ブログ 消化 薬膳

大根をぬか漬けにすると消化効果が高くなる理由

大根のぬか漬けをおすすめする理由

 

冬の野菜の一つ大根。

生で食べると消化酵素のジアスターゼが豊富なため、夜遅くに揚げ物を食べる時や胃もたれしないようにとんかつや、から揚げを食べたい時には大根おろしを添えることをおすすめしています。

ですが、薬膳では大根の性質は体を冷やす涼性。

冬や体が冷えている時には生の大根サラダや、大根おろしがおすすめできない時もあります。

そんな時は大根のぬか漬けがおすすめです。

それは、生の大根の効果に発酵食品であるぬか漬けの効果がプラスされるからです。

 

薬膳の視点から見る大根の効果

薬膳では、全ての食材には特性があると考えます。

特性を大きく分けると、まず、それを食べた時に体が温められるか冷やされるか、そのどちらでもないかという性質があって熱・温・平・涼・寒の五段階になります。

熱性・温性・平性・涼性・寒性と呼び、これを五性と言います。

五性とは別に、どの食材も、消化を助ける、デトックスする、気の巡りを助ける、体に溜まった要らない水分を排泄させるなどの効果を持つのです。

大根は、生で食べると、消化を助け、胃酸を中和させたり、腸を整えるジアスターゼという酵素の効果を得ることができますが、ジアスターゼは熱に弱いためおでんのように調理すると失われてしまいます。

食べやすい方法として大根おろしをおすすめしていますが、おろして20分経つとジアスターゼは80%に減少してしまうとか。

ジアスターゼの損失をなるべく減らすには、食べる直前に大根おろしにするのがおすすめです。

 

から揚げに大根おろし

 

大根の性質を見てみると、生の大根は五性のやや冷やす涼性なのです。

体が冷えている人、胃腸が弱くお腹を下しやすい人などが、一度にたくさんの大根おろしを食べることでもっと冷えてしまいますし、消化を助けるということは下に降ろすことになるため下痢してしまうかもしれません。

大根の消化効果を冷やさずに得る方法は無いのでしょうか?

 

大根をぬか漬けにすると元の性質が緩和される

薬膳では、ネガティブな部分を持つ食材でも、発酵させたり、天日干ししたり、酒に漬け込んだりしてネガティブな部分を緩和させて必要な効果だけを使う方法がいくつかあります。

生だと強く体を冷やす柿ですが、干し柿にすると冷やす性質が緩和されるため、冷えが気になる時は生の柿ではなく、干し柿で食べるのがこれです。

 

干し柿

 

大根も、日本の代表的な発酵食品の一つであるぬか漬けにすると、元のやや冷やす性質が緩和されます。

その人のもともとの冷え度合いや合わせて食べる食材の五性にもよるため、断言はできませんが、温めるところまでは行かないまでも、温めも冷やしもしない平性程度になっているのを感じます。

これは、私がおすすめしている「なかったことにする薬膳」の一つの方法になります。

「なかったことにする薬膳」は、その食材の性質や効果を利用したい時、不要となる性質や効果を、食材の組み合わせ方や調理のしかたで±ゼロにする方法。

この場合は、大根の冷やす性質を緩和して消化を助ける効果は利用したいので、調理をして冷やす性質を緩和するのではなく発酵と言う方法を使います。

「なかったことにする薬膳」については、こちらをお読みください。

なかったことにする薬膳
なかったことにする薬膳のメリット

薬膳は中国伝統医学(中医学)を基礎に、食材の性質や効能を使って不調の改善や予防として使われて来た食療法です。 中医学の考え方は、不調そのものだけを治すのではなく、その不調の起きる原因を探り本物の病気に ...

続きを見る

 

大根をぬか漬けにすると腸の調子を整える効果がプラスされる理由

ぬか漬けには、植物性乳酸菌が豊富に含まれます。乳酸菌は腸内の善玉菌を増やすのです。

乳酸菌と聞くと、ヨーグルトなどの動物性乳酸菌が思い浮かぶと思いますが、動物性の乳酸菌は生きたまま腸まで届くことは難しいとされています。

ですが、植物性乳酸菌は生きたまま腸まで届きやすいため、大根のジアスターゼが減少したとしても新たに植物性乳酸菌の効果で胃腸機能を整えることができるのです。

結果として、胃腸機能を正常に保つことになるのです。

腸には免疫細胞の70%が存在すると言われます。

善玉菌、悪玉菌、日和見菌が生息しており、日和見菌は善玉菌と悪玉菌の勢力の強い方に変わるイソップ童話に出て来る動物側に付いたり鳥側に付いたりするコウモリのようなもの。

理想は、善玉菌:日和見菌:悪玉菌が2:7:1のバランスです。

悪玉菌が2割を越えると腸内バランスが悪化し、様々な弊害が出てしまいます。

ぬか漬けなら体の冷えを緩和させて、善玉菌を増やす植物性乳酸菌をが摂れるだけでなく、生の大根の消化を助ける効果の両方が、活かせるということなのです。

消化を助ける働きのある大根ですが体を冷やす性質があるため、冷え性の人、冷えてお腹を壊しやすい人は、冷やす性質を緩和させるぬか漬けがおすすめです。

 

大根ぬか漬け

 

乳酸菌の働きで腸内環境が整うので、消化器系に当たる五臓の「脾」が整い消化しやすい体になるということです。

ぬか漬けの大根は、そのまま切って食べるだけでなく、刻んでタルタルソースに入れたり、サラダとして使っても普通の生野菜サラダより冷やさないのでおすすめです。

 

【関連記事】

生の大根と調理した大根の違い なかったことにする薬連
大根の生で食べる時と調理した時の違いと使い分け方を薬膳の視点からお伝えします

    でんぷんの消化を助ける酵素、ジアスターゼが含まれることから、お餅を食べるなら大根おろしに醤油を混ぜて食べるからみ餅をおすすめしたり、脂っこいものを食べる時や焼き魚に大根おろ ...

続きを見る

 

【関連動画】

 

【参考】

NHKスペシャル「人体」万病撃退!«腸»が免疫の鍵だった

 

体質的に食べない方が良いものを、たまに食べてもなかったことにできる薬膳の知恵が学べる無料メール講座配信中

 

生理の貧困から考える女性の健康で幸福な一生

ブログ 時事

2022/5/9

生理の貧困から考える女性の健康で幸福な一生

    「生理の貧困」という言葉を聞いたことがありますか? 生理の貧困とは、ウィキペディアによると、 経済的な理由などから生理処理用品を入手することが困難な状態にあることを指す。 経済的な理由のほかにも、羞恥心により購入に躊躇いがあることや、家族の無理解により入手ができないということが、2021年3月に国際NGOのプラン・インターナショナルが15歳から24歳を対象に実施したアンケートで示された。 日本では、次のように言われています。(ウィキペディアより) 生理用品を買うお金がない、また ...

ReadMore

2022年GW休業のお知らせ

お知らせ

2022/4/28

2022年ゴールデンウイーク休業のお知らせ

いつもお世話になっております。 モーリー薬膳ラボ代表、簡単エイジングケア薬膳講師の森澤孝美です。 2022年のGWの営業は以下の通りとさせていただきます。 ■4月29日(金)通常営業 ■4月30日(土)通常営業 ■5月01日(日)休業 ■5月02日(月)通常営業 ■5月03日(火)休業 ■5月04日(水)休業 ■5月05日(木)休業 お問合せフォーム、メール、SNSのDM等によるお問合せにつきましては5月6日以降順次ご対応させていただきます。 ご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。 &n ...

ReadMore

世界保健デーに考える食の大切さ

ブログ 時事

2022/4/12

世界保健デーに考える食の知識の大切さ

    今日4月7日は、1948年に設立されたWHO(世界保健機関:World Health Organization)が定めた世界各国でテーマに沿ったイベントを開催することで健康を考え啓発する日です。 2022年のテーマは「私達の地球、私達の健康 (Our planet, our Health)」。 厚生労働省のサイトには「気候の危機は健康の危機」だと書かれています。 厚生労働省 2022年世界保健デーのテーマは「私達の地球、私達の健康」です。より 世界でも健康に過ごせない国や地域が ...

ReadMore

朝日カルチャーセンター薬膳講座開催

お知らせ 講座開催

2022/4/4

3月の朝日カルチャーセンター薬膳講座終了しました。

  コロナ禍以降初めて朝日カルチャーセンターくずは教室様にての薬膳講座が2コマ終了しました。 ■3月23日(水)東洋医学DEセルフ検診~自分の体に必要なものを知るために ■3月29日(火)東洋医学で知る体の時間割~体内時計に沿った暮らし方 教室での対面講座と同時にzoomによるオンライン配信があり多くの方にご受講いただけました。 朝日カルチャー様でのオンライン受講はリアルタイムでの受講だけでなくオンデマンドで期限内は何度も受講いただけるものです。 遠方の方でも自宅で受講いただけるだけでなく、後か ...

ReadMore

よもぎ蒸しが合わない人

デトックス ブログ 中医学 美容

2022/4/4

よもぎ蒸しが合わない人の特徴と注意点

  女性は冷やさない方が良いと言われ、よもぎ蒸しに興味を持たれる方もいらっしゃると思います。 ですが、よもぎ蒸しが合わない人、また合わないわけではないですが注意が必要な時もあります。 よもぎ蒸しが合わない人の特徴と注意点を知って、よもぎ蒸しをしてよかったと思えるようにこの記事を参考にしてください。 ここでは、中医学と薬膳の視点からよもぎ蒸しが合わない人を4タイプに分けました。   目次1 よもぎの特性2 よもぎ蒸しが合わない人を4タイプに分ける2.1 潤い不足の人2.2 貧血気味の人2 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

森澤孝美

「なかったことにする薬膳」と「簡単エイジングケア薬膳」でアラフィフをサポートする簡単エイジングケア薬膳講師。お惣菜でも外食でも選び方の理論が分れば薬膳になる。レシピが無くてもコツを掴んで実践できるとご好評。個人セッションも受付中。 薬膳食療法専門指導士。中医学と薬膳を学んだ後、多忙で食事が手作りできない人でも取り入れられる簡単エイジングケア薬膳講座を展開。日本全国より受講される。

-ブログ, , 消化, 薬膳
-, , , ,

© 2022 モーリー薬膳ラボ 簡単エイジングケア薬膳講師 森澤孝美 なかったことにする薬膳