ブログ 梅雨 浮腫み 頭痛 食材

梅雨の湿気による不調におすすめの食べ物3選

梅雨になると湿気の影響で消化器系が弱りやすく、そのために不調になるケースが多いです。
梅雨の不調に対応できる手に入りやすいおすすめの食べ物3選をご紹介します。

 

梅雨に溜まりやすい要らない湿気を排泄させる食べ物3選

1.雑穀類
雑穀類は、繊維質が豊富で梅雨時は体の中に溜まりやすい要らない水分を繊維で絡め取ることができます。
特に普段から揚げ物やスパイスの効いた辛いもの、唐辛子やにんにくの効いた食事を好んで食べている場合は、余分な水分が熱化して粘度を増します。

雑穀

 

すると、尿として排泄しにくくなるため、繊維質の多いものを摂りながら出すことがおすすめです。
ご飯を炊く時に、十五穀米などのパックになったものを入れれば簡単に雑穀ご飯ができますね。

雑穀を単品で入れる時は、もち米、もち麦などのような「もち〇〇」でないものを選びます。
白米として普段食べているうるち米ともち米を比べた場合でも、もち米は粘りが強く要らない水分を排泄させる妨げになりやすいからです。

逆を言えば、下痢気味の時はお餅を食べると改善になります。

玄米を食べる時には注意点があります。
もともと胃腸が弱く、普段から未消化物が便に混ざることのある人は玄米をそのまま炊くと胃腸への負担になりやすいのです。

玄米には白米よりビタミンやミネラルなどの栄養が残っている点からも食べると良いのですが、胃腸が弱い人が玄米を食べる時は玄米がゆにするか炊飯前にしっかり浸水させてから炊くことをおすすめします。
または、そのままの玄米より消化しやすい発芽玄米を選んでみて下さい。

せっかくの食材でも消化に負担がかかり消化されずに排泄されてしまわないようにしましょう。


2.はと麦

はと麦も雑穀の一つですが、他の雑穀類よりいろいろな料理に使えるという便利さがあります。

はと麦は、イボ取りの生薬ヨクイニンの原料です。
カラダにこもった熱を冷まして水分代謝を促すため、浮腫みや重だるさ、下痢や軟便、関節の痛みのある人におすすめです。

はと麦

 

イボや吹き出物などは、要らない水分が熱化して粘度を増したものが皮膚に現れたものですから、はと麦に美肌効果が謳われているのも納得できるのではないでしょうか。

 

はと麦は、はと麦茶として夏の飲み物にもおすすめですし、炊飯用のはと麦はそのまま白米と一緒に炊くことができます。
また、煎ったはと麦(ポン菓子のように膨らませた物)はそのままスナック菓子のように食べることもできます。
それ以外でも、スープのクルトン代わりにしたり、ミネストローネにしてしまうとか、サラダのトッピングや、砕いてまぶしつけたらソテーの小麦粉代わりにもなります。

 

下に降ろす働きがあるため(要らない水分を尿として排泄するので)妊婦さんにはおすすめできません。
気をつけてくださいね。

 

3.豆類
豆類には、どれにもお腹を丈夫にさせて水分代謝を促す効果があります。
考えてみると、そろそろ梅雨に入るという時期から、えんどう豆、うすいえんどう(関西を中心に)、そら豆、枝豆・・・とフレッシュな豆類もたくさん出回ります。

 

本来の旬のものには、日本の季節の不調の改善や予防効果を持つものが多いのがわかります。
また、フレッシュな豆でなくても大豆、小豆、黒豆、ひよこ豆、白いんげんなど乾燥豆にも同様の効果があります。

 

ほとんどの豆類は食べても体を冷やしたり熱を加えることがないため、体に要らない水分が溜まって冷えている人も要らない水分が熱化してドロドロになっている人も食べることができて冷えや熱の変化を心配する必要がありません。

 

また、梅雨でも気温が低い日や蒸し暑い日でもさらに冷やしてしまうとかさらに熱くなるということがないのです。

 

そんな豆類の中で緑豆は体を冷やす性質を持ちます。

 

緑豆

日本では緑豆をそのまま食べることはあまりありませんが、緑豆もやしや緑豆春雨はスーパーでも購入できます。

 

豆の部分に体にこもった熱を冷まし、口内炎や目の充血、炎症のある吹き出物などにも効果がある豆です。
そのため、緑豆もやしは豆がついたまま調理したほうが良いですし、緑豆春雨は皮を取り除いて実の中にあるでんぷんだけで作られるためもやしの方が効能は高いと言えます。

 

梅雨の不調には何があるか?不調にならないためには?

おすすめした3つの食べ物は、薬膳で梅雨の湿気による不調予防と改善に効果があるとされるものです。

 

梅雨の不調には、浮腫み、重だるさ、下痢や軟便、頭痛、腰や膝などの関節の痛み、天井がぐるぐる回る回転性のめまいなどがあります。

 

これらの原因に共通なのは、体に要らない水分が溜まっているということです。
そもそも、なぜ水分代謝が悪くなるのかというと、空気中の水蒸気で体の要らない水分が呼吸や汗で排泄されにくくなることと、逆に体に入ってしまうということがあげられます。

 

本来丁度良い水分量より多くなるため、浮腫みや重だるさを感じ、湿気に弱い消化器系の働きが落ちるために尿として排泄されるはずの要らない水分が、腸に残り軟便や下痢になったり、関節に溜まって腰痛や膝痛の原因となると考えられています。

 

そのため、不調予防や改善におすすめした食べ物を食べながら、要らない水分を溜めにくくすることも大切です。

 

要らない水分を溜めないようにするためには胃腸を弱らせない食生活を

環境的に梅雨には湿気が体に溜まりやすい訳なので、それ以上溜めないようにするには胃腸を弱らせないことが大切です。

 

胃腸を弱らせる食べ物と食べ方があります。

 

脂っこいもの・揚げ物中心の食生活、スイーツや砂糖を使った甘い料理、コッテリしたご飯が進む味付けのもの、大量の乳製品、アルコール、そして冷たい食べ物飲み物です。

 

梅雨の季節はこれらをなるべく続けて摂らないようにしながら、おすすめした3つの食べ物、雑穀類、はと麦、豆類で、胃腸をじょうぶにしつつ溜まった水分を排泄する食生活を心がけましょう。なるべくとらないようにしていてもたまに食べた時にはなかったことにする薬膳を使ってください。

 

おすすめした3つの食べ物は比較的スーパーなどで手に入れやすいものです。

 

他にも体質や体の熱や冷えのバランスによっておすすめできる食べ物や飲み物もあります。

 

体調は一定ではありません。一つの食材、一つの食べ方に囚われすぎず体調を見ながら変えてくださいね。

 

 

【関連記事】

むくみはあなたの食生活が原因かも?薬膳で考えるむくみの原因と対策

ひよこ豆を使って夏の代謝アップ!薬膳カレーや薬膳サラダにひよこ豆を使う4つの理由と合わせるおすすめ食材

 

 

体質的に食べない方が良いものを、たまに食べてもなかったことにできる薬膳の知恵が学べる無料メール講座配信中

 

節分の福豆と恵方巻

ブログ メニュー 行事食

2023/2/3

節分の食べ物にはどんな薬膳的効能があるか?

    節分は、二十四節気の最後の日です。 節分の翌日は、立春で、暦の上では春の始まりの日に当たり二十四節気の始まりの節気です。 八十八夜、二百十日などは、立春を起点にしたもの。   節分の行事食である豆まきの大豆と恵方巻。この二つは食材の性質や効能的に組み合わせることに意味がある薬膳です。 恵方巻を食べる時は、豆まきの大豆もぜひ食べるようにしてください。   節分は言わば、大晦日です。 節を分けると書きますね。 節分には、豆をまいて季節の変わり目に起こりやすい災い ...

ReadMore

お知らせ 出張講座 活動報告

2023/1/26

朝日カルチャーセンターにて「人生100年時代のエイジングケア薬膳」講座終了しました

  2023年1月25日(水)に2023年最初の朝日カルチャーセンターくずは教室様に『人生100年時代のエイジングケア~自分でできる薬膳入門』が終了しました。 2022年より、年に四回各シーズンごとの講座の際は、教室にての対面受講と同時配信のオンライン受講のハイブリッドで開講されています。   今回も、対面は、リピートの方々と初めての方、東京や岡山からオンラインで受講くださった方々もいらっしゃいました。   今回のテーマは、日々、自分でできる簡単なエイジングケア薬膳です。 & ...

ReadMore

ブログ メニュー 消化

2023/1/10

お粥とおじやと雑炊で一番消化に良いもの~薬膳の視点から解説

1月7日の七草粥が終わり、もうお粥は来年まで食べることは無いと思っていませんか? 「お粥は病気の時に食べるもの」 そう思っている人もいるかもしれません。   似たようなものに、おじやと雑炊もありますが、この中で一番消化が良いのはお粥です。   同じように米が入っていて、普通のご飯より柔らかくて箸では食べにくいところまで同じなのに、なぜお粥が一番消化が良いのでしょうか?     ここでは、お粥、おじや、雑炊の違いとなぜお粥が一番消化が良いのかを薬膳の視点から解説します ...

ReadMore

お知らせ

2022/12/21

2022年度年末年始休業のお知らせ

モーリー薬膳ラボ代表、森澤孝美です。 いつもありがとうございます。   2022年の年度末年始休業を下記の通りとさせていただきます。   ■2022年12月30日(木)~2023年1月3日(火)   この期間中のメール、SNSなどでのお問合せに関しては2023年1月4日以降順次お返事させていただきます。 ご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。   2022年も薬膳を通してたくさんの方とのご縁をいただきありがとうございます。 少しでも、皆様の心身 ...

ReadMore

冷えと湿気対策薬膳講座

お知らせ 出張講座 活動報告

2022/12/12

島根県松江市にて冷えと湿気対策薬膳をお伝えして来ました

12月11日(日)10:00~15:00(昼食をはさみました)に、『女性の大敵、湿気と冷え対策薬膳』を島根県松江市の自然食品の店ひまわりさんでお伝えして来ました。   この講座開催は、薬膳講座を長年受講くださっているひまわりの伊達社長から、講座中にお客様のお悩みを伺っていたことがきっかけです。   私がアロマテラピーや薬膳を始めるきっかけとなった更年期の際、心身の不調から脱することができたアロマテラピーとの出会いの場所となったアロマテラピーサロン&スクールNeroli主宰「大和 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

森澤孝美

「なかったことにする薬膳」と「簡単エイジングケア薬膳」でアラフィフをサポートする簡単エイジングケア薬膳講師。お惣菜でも外食でも選び方の理論が分れば薬膳になる。レシピが無くてもコツを掴んで実践できるとご好評。個人セッションも受付中。 薬膳食療法専門指導士。中医学と薬膳を学んだ後、多忙で食事が手作りできない人でも取り入れられる簡単エイジングケア薬膳講座を展開。日本全国より受講される。

-ブログ, 梅雨, 浮腫み, 頭痛, 食材
-, , , , , , , ,

© 2023 モーリー薬膳ラボ 簡単エイジングケア薬膳講師 森澤孝美 なかったことにする薬膳