ブログ レシピ 食材

野菜が高い!コスパ良く必要な栄養も摂れるこの時期の簡単料理の作り方

2020年8月28日

本格的な夏が始まる前の日照不足と、真夏の酷暑で全国的に野菜の生育状況が良くありません。

生産者さんが相当ご苦労されていることだと思います。

でも、一般消費者にとってはいくらその時期にはコレを食べると良いと勧められてもあまりに高いと買うのに躊躇してしまいますよね。

例えばきゅうり。例年なら旬の時期には高くても3本で150円くらいでしょうか?それが先日は2本で198円。1本100円です。

100円と考えればもちろん買えないものではありませんが、もし隣に1個198円のキャベツがあれば普通キャベツを選びませんか?

きゅうりは2本を四人家族で食べたら1回で終わってしまうけれど、キャベツなら何度も使えますよね。

ただ、きゅうりとキャベツは同じ野菜でも性質や効能が違うのです。

きゅうりのカラダにこもった熱を冷ます性質はキャベツにはありません。素早くカラダを潤して不要な水分を出すという特性もありません。

きゅうりの持つ性質や特性が必要な時、高くても仕方なくきゅうりを買わなければならないのでしょうか?

 

 

野菜が高い時は似た性質で値段の安い野菜を選ぶ

きゅうりはウリ科なので、まずウリ科の野菜を見てみます。この時期、ウリ科のゴーヤも冬瓜もお値段は高め。

では、最初にきゅうりの持つカラダにこもった熱を冷ます性質に注目して探してみると、安定してリーズナブルなのはもやしではないでしょうか?

もやしは大豆もやしと緑豆もやしがあるのを知っていますか?

きゅうりと同じカラダの熱を冷ますのは緑豆もやしなので緑豆もやしを選びます。1袋買っても50円しないでしょう。

もやしは「もやしっ子」などと言われるようにひ弱で栄養の無いもののように思われがちですが、大豆にしても緑豆にしても豆の発芽したものです。

薬膳では一物全体と言って、一つの食材のすべての効能をいただくという考え方があるので、もやしも根を取らずにすべていただきます。

特に、緑豆もやしには大豆もやしにはないモリブデンという鉄分吸収促進成分が豊富と言われるのです。コレ、女性には大切!!

 

 

野菜の特性が全く同じではない!そんな時は食材を組み合わせれば解決

緑豆もやしはきゅうりと同じくカラダにこもった熱を冷ます性質を持ちますが、きゅうりにはあるのに緑豆もやしにはない特性はカラダを潤すということ。

この特性を持つ食材の中からもやしと合いそうなものをいくつかピックアップしてみます。

例えばトマト、レンコン、梅、オリーブ、ほとんどのウリ科の野菜などです。

緑豆もやしと合わせるなら・・・茹でた緑豆もやしとシャキシャキの歯ごたえを残したレンコンのサラダ、緑豆もやしの梅干し和えなど

いくつか考え付きませんか?

全く同じ特性の食材が無くたって食材同士を組み合わせれば解決できます。そうすれば、もしお目当ての野菜が高騰していても他の野菜を使ってカラダに合わせた薬膳はできるという訳です。

薬膳を知らない方、薬膳を始めたばかりの方は〇〇にはコレ!と一つの食材を当てはめて覚えていると思います。

覚える時は、最低3個の似た性質や特性を持つ食材を同時に覚えておくと、一つがダメなら別の二つのどちらかを使えばよいと考えられます。

 

 

野菜が高い時、コスパ良く栄養も摂れる料理のまとめ

野菜が高くても、全てが一律高い訳ではないはずです。

安定して供給できるものは、野菜が高騰しても値段はそうそう変わりません。その野菜をチェックして性質や効能を知っておくことが大切です。

そして、その食材にはない効能が必要なら他の食材の効能を合わせる!意外と身近な簡単なことで今、高くなっている野菜の効能は満たせるのです。

自然が相手なので野菜や魚などの生産量は、工場で作られるもののように安定供給ができません。だからこそ私たちの工夫が大切ですね。

 

 

 

【関連記事】

一物全体という考え方~皮には皮の実には実の

 

体質的に食べない方が良いものを、たまに食べてもなかったことにできる薬膳の知恵が学べる無料メール講座配信中

 

葛根湯は効かない?

ブログ レシピ 食材

2021/10/23

葛根湯はいつ飲むかを知っておすすめの食べ物でもケアしよう

    よく、葛根湯は効かないと言われていますがそれは飲むタイミングを間違えているからです。 2021年の関西では木枯らし一号が観測史上最も早く10月23日に吹きました。 そこまで寒くなるとは思わずに薄着で外出してしまったり、日中は温かかったのに夕方頃から寒くなって体が冷えてしまうことがありますね。 肩甲骨の間がゾクゾクして、「風邪ひいたかも?」という時です。 そんな時に直ぐに飲むと良いのが葛根湯です。 急に寒くなって来たので、風邪をひいてしまった人もいるのではないでしょうか? もし、 ...

ReadMore

体の時間割講座募集

お知らせ 募集中講座

2021/10/23

11月単発薬膳講座『みんなの体の時間割』満席で開講します

いつもありがとうございます。 かねてよりメルマガ『モーリーの簡単エイジングケア薬膳』でお知らせしておりました新規単発講座『みんなの体の時間割』を昨日メルマガ読者様優先で募集開始いたしました。 お陰様でお申込み開始40分で満席のお申込みをいただきました。 関心を持っていただきありがとうございます。 キャンセル待ちをしてくださる方もいらしたので、増席しましたがその枠も直ぐにお申込みいただきました。 それだけ期待が大きいということを感じ、改めて身が引き締まる思いです。 詳しい講座の内容はこちらをご覧ください。 ...

ReadMore

カラダのマニュアル開講

お知らせ 活動報告

2021/10/11

【受講者のご感想】薬膳講座「カラダのマニュアル作り」オンラインで開催しました

いつもありがとうございます。 2021年10月8日(金)(大安でした)にオンライン(zoom)にて久しぶりに単発講座「カラダのマニュアル作り」を開催しました。 北海道、東京、千葉、大阪からご参加の4名様です。 質問していただきやすいように少人数での開催です。     主な講座の内容 この講座では、薬膳の基になる中医学の観察ポイントから、体の構成要素「気血津液」の状態をご自身でチェックしていただきます。 それにより、ご自身に足りていないものや巡っていないものを知り、おすすめ食材に結び付け ...

ReadMore

秋の乾燥

ブログ 中医学 潤い 食材

2021/10/10

乾燥には食べ物でもケア?乾燥対策におすすめの秋から冬の味覚

    秋になり乾燥が始まると、夏とは違う変化が体に表れていませんか? 喉やお肌のカサカサ、イガイガなどは夏にはあまりなかったことですが秋になって空気が乾燥してくると始まるのではないでしょうか? 薬膳の基になる中医学の考え方によると、乾燥に弱い五臓の「肺」という仕組みがあります。 中医学では「肺」は呼吸器関係そのものだけでなく、体のバリア機能や水巡りともかかわると言われています。 また、体の機能を保ったり巡りを担当する体の構成要素の一つ「気血津液」の「気」を作る働きも担っています。 「 ...

ReadMore

仕組み作りセミナー

お知らせ 募集中講座 活動報告

2021/10/9

「薬膳講師の仕事を軌道に乗せるブログやSNSの仕組み作り基本セミナー」開催しました

      いつもありがとうございます。 10月7日(木)にオンライン(zoom)にて『薬膳講師の仕事を軌道に乗せるためブログやSNSの仕組み作り基礎セミナー』を開催いたしました。 現役薬膳講師の方だけでなく、食に関するお仕事の方、数秘講師の方の3名様がご参加くださり、お一人は録画受講でしたのでセミナー終了後に録画をお送りしました。     セミナー受講者のご感想 「もっと早く知っておけばよかった。」 「自己流には限界がある。変わらない理由が分かった。」 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

森澤孝美

「なかったことにする薬膳」と「簡単エイジングケア薬膳」でアラフィフをサポートする簡単エイジングケア薬膳講師。お惣菜でも外食でも選び方の理論が分れば薬膳になる。レシピが無くてもコツを掴んで実践できるとご好評。個人セッションも受付中。 薬膳食療法専門指導士。中医学と薬膳を学んだ後、多忙で食事が手作りできない人でも取り入れられる簡単エイジングケア薬膳講座を展開。日本全国より受講される。

-ブログ, レシピ, 食材
-, , , , ,

© 2021 エイジングケア簡単薬膳講師 森澤孝美 なかったことにする薬膳