ブログ 中医学

よもぎ蒸しが合わない人の特徴と注意点

2022年3月19日

 

よもぎ蒸しが合わない人

女性は冷やさない方が良いと言われ、よもぎ蒸しに興味を持たれる方もいらっしゃると思います。

ですが、よもぎ蒸しが合わない人、また合わないわけではないですが注意が必要な時もあります。

よもぎ蒸しが合わない人の特徴と注意点を知って、よもぎ蒸しをしてよかったと思えるようにこの記事を参考にしてください。

まず、よもぎに対してアレルギーのある場合は避けた方が良いです。

よもぎはキク科なので、キク科の植物に対するアレルギーのある場合も避けておいた方が無難ですね。

 

何らかの疾患があり、医療機関を受診中の場合は、医師と相談の上よもぎ蒸しをすることもおすすめします。

以上に加えて、ここでは、中医学と薬膳の視点からよもぎ蒸しが合わない人を4タイプに分けました。

 

よもぎの特性

よもぎは、餅や団子などに練り込まれ日本人には食べ物に使うことで馴染み深いものですが、漢方の本場、中国では艾葉(日本での読み方は「がいよう」)と言われ薬として使われるものでもあります。

よもぎの葉を煎じて飲んだり食べることで冷え性の人や冷えから来る痛みなどによいとされ昔から女性の不調に使われて来ました。

 

よもぎの葉

よもぎの葉は裏が白いのが特徴

 

 

よもぎ蒸しは、温める性質を持つよもぎを乾燥させ、それを煎じた蒸気を下半身の粘膜から吸収させるというものが一般的です。

よもぎの温める性質と効果を、食べるのではなく粘膜から吸収するのがよもぎ蒸しになります。

温める性質を温めて吸収させるので合わない人もいるのです。

 

よもぎ蒸しが合わない人を4タイプに分ける

よもぎ蒸しが合わない人を大きく分けると次の4タイプになります。

1. 潤い不足の人

2. 貧血気味の人

3. 疲労している人

4. 炎症・発熱などの熱の症状のある人

 

潤い不足の人とは、アラフィフ世代以降に多い陰虚のタイプとなります。

疲労している人とは、病み上がりや、運動の後、気温が高く汗をかいた後などです。

貧血気味の人とは、睡眠不足が続いていたり爪が割れやすい、髪がパサつく、よく足がつるなどの人になります。

炎症がある人とは、皮膚が赤くなっていたり喉が痛いなど熱をこもらせていたり、発熱している人です。

 

潤い不足の人

アラフィフ世代の多くは潤い不足の陰虚と言われる状態になります。

陰虚になると、顔の火照り感や顔や頭が暑くて周りは汗をかいていないにも関わらず、自分一人だけ汗が流れて止まらないと言う状態になることがあります。

中医学では、陰虚は陰と陽のバランスが崩れ、陰が減少したために相対的に熱の性質である陽が強まってしまった状態。

他にも、手や足が熱くて布団から出さないと眠れないとか、日中は元気なのに夕方頃からなんとなくだるくて熱っぽく感じることもあります。

 

足は冷えるのに顔や頭だけが暑くなる

 

体の中で熱を冷ます水が少ないために冷やすことができないのです。

陰虚の人がよもぎ蒸しで体を強く温めて大量の汗をかくと、更に潤い不足の状態に!

眠れなくなることもあるので、陰虚の人は短時間にするか、じんわり温める程度に止めておくようにしましょう。

よもぎ蒸しの前や途中に水分補給も忘れずに。

 

貧血気味の人

貧血と言っても数値で貧血と出ていない人も含みます。

中医学では数値に出ていない人でも、髪がパサつく、爪が薄くてすぐ折れたり二枚爪になりやすいなどの爪トラブル、髪の毛がパサついたり枝毛や切れ毛などの髪の毛のトラブル、脚がつりやすいなどは血虚の症状になります。

 

髪の毛を触る女性

 

血(けつ)は体の構成要素の「気・血・津液」の一つ。

液体なので、血(けつ)が少ない血虚でも潤い不足になります。

血虚の人がよもぎ蒸しで強く温められると、血液がドロドロになり頭痛がしたり血圧が上がったりすることがあります。

なので、血虚の人はよもぎ蒸しはおすすめしませんし、普段はよもぎ蒸しを受けている人も睡眠不足が続いて血が作られにくい時は止めておいた方が無難です。

血虚の人はまず、毎日23:00前に寝るように心がけ、赤みの肉やレバー、なつめなどの赤い色の食べ物を食べて血(けつ)を補うようにしてください。

血虚はそのままにしていると陰虚に移行して行きやすいので、常に気をつけたいものです。

 

疲労している人

中医学では疲れている状態を気虚と言います。

気は目には見えませんが、元気・気合・覇気など体のパワーを表す言葉にも使いますよね。

気は体のバリアを張ったり、体温維持、各臓器をスムーズに機能させるなどの働きがあります。

食事で食べた物や呼吸によって得ることができますが、消化器系が弱い人は気を十分に作りにくいのです。

そのため、少し動くと疲れてしまったり食後に眠くなったりします。

中医学では、気は汗と一緒に出て行ってしまうと考えます。なので、よもぎ蒸しに限らず大量に汗をかきすぎないようにします。

風邪をひきやすい人、お腹のが弱い人、病み上がりは気虚の状態ですし、運動で汗をかいた後や夏の日中に汗を大量にかいた後などはすでに気が減っている状態なのでよもぎ蒸しはおすすめではありません。

 

炎症・発熱など熱の症状のある人

皮膚が赤く熱を持っていたり、喉が痛いなどの炎症がある時は体に熱がこもっている時です。

 

喉が痛い女性

 

発熱している時にエステティックサロンには行かないと思いますが、自宅によもぎ蒸しがあったら早く汗をかいて熱を下げたいと思うかもしれません。

体に熱がある時によもぎの温める性質に加え、蒸気で熱を加えると痒みや赤み、炎症が増すことが考えられます。

発熱したばかりだと汗は出ずにさらに熱が上昇してしまいます。

皮膚や喉の痛みなど体のどこかに炎症がある時はよもぎ蒸しは控えた方が良いですね。

 

よもぎ蒸しが合わない人もいるという知識のあるサロンで受ける

このように、4つのタイプに当てはまる場合、合わない人や普段は問題なくても控えた方が良いタイミングがあります。

自分で判断することが大切ですが、よもぎ蒸しの良いところだけに着目するのではなく知識があって信頼のおけるサロンで受けることが重要だと考えます。

受ける時には、汗をかきすぎない温度で時間を調整してもらえたり事前にしっかり今日の体調やもともとの体質などをカウンセリングして、時にはよもぎ蒸しを控えることを提案してもらえるサロンが安心ですね。

よもぎ蒸しやサウナなどで汗をかく場合には適度に水分補給も忘れないようにしましょう。

 

【関連記事】

1日3リットルの水を飲んではいけない人
毎日水3リットル飲むダイエットや健康法をやってはいけない7タイプの人

タレントや芸能人が推奨している1日に水を3リットル以上飲むダイエットや健康法は誰にでも合うわけではありません。   彼らは、健康面と運動面でパーソナルトレーナーの指導を受け、その中に3リット ...

続きを見る

 

薬膳と漢方の違い 東洋医学の関係
薬膳と漢方の違いと関係

薬膳という言葉が広まる前から、漢方や漢方薬という言葉は聴いた事があると思います。 薬膳と漢方の違いや関係についてお伝えします。   目次1 発祥は中医学(中国伝統医学)です2 中医学と漢方の ...

続きを見る

 

 

 

体質的に食べない方が良いものを、たまに食べてもなかったことにできる薬膳の知恵が学べる無料メール講座配信中

 

お知らせ 活動報告

2024/5/16

【活動報告】体面でランチ付きみそ玉作りワークショップ開催

  2024年5月8日(水)に京都の二条城近くにあるレンタルスペースFRIEDENさんをお借りして、ランチ付きの『エイジングケアの美素玉作りワークショップ』を開講しました。 60分のレクチャーと45分のみそ玉作りです。 ワークショップ終了後は、オーガニックの材料を使ったランチを楽しんでいただきました。     レシピと作り方ならネットで調べたらすぐ出て来ます。 誰でもみそ玉ができますが、私がお伝えするみそ玉は、使う素材の性質や効能を薬膳で考えた「エイジングケアの美素玉」です。 ...

ReadMore

お知らせ プロ向け 活動報告

2024/4/30

【活動報告】第3期薬膳ヘルスビューティケアアドバイザー講座(アドバンス)全12回終了

偶然にも横浜で活動されるお二人が受講された『薬膳ヘルスビューティーケアアドバイザー認定講座(アドバンス全12回)』が終了しました。     『薬膳ヘルスビューティケアアドバイザー認定講座』はベーシック全7回とアドバンス全12回(事例検討会12回を含む)より構成されていて、それぞれのコースが終了された後、認定テストに合格されると、『薬膳ヘルスビューティケアアドバイザー』と『薬膳ヘルスビューティケアアマスターアドバイザー』に認定させていただきます。   この講座を受講されるのは、 ...

ReadMore

お知らせ 活動報告

2024/4/28

特別勉強会 3回目の「日本の食と日本人の健康を考えてみよう会」開講しました

2024年2月から月に一度のペースで外部講師をお招きして行っている『日本の食と日本人の健康を考えてみよう会』も4月22日(月)に3回目を迎えました。     3回目は農薬とは?から、遺伝子組み換えのメリットとリスク、ゲノム編集のメリットとデメリット、食品添加物と広範囲に渡りました。 農薬についてだけでもこれだけあります。  ・農薬の分類 ・農薬の使用目的 ・農薬の剤型 ・日本での農薬の現状と世界との比較 ・WHOで発がん性と示した農薬   体を作る食材の事を知らなければ選ぶ基 ...

ReadMore

お知らせ 中医学 活動報告 薬膳

2024/4/28

【活動報告】対面にて最短で基礎が学べる「きちんとわかる薬膳の基礎(全五回)」を開講しました

  2024年4月20日、21日の2日間で『きちんとわかる薬膳の基礎(全五回)』を対面にて開講しました。 4名の方が受講され、二日間で薬膳を始めるための中医学の基礎から食材の選び方、食材事典の読み方を学ばれました。 過去に、独学で学ばれたことがある方や単発で何度か他の方から学ばれたことがある方もいらっしゃいました。 日本人になじみがあるのは明治以降にオランダやドイツから入って来た西洋医学の考え方で、東洋医学の陰陽のバランスの取り方などの概念はあまり浸透していません。 そのため、これを本で学んだり ...

ReadMore

お知らせ 受講後の感想 活動報告

2024/4/22

【活動報告】怪しくない!面白い!東洋医学を実践するための気の話を開講しました

2024年4月24日(水)に二回目となる『怪しくない!面白い!東洋医学を実践するための気の話』を開講しました。     薬膳の基になる中医学では体の構成要素を「気・血・津液」の3つだと言います。   その中の「気」は元気、やる気、勇気など普段使っている言葉でも何となくは感じるもののハッキリとわかりにくいと誰もが思うものです。   そこで「気」にフォーカスして「気」とは一体どんなものなのか?をお伝えする講座となりました。   中国では日本の縄文時代以前から「 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

森澤孝美

「なかったことにする薬膳」と「簡単エイジングケア薬膳」でアラフィフをサポートする簡単エイジングケア薬膳講師。お惣菜でも外食でも選び方の理論が分れば薬膳になる。レシピが無くてもコツを掴んで実践できるとご好評。個人セッションも受付中。 薬膳食療法専門指導士。中医学と薬膳を学んだ後、多忙で食事が手作りできない人でも取り入れられる簡単エイジングケア薬膳講座を展開。日本全国より受講される。

-ブログ, 中医学
-, , ,

© 2024 モーリー薬膳ラボ 簡単エイジングケア薬膳講師 森澤孝美 なかったことにする薬膳