お知らせ 受講後の感想 活動報告

【活動報告】怪しくない!面白い!東洋医学を実践するための気の話を開講しました

2024年4月24日(水)に二回目となる『怪しくない!面白い!東洋医学を実践するための気の話』を開講しました。

 

 

薬膳の基になる中医学では体の構成要素を「気・血・津液」の3つだと言います。

 

その中の「気」は元気、やる気、勇気など普段使っている言葉でも何となくは感じるもののハッキリとわかりにくいと誰もが思うものです。

 

そこで「気」にフォーカスして「気」とは一体どんなものなのか?をお伝えする講座となりました。

 

中国では日本の縄文時代以前から「気」を表す文字があり、ほぼ現在中医学で言われている「気」の概念があります。

 

時代と共にその文字は変化して「气」になり「氣」になって行ったことがうかがえます。

 

米と言う文字が使われている所も注目ポイント。

 

米を炊く時に出てくる水蒸気とそれが広がり雲になり米を生育させる雨を降らせるものになる。

 

その米を食べることでエネルギーを得ることができます。

 

また、水蒸気は空気中に広がりそれを呼吸で吸うこともエネルギーを得ることになる。

 

この二つは中医学で言われている「気」を作る二つの大元です。

 

中国の「気」の考え方は日本の古典文学で使われる「気」の概念とは少し違います。

 

日本ではエネルギーというより、雰囲気や佇まりなどを表すことが多いのです。

 

そして、何かわからない不気味なもの「もののけ」を「物の気」と書いたりします。

 

ここから私達日本人が「気」を何かスピリチュアル的なものと感じる理由があるのかもしれません。

 

中国で「気」を目に見えるものとして数値化した事例から鍼灸や気功などはこの考え方を使っているという例をご紹介しました。

 

気を理解して東洋医学を使いこなすための「気」の講座でしたが、人は誰でも「気」を持っていてそれをうまく活用すれば心身ともに健康的な暮らしができます。

 

自分以外の第三者にも影響を与えるものだということが結論となりました。

 

ここに受講された方からのご感想をご紹介します。

 

池上正次さん (飲食業・鹿児島県在住)

今回「怪しくない!面白い!東洋医学を実践するための気の話」を受講しようと思ったのは、天気や陽気、元気など気を使った言葉があるように気はとても身近なものとして感じているが、、一方で何か分からないというか掴みどころがないというか、そのように感じている気について少しでも理解できたらと思ったからです。

 内容としては気の起源・歴史的な話から始まり、中国と日本の気の考え方捉え方の違い、東洋医学・中医学の気の考え方、最後はどう気を作り、巡らせるのかといった養生の話まで盛りだくさんの内容でした。

 特に個人的には中国と日本の気の考え方捉え方の違いは興味深かったです。中国はどちらかと言えば物質的なもの、日本はどちらかといえば精神的なもののように感じました。どちらが正しいとかじゃなくて、両方の考え方を知っておくと立体的というか奥行きのある理解ができるのかなと感じました(人に説明するのはなかなか難しいとは思いますが笑)

 また「薬膳の基礎講座」で習ったことの復習や、中医学の気の種類・分類も勉強になりました。

 最後の養生のところは睡眠・食事・適度な運動とよくあたりまえに言わることを詳しく教えて頂きました。モーリー先生のメルマガを読んでいるのでこの3つの大事さは分っているつもりですが、ふと気づくと忘れていたり見落としていたりすることがあるのでこの機会にもう一度意識したいところです(それでも自分の欲に負けて忘れてしまいそうです!!)

 ちなみに私は以前気功の教室に通って、導引術を習い、今でも毎朝やっていますが、たまにさぼった日は何となく体の動きが重いというか鈍いというかそんな風に感じます。その時に「気が巡っている、巡っていない」とはこういう感覚なんだと認識します。

 今までよりは少しは理解が深まったと思う「氣」についてですが、「氣」に関する本もたくさん出ているということだったので、それだけ奥深いものだということが分かりました。個人的には目に見えないものだけに日頃から少しでも意識する必要があるということを再確認しました。

 

この講座は、過去に開催した講座の中で再開講のご希望の多かったものです。

 

これからもリクエストをいただいた講座に関しては随時開講させていただきます。

ご要望はこちらからお寄せ下さい。

 

ご受講くださった皆さま、ありがとうございました。

 

 

体質的に食べない方が良いものを、たまに食べてもなかったことにできる薬膳の知恵が学べる無料メール講座配信中

 

お知らせ 活動報告

2024/5/16

【活動報告】体面でランチ付きみそ玉作りワークショップ開催

  2024年5月8日(水)に京都の二条城近くにあるレンタルスペースFRIEDENさんをお借りして、ランチ付きの『エイジングケアの美素玉作りワークショップ』を開講しました。 60分のレクチャーと45分のみそ玉作りです。 ワークショップ終了後は、オーガニックの材料を使ったランチを楽しんでいただきました。     レシピと作り方ならネットで調べたらすぐ出て来ます。 誰でもみそ玉ができますが、私がお伝えするみそ玉は、使う素材の性質や効能を薬膳で考えた「エイジングケアの美素玉」です。 ...

ReadMore

お知らせ プロ向け 活動報告

2024/4/30

【活動報告】第3期薬膳ヘルスビューティケアアドバイザー講座(アドバンス)全12回終了

偶然にも横浜で活動されるお二人が受講された『薬膳ヘルスビューティーケアアドバイザー認定講座(アドバンス全12回)』が終了しました。     『薬膳ヘルスビューティケアアドバイザー認定講座』はベーシック全7回とアドバンス全12回(事例検討会12回を含む)より構成されていて、それぞれのコースが終了された後、認定テストに合格されると、『薬膳ヘルスビューティケアアドバイザー』と『薬膳ヘルスビューティケアアマスターアドバイザー』に認定させていただきます。   この講座を受講されるのは、 ...

ReadMore

お知らせ 活動報告

2024/4/28

特別勉強会 3回目の「日本の食と日本人の健康を考えてみよう会」開講しました

2024年2月から月に一度のペースで外部講師をお招きして行っている『日本の食と日本人の健康を考えてみよう会』も4月22日(月)に3回目を迎えました。     3回目は農薬とは?から、遺伝子組み換えのメリットとリスク、ゲノム編集のメリットとデメリット、食品添加物と広範囲に渡りました。 農薬についてだけでもこれだけあります。  ・農薬の分類 ・農薬の使用目的 ・農薬の剤型 ・日本での農薬の現状と世界との比較 ・WHOで発がん性と示した農薬   体を作る食材の事を知らなければ選ぶ基 ...

ReadMore

お知らせ 中医学 活動報告 薬膳

2024/4/28

【活動報告】対面にて最短で基礎が学べる「きちんとわかる薬膳の基礎(全五回)」を開講しました

  2024年4月20日、21日の2日間で『きちんとわかる薬膳の基礎(全五回)』を対面にて開講しました。 4名の方が受講され、二日間で薬膳を始めるための中医学の基礎から食材の選び方、食材事典の読み方を学ばれました。 過去に、独学で学ばれたことがある方や単発で何度か他の方から学ばれたことがある方もいらっしゃいました。 日本人になじみがあるのは明治以降にオランダやドイツから入って来た西洋医学の考え方で、東洋医学の陰陽のバランスの取り方などの概念はあまり浸透していません。 そのため、これを本で学んだり ...

ReadMore

お知らせ 受講後の感想 活動報告

2024/4/22

【活動報告】怪しくない!面白い!東洋医学を実践するための気の話を開講しました

2024年4月24日(水)に二回目となる『怪しくない!面白い!東洋医学を実践するための気の話』を開講しました。     薬膳の基になる中医学では体の構成要素を「気・血・津液」の3つだと言います。   その中の「気」は元気、やる気、勇気など普段使っている言葉でも何となくは感じるもののハッキリとわかりにくいと誰もが思うものです。   そこで「気」にフォーカスして「気」とは一体どんなものなのか?をお伝えする講座となりました。   中国では日本の縄文時代以前から「 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

森澤孝美

「なかったことにする薬膳」と「簡単エイジングケア薬膳」でアラフィフをサポートする簡単エイジングケア薬膳講師。お惣菜でも外食でも選び方の理論が分れば薬膳になる。レシピが無くてもコツを掴んで実践できるとご好評。個人セッションも受付中。 薬膳食療法専門指導士。中医学と薬膳を学んだ後、多忙で食事が手作りできない人でも取り入れられる簡単エイジングケア薬膳講座を展開。日本全国より受講される。

-お知らせ, 受講後の感想, 活動報告
-,

© 2024 モーリー薬膳ラボ 簡単エイジングケア薬膳講師 森澤孝美 なかったことにする薬膳