花粉症の人が気をつけるもう一つのアレルギー

アレルギー ブログ 中医学 五臓 食材

花粉症の人が食べ物で気をつけたいもう一つのアレルギー対策

花粉症の季節がやって来ました。

花粉症の症状を軽減させる食べ物や止めておいた方が良い食べ物はいろいろありますが、花粉症から派生する食物アレルギーがあります。

交差反応と言うアレルギー症状です。

花粉症の人が食べ物で気をつけたいもう一つのアレルギーは、花粉症そのものの症状に影響するのではなく食べたもので主に口の中や喉に現れます。

 

花粉症が起こすもう一つのアレルギー

交差反応とは、花粉・食物アレルギー症候群(PFAS)とも呼ばれています。

食物アレルギー研究会のサイトによると

口腔粘膜に限局した即時型症状を誘発する。花粉症患者にみられるものを「花粉-食物アレルギー症候群(PFAS)」と呼ぶ。

これは主に花粉の感作を受けた人が、その花粉アレルゲンと交差反応する生の果物や野菜を摂取したときに、口腔咽頭粘膜でアレルギー反応が起きることによる。

とあります。

つまり、花粉症の人が原因となる花粉と良く似た特徴を持つ食べ物を食べると、体が勘違いしてアレルギー反応を起こすことがあるということです。

例えば、シラカバの花粉に反応する花粉症の人は、シラカバに似たたんぱく質の配列と構造を持っているリンゴや洋ナシ、桃などの果物を花粉と認識して体が攻撃を始めるのです。

症状は、口腔内や唇が痒い、腫れる、喉がイガイガするなどです。

花粉と交差反応が考えられる食品を表にまとめました。

 

花粉と交差反応

 

花粉症由来のアレルギー食品は熱と酸に弱いことが言われている

交差反応が出やすい食品は、熱と酸に弱いことが分かっています。

そしてアナフィラキシー発生は低いとも言われています。

なので、喉がイガイガしたり唇が腫れたりしてもすぐ食べるのを止めれば、胃に入った後は胃酸で分解させるものが多いので全身にアレルギーが広がることは少ないと言われています。

ただ、花粉の種類によっては、全身反応が出て重症化した例も報告されています。

なので、花粉症の人は医療機関で検査をして原因植物を知っておくことが大切です。合わせて交差反応が出やすい食品にも注意します。

花粉症由来の交差反応を起こさないようにするためには、調理すること、お酢などを使って味付けをすることなどの工夫も大切です。

 

 

交差反応を起こりにくくするために注意すること

交差反応を起こりにくくするためには、

○花粉症の原因植物を知っておく

○原因植物から交差反応が起こりやすい食べ物を知っておく

○交差反応が起こりそうな食べ物は大量に食べない

○よく加熱して食べる

○酢の物、マリネなど酢やレモンなどの酸味を使った調理をする

○少量をよく噛んで食べることで胃を刺激して胃酸を出す(酸に弱いので)

○普段からオメガ3系のオイルを摂る(特にえごま油)

などがあります。

 

花粉症の人

 

えごまはシソ科の植物で、シソ科の植物には抗アレルギー作用があるからです。

ただ、えごまオイルなどのオメガ3系オイルは不飽和脂肪酸オイルなので加熱には不向きです。

不飽和脂肪酸とは分子構造が安定していないため、酸素と結びつきやすい特徴を持ちます。

酸素と結びつくということは、言い換えると酸化しやすいということです。

 

オメガ3系オイルは酸化しない状態で使い切るため、少量を買い加熱調理ではなくドレッシングや和え物などにそのままの状態で使いましょう。

 

 

アレルギー発症を中医学と薬膳で見る

そもそも花粉症などのアレルギーが起こらなければ、交差反応の心配をしなくても良いですよね。

薬膳の基になる中医学では、五臓の腎がそのカギを握っています。

腎が弱ると花粉や、動物、ハウスダストなどのそれぞれの抗体を溜める小さな入れ物を体内に作ってしまうと考えます。

小さいのであふれ出すと発症です。

発症させないために、入れ物を大きくすることが大切です。

スギ、ヒノキ、ブタクサ、動物、ハウスダスト・・・とたくさん入れ物を作らないことも。

たくさんあればあるほど、たくさんのものに対してアレルギー反応を起こすので。

 

五臓相関図

中医学で見る花粉症緩和は腎を強くすること。

いつもはエイジングケアでお伝えしている腎ですが、黒いもの、海のものを中心に食べるのは同じです。

その上で、症状を酷くさせる食材を症状が出ている時は止めます。

良いと言われるものを食べるより、悪化させるものを止める方が早く効果が出やすいからです。

症状を悪化させる食べ物は、体の構成要素「気血津液」の気を上に上げる作用があるもので、コーヒー、チョコレート(カカオなのでココアも)、ナッツ類です。

そして、そもそも花粉を体に入れてしまうバリア機能の弱りなのでバリアを張る五臓の「肺」を強めて行きます。

肺を強くするためには消化機能である「脾」の強化を忘れてはいけません。

これらが根本治療になりますが、発症している時は今出ている症状の緩和が第一なので、今はとにかく悪化させるものを止めることが重要です。

花粉症を根本から良くしたいと言う方は、症状が落ち着いてから薬膳で来年の症状を軽くしていきましょう。

 

 

まとめ

花粉症の人が気をつけて欲しいもう一つの食べ物は、交差反応です。

花粉症症状に直接影響はありませんが、食べ物アレルギーとして主に口腔内や唇、喉に現れます。

花粉症の原因となる物質と似ている食べ物を食べた時に出るものなので、あらかじめ自分の花粉症原因を調べて食べるものに気をつけておくことが大切です。

交差反応が起こりやすい食べ物は酸と熱に弱いので、加熱したりお酢などの酸で調理することである程度緩和できます。

ただし、花粉の種類によっては、アナフィラキシーを発症した事例報告もあるそうなので花粉症の人は一度原因植物と食べ物の関係を医療機関で調べておくことをおすすめします。

そして、薬膳の視点から花粉症を緩和するためには腎を立て直し肺を強めて体のバリア機能をアップさせ、腎や肺に栄養を効率的に巡らせるため消化器系の脾を弱らせないことが重要です。

症状が収まったら、この三つを重点的に補強して来年の花粉症時期に備えましょう。

 

 

【関連記事】

冷たい飲み物を飲むな!と言われる理由

 

冷たい飲み物は飲むな!の冷たいって何℃なのか?

 

 

体質的に食べない方が良いものを、たまに食べてもなかったことにできる薬膳の知恵が学べる無料メール講座配信中

 

葛根湯は効かない?

ブログ レシピ 食材

2021/10/23

葛根湯はいつ飲むかを知っておすすめの食べ物でもケアしよう

    よく、葛根湯は効かないと言われていますがそれは飲むタイミングを間違えているからです。 2021年の関西では木枯らし一号が観測史上最も早く10月23日に吹きました。 そこまで寒くなるとは思わずに薄着で外出してしまったり、日中は温かかったのに夕方頃から寒くなって体が冷えてしまうことがありますね。 肩甲骨の間がゾクゾクして、「風邪ひいたかも?」という時です。 そんな時に直ぐに飲むと良いのが葛根湯です。 急に寒くなって来たので、風邪をひいてしまった人もいるのではないでしょうか? もし、 ...

ReadMore

体の時間割講座募集

お知らせ 募集中講座

2021/10/23

11月単発薬膳講座『みんなの体の時間割』満席で開講します

いつもありがとうございます。 かねてよりメルマガ『モーリーの簡単エイジングケア薬膳』でお知らせしておりました新規単発講座『みんなの体の時間割』を昨日メルマガ読者様優先で募集開始いたしました。 お陰様でお申込み開始40分で満席のお申込みをいただきました。 関心を持っていただきありがとうございます。 キャンセル待ちをしてくださる方もいらしたので、増席しましたがその枠も直ぐにお申込みいただきました。 それだけ期待が大きいということを感じ、改めて身が引き締まる思いです。 詳しい講座の内容はこちらをご覧ください。 ...

ReadMore

カラダのマニュアル開講

お知らせ 活動報告

2021/10/11

【受講者のご感想】薬膳講座「カラダのマニュアル作り」オンラインで開催しました

いつもありがとうございます。 2021年10月8日(金)(大安でした)にオンライン(zoom)にて久しぶりに単発講座「カラダのマニュアル作り」を開催しました。 北海道、東京、千葉、大阪からご参加の4名様です。 質問していただきやすいように少人数での開催です。     主な講座の内容 この講座では、薬膳の基になる中医学の観察ポイントから、体の構成要素「気血津液」の状態をご自身でチェックしていただきます。 それにより、ご自身に足りていないものや巡っていないものを知り、おすすめ食材に結び付け ...

ReadMore

秋の乾燥

ブログ 中医学 潤い 食材

2021/10/10

乾燥には食べ物でもケア?乾燥対策におすすめの秋から冬の味覚

    秋になり乾燥が始まると、夏とは違う変化が体に表れていませんか? 喉やお肌のカサカサ、イガイガなどは夏にはあまりなかったことですが秋になって空気が乾燥してくると始まるのではないでしょうか? 薬膳の基になる中医学の考え方によると、乾燥に弱い五臓の「肺」という仕組みがあります。 中医学では「肺」は呼吸器関係そのものだけでなく、体のバリア機能や水巡りともかかわると言われています。 また、体の機能を保ったり巡りを担当する体の構成要素の一つ「気血津液」の「気」を作る働きも担っています。 「 ...

ReadMore

仕組み作りセミナー

お知らせ 募集中講座 活動報告

2021/10/9

「薬膳講師の仕事を軌道に乗せるブログやSNSの仕組み作り基本セミナー」開催しました

      いつもありがとうございます。 10月7日(木)にオンライン(zoom)にて『薬膳講師の仕事を軌道に乗せるためブログやSNSの仕組み作り基礎セミナー』を開催いたしました。 現役薬膳講師の方だけでなく、食に関するお仕事の方、数秘講師の方の3名様がご参加くださり、お一人は録画受講でしたのでセミナー終了後に録画をお送りしました。     セミナー受講者のご感想 「もっと早く知っておけばよかった。」 「自己流には限界がある。変わらない理由が分かった。」 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

森澤孝美

「なかったことにする薬膳」と「簡単エイジングケア薬膳」でアラフィフをサポートする簡単エイジングケア薬膳講師。お惣菜でも外食でも選び方の理論が分れば薬膳になる。レシピが無くてもコツを掴んで実践できるとご好評。個人セッションも受付中。 薬膳食療法専門指導士。中医学と薬膳を学んだ後、多忙で食事が手作りできない人でも取り入れられる簡単エイジングケア薬膳講座を展開。日本全国より受講される。

-アレルギー, ブログ, 中医学, 五臓, 食材
-, ,

© 2021 エイジングケア簡単薬膳講師 森澤孝美 なかったことにする薬膳