、捨てずに使いたいですね。

 

 

口触りが気になる時の冬瓜の皮の使い方

色々なサイトには、冬瓜の皮のきんぴらや、果肉と一緒に煮る、炒める、中には漬物にするというものもあります。

 

冬瓜

その食べ方が気になる場合は、剥いた皮を捨てずにエキスを煮出す方法を使います。

冬瓜の煮物、冬瓜と鶏ひき肉のあんかけそぼろ、冬瓜スープなどを作る時に、煮汁と一緒に剥いた皮を入れて一緒に煮こむのです。

この考え方は、香港など薬膳の本場のスープの考え方で、具は食べなくてもエキスを煮出し、エキスを吸った具を食べたりそのスープを飲んで効果を得るというものです。

 

これは、漢方薬を煎じて飲んだり、漢方薬膳茶の考え方とも共通です。

 

 

まとめ

冬瓜は皮にも栄養効果があり、むしろ生薬として漢方薬に利用されるほど果肉部分より効果があると言えます。

 

そのため、できるだけ皮も食べた方が良いのですが、歯ざわりの違和感などで美味しく食べられないのであれば、皮は剥き、その皮を煮出すことでエキスを得る方法があります。

これなら、浮腫みに良いとされる効果はスープや煮た具材に吸わせることで、皮自体を無理して食べる必要がありません。

薬膳は薬ではないので、一番大切なことは美味しく食べられることです。

皮も一緒に食べられない場合は、皮を一緒に煮出してエキスを出し、食べる時には取り除いてエキスの抽出された料理を美味しく食べてくださいね。

 

 

【関連記事】

薬膳とは何か?お店で食べるものなのか?

 

薬膳と漢方の違いと関係

 

 

体質的に食べない方が良いものを、たまに食べてもなかったことにできる薬膳の知恵が学べる無料メール講座配信中

 

節分の福豆と恵方巻

ブログ メニュー 行事食

2023/2/3

節分の食べ物にはどんな薬膳的効能があるか?

    節分は、二十四節気の最後の日です。 節分の翌日は、立春で、暦の上では春の始まりの日に当たり二十四節気の始まりの節気です。 八十八夜、二百十日などは、立春を起点にしたもの。   節分の行事食である豆まきの大豆と恵方巻。この二つは食材の性質や効能的に組み合わせることに意味がある薬膳です。 恵方巻を食べる時は、豆まきの大豆もぜひ食べるようにしてください。   節分は言わば、大晦日です。 節を分けると書きますね。 節分には、豆をまいて季節の変わり目に起こりやすい災い ...

ReadMore

お知らせ 出張講座 活動報告

2023/1/26

朝日カルチャーセンターにて「人生100年時代のエイジングケア薬膳」講座終了しました

  2023年1月25日(水)に2023年最初の朝日カルチャーセンターくずは教室様に『人生100年時代のエイジングケア~自分でできる薬膳入門』が終了しました。 2022年より、年に四回各シーズンごとの講座の際は、教室にての対面受講と同時配信のオンライン受講のハイブリッドで開講されています。   今回も、対面は、リピートの方々と初めての方、東京や岡山からオンラインで受講くださった方々もいらっしゃいました。   今回のテーマは、日々、自分でできる簡単なエイジングケア薬膳です。 & ...

ReadMore

ブログ メニュー 消化

2023/1/10

お粥とおじやと雑炊で一番消化に良いもの~薬膳の視点から解説

1月7日の七草粥が終わり、もうお粥は来年まで食べることは無いと思っていませんか? 「お粥は病気の時に食べるもの」 そう思っている人もいるかもしれません。   似たようなものに、おじやと雑炊もありますが、この中で一番消化が良いのはお粥です。   同じように米が入っていて、普通のご飯より柔らかくて箸では食べにくいところまで同じなのに、なぜお粥が一番消化が良いのでしょうか?     ここでは、お粥、おじや、雑炊の違いとなぜお粥が一番消化が良いのかを薬膳の視点から解説します ...

ReadMore

お知らせ

2022/12/21

2022年度年末年始休業のお知らせ

モーリー薬膳ラボ代表、森澤孝美です。 いつもありがとうございます。   2022年の年度末年始休業を下記の通りとさせていただきます。   ■2022年12月30日(木)~2023年1月3日(火)   この期間中のメール、SNSなどでのお問合せに関しては2023年1月4日以降順次お返事させていただきます。 ご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。   2022年も薬膳を通してたくさんの方とのご縁をいただきありがとうございます。 少しでも、皆様の心身 ...

ReadMore

冷えと湿気対策薬膳講座

お知らせ 出張講座 活動報告

2022/12/12

島根県松江市にて冷えと湿気対策薬膳をお伝えして来ました

12月11日(日)10:00~15:00(昼食をはさみました)に、『女性の大敵、湿気と冷え対策薬膳』を島根県松江市の自然食品の店ひまわりさんでお伝えして来ました。   この講座開催は、薬膳講座を長年受講くださっているひまわりの伊達社長から、講座中にお客様のお悩みを伺っていたことがきっかけです。   私がアロマテラピーや薬膳を始めるきっかけとなった更年期の際、心身の不調から脱することができたアロマテラピーとの出会いの場所となったアロマテラピーサロン&スクールNeroli主宰「大和 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

森澤孝美

「なかったことにする薬膳」と「簡単エイジングケア薬膳」でアラフィフをサポートする簡単エイジングケア薬膳講師。お惣菜でも外食でも選び方の理論が分れば薬膳になる。レシピが無くてもコツを掴んで実践できるとご好評。個人セッションも受付中。 薬膳食療法専門指導士。中医学と薬膳を学んだ後、多忙で食事が手作りできない人でも取り入れられる簡単エイジングケア薬膳講座を展開。日本全国より受講される。

-デトックス, ブログ, , 浮腫み, 潤い, 食材
-, , , ,

© 2023 モーリー薬膳ラボ 簡単エイジングケア薬膳講師 森澤孝美 なかったことにする薬膳