お知らせ

モーリー薬膳ラボのロゴが完成しました

この度、屋号「モーリー薬膳ラボ」のロゴが完成しました。

 

モーリー薬膳ラボのロゴ

 

今ご覧いただいいているホームページにはこのロゴが入っています。

トップページに入っているのは横長のこちらになります。

 

モーリー薬膳ラボのロゴ

 

モーリー薬膳ラボのロゴが表すもの

ロゴは事業者を表すものであったり、事業の象徴となるものです。

モーリー薬膳ラボでは、薬膳を通して目指す3つをロゴで表しました。

1.薬膳が目指す健康は中庸(ニュートラル)

 

中医学では体調を崩すことは、体のバランスが崩れるからと考えます。
崩れを分かっていただくために、講座では、やじろべえやシーソーなどを例に挙げ、左右に両腕を広げ傾いた状態をお見せしています。

やじろべえのポーズをする講師の森澤孝美

対面講座を中心に活動していた頃から子のポーズで説明していました。

健康な状態はシーソーややじろべえの傾きが無く、水平な状態です。
不調がある時は、何かが足りないか多すぎてバランスが崩れているのです。

足りないものを補えば左右は釣り合い水平に。
多すぎるものを体から出すことで左右は水平になり健康に戻れると言う考え方です。

これを食事で実行するのが薬膳なのです。

ロゴでそれを表しました。
私のお伝えしている『なかったことにする薬膳』の考え方も、この中医学の考え方をベースにしたものです。

本来、体質や天候などの影響を考えて、なるべくなら避けた方が良いものを食べた時は、元に戻す食べ物や飲み物を摂ることで影響をプラスマイナスゼロにする。

その結果、多少ゆらゆらはするけれど傾きは大きく変わらず。つまり、体調を大きく崩さず過ごせるということです。

アラフィフ世代は、それまで好きで食べ続けて来たものや、食事・生活習慣とホルモンバランスの崩れが重なり、様々な不調の出る年代になります。

慢性化する前の小さな不調のうちに気づき天秤の平行を保つことを心がけたら大病せずに済むかもしれません。

自分で気づける人を増やしたい。そんな思いからバランスを取っている天秤を使い中庸(ニュートラル)を表しています。

 

2.食事で早めに傾きを元に戻す

私達は、生きている間にいろいろなものを食べ、時々良くない生活をし、ストレスを溜めたりしながら生活しています。

体の中にある物を表すために、物を乗せることができる天秤を使い、天秤の左側に多すぎるものや足りないもの(気血津液のどれか)があるとしたら、それを食でカバーする。

日本人の多くが体質的に弱い消化器系の不調を緩和させてフラットな状態に保つ手軽な食べ物。それは枝豆や黒豆、そら豆やインゲン豆などの豆類です。

そんな豆は、日本人と切っても切れない発酵調味料の味噌や醤油の原料にもなっています。
もちろん、実際のなかったことにする薬膳では、その人の体調に合わせて選ぶ食材が大豆だけということではありません。

シンボルになる食材を豆にして、食事で傾いた天秤を平行にするのが薬膳だと表現しました。

 

3.薬膳ではバランスを取る軸の一つが陰と陽

バランスを取るためには軸が必要です。

薬膳の元になる中医学では、五臓の関係性、虚実、寒熱他の軸があります。

その中でも陰陽は基盤となる軸であり体の全体像を見る時に重要なものとなります。

天秤の真ん中で顔のように見えるのが陰陽を象徴する図です。
アラフィフの体調の崩れも陰陽バランスの崩れから来ることが多いのです。

この図を見ると東洋医学の一つである中医学を使った考え方だと分かっていただけるのではないかと考えました。

この三つを込めてシンボルのように出来上がったのがこのロゴなのです。

 

モーリー薬膳ラボのロゴ

 

 

1.薬膳が目指す健康は中庸(ニュートラル)

2.食事で早めにバランスを元に戻す

3.バランスの軸は中医学の考えを使う

 

この三つを表すロゴです。

これから、モーリー薬膳ラボと言えばこの天秤のロゴと思い出していただけたら幸いです。

今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

モーリー薬膳ラボ代表 森澤孝美

体質的に食べない方が良いものを、たまに食べてもなかったことにできる薬膳の知恵が学べる無料メール講座配信中

 

パートの昼休み時間が短い

ブログ 時事

2022/9/14

パートの昼休み時間が短い人におすすめの昼食

    昼休み時間が短いパートでも、工夫次第で栄養が摂れます。 家に帰っても食欲がなく何も食べなかったり、逆にお菓子の一気食いを招いてそれが積み重なることの不調は簡単に飲食できるもので。 主食・主菜・副菜のルールを基本に考えるおすすめ補助食のご紹介です。   正社員であれば昼休みの休憩時間は1時間が一般的です。 ですが、小学生のお子さんが学校から帰る時には家にいてあげたいと言う理由から、パートを選ぶ女性も少なくありません。 パート主婦の目的の多くが子供の塾代。 子育てで一番お ...

ReadMore

秋の薬膳講座開講しました

お知らせ 活動報告

2022/8/27

「秋の薬膳講座」を開講しました~季節の薬膳講座(全五回)」より

    8月26日(金)にオンライン(zoom)にて「季節の薬膳(全五回)」の「秋の薬膳講座」を開講しました。 この講座はどの季節からでも受講いただけるため、定員の設定はありません。 期を決めていないので、基礎講座の「きちんとわかる薬膳の基礎(全五回)」を受講されているか、中医学の基礎が分かっている方に、どの季節からでも受講いただけるようにしています。   季節の薬膳の実践は先取りで始める どの季節にも言えることですが、季節ごとに暑さや寒さ、湿気や乾燥などの特徴があります。 ...

ReadMore

モーリー薬膳ラボ 新規講座開催報告

お知らせ 講座開催

2022/8/26

「女性にありがちな不調ケーススタディ薬膳(全12回)始まりました

    7月31日より、「女性にありがちな不調ケース薬膳(全12回)が始まりました。 一回目は、舌の大きさや色、表面の状態、苔などを観察して体に起こっていることを知る舌診。 8月23日の二回目は、[頭痛と薬膳]で、頭痛の原因を中医学で分類し、それに対応する食材や料理に落とし込みました。 今期は少人数での開催なので、その都度分からないところには立ち止まってお答えしています。   「きちんとわかる薬膳の基礎(全五回)」で学んだ中医学の基礎理論を使って実際にありがちなケースを中医学 ...

ReadMore

土用の丑の日に参鶏湯を食べる会開催

イベント お知らせ 活動報告

2022/8/13

『土用の丑の日に参鶏湯を食べる会』を開催しました

先日の土用の丑の日に、東京の新大久保にて『土用の丑の日に参鶏湯を食べる会』を開催しました。 韓国のり。カクテキ・キムチが付きます。 日本では、土用の丑の日に「う」の付くものを食べるといいと言われ、その代表がうなぎですね。 ですが、日本の夏の特徴や日本人の多くの体質的には、現在主流の養殖鰻や海外産の鰻の脂があまりおすすめではない場合があります。   韓国では、「伏日(ポンナル)」という日本でいう土用の丑の日のような日に、参鶏湯を食べる習慣があります。 誰でも、真夏の暑さに消化器系を弱らせず、スタミ ...

ReadMore

夏季休業のお知らせ

お知らせ

2022/7/25

夏季休業のお知らせ

いつもありがとうございます。 モーリー薬膳ラボ代表、簡単エイジングケア薬膳講師の森澤孝美です。 誠に勝手ながら2022年の夏季休業を下記の通りとさせていただきます。 夏季休業期間:2022年8月4日(木)~2022年8月8日(月) この期間のお問い合わせフォーム、メール、DMからのお問合せにつきましては、8月9日(火)以降に返信させていただきます。 ご不便お掛けいいたしますが何卒よろしくお願い申し上げます。 上記以外は通常営業とさせていただきます。  

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

森澤孝美

「なかったことにする薬膳」と「簡単エイジングケア薬膳」でアラフィフをサポートする簡単エイジングケア薬膳講師。お惣菜でも外食でも選び方の理論が分れば薬膳になる。レシピが無くてもコツを掴んで実践できるとご好評。個人セッションも受付中。 薬膳食療法専門指導士。中医学と薬膳を学んだ後、多忙で食事が手作りできない人でも取り入れられる簡単エイジングケア薬膳講座を展開。日本全国より受講される。

-お知らせ
-

© 2022 モーリー薬膳ラボ 簡単エイジングケア薬膳講師 森澤孝美 なかったことにする薬膳