生の大根と調理した大根の違い なかったことにする薬連

ブログ 中医学 食材

大根の生で食べる時と調理した時の違い

でんぷんの消化を助ける酵素、ジアスターゼが含まれることから、お餅を食べるなら大根おろしに醤油を混ぜて食べるからみ餅をおすすめしたり、脂っこいものを食べる時や焼き魚に大根おろしをおすすめしています。

これらはいつも生の大根です。

日本では冬になるとおでんに入れたり、ふろふき大根にしたり、味噌汁やお鍋に入れるなど調理して味のしみた美味しい大根を食べる食文化もあります。

生の大根と調理した大根では何が違うのか?これを薬膳の視点からお伝えしますね。

 

 

生の大根の特徴

生の大根には、でんぷんの消化酵素ジアスターゼが含まれます。

ジアスターゼは山芋(長芋)にも含まれています。大根と山芋、この2つの共通点は「生でも食べられる」ということになります。

この生と言うところが重要で、ジアスターゼは熱に弱いのです!そうです、調理したらなくなってしまいます。

生の大根は体をやや冷やす性質を持ち(涼性)、中医学で言う体の構成要素「気血津液」の気の流れを良くしながら下に下ろす働きをします。

つまり、胃もたれや胸やけ消化不良など、胃に熱がある時やお餅などのでんぷんの消化を促すので、お腹をスッキリさせたい時の消化剤としておすすめです。

また、揚げ物を食べる時に胃腸への負担を軽減したり、焦げた焼き魚の発がん性を軽減する働きもあります。

この知識があれば、食べる時に大根おろしを添えたり、大根サラダを一品加えて食べながら体に起こるバランスの崩れをなかったことにする、中ってことにする薬膳ができますね。

 

ところが、生の大根は、体にこもった熱を冷ます性質を持つため、胃腸が虚弱な人やお腹の調子が悪く下し気味の時はおすすめではありません。

辛味大根たっぷりのおろし蕎麦を食べるとお腹を下してしまう人もいます。

それは、蕎麦も体を冷やす性質で下に下ろす働きがあるためなのです。

大根は消化促進だけでなく、痰の多い咳が出る時や喉の痛みがある時にも良い食材です。

大根を賽の目に切り上からひたひたにはちみつを注いで一晩おくと、大根のエキスが上って来ます。

それを白湯や水で薄めて飲む大根飴は昔から喉の痛みや咳止めとして日本に伝わって来た民間療法でした。

これは、大根とはちみつの潤わせる働きを利用した薬膳ですね。

 

 

調理した大根の特徴

一方、おでんやふろふき大根、味噌汁の具などとしての調理した大根は、やや冷やす性質(涼性)が温めも冷やしもしない性質(平性)に変わります。

ジアスターゼは70℃程度で死活すると言われるので、例えば大根を入れたお雑煮にして沸騰させてしまえばジアスターゼはお餅の消化を助けることにはなりませんね。

薬膳では、食材の持つ味も五臓のそれぞれと対応します。

大根は生では辛味で、五臓の肺に働きかけますが、加熱すると甘味になり消化器系に当たる脾に働きかけるようになります。

そして、冷やす性質が緩和されるためお腹にやさしい下痢止めなどの胃腸薬のような働きに変わります。

 

 

大根の生と調理した時の違いと使い分け まとめ

生の大根は、体をやや冷やし、消化を助ける消化剤の役目を果たします。

特に消化酵素ジアスターゼはでんぷんの消化を促進するため、焼餅に大根おろしをからめて食べるからみ餅には意味があります。

胃もたれしているな~、食べ過ぎだな~という時は、生と覚えて下さいね。

それ以外でも、胃腸を守り揚げ物の消化を促したり焼き魚の焦げの発がん性を緩和させる働きがあります。

ただし、気を下に下げる働きもあるため、お腹が冷えていたり下痢気味の時は更に悪化させてしまう可能性があります。

一方、調理した大根は性質が平性に変わり、お腹にやさしい胃腸薬の役目に変わります。

お腹が心もとないな~、なんだかお腹を壊しそう!という時は調理した温かい大根ですよ!

大根はその日、その人の体質や体調によって使い分けられる食材です。

使い分けると効果を実感できるはずです。お試しあれ!!

 

 

【関連記事】

冷え性の人が安心して大根を食べられる訳

イタリア頑張れ!カプレーゼのようなイタリアンカラーのサラダ

 

 

 

体質的に食べない方が良いものを、たまに食べてもなかったことにできる薬膳の知恵が学べる無料メール講座配信中

なかったことにする薬膳が学べる7日間の無料メール講座

なかったことにする薬膳 森澤孝美 YouTube

お知らせ

2021/1/24

YouTubeチャンネルを開設しました

いつもご覧いただきありがとうございます。 この度、お時間の無い方にも5分で聴いていただけるYouTubeチャンネルを開設したしました。 なかったことにする薬膳のメソッドを5分ずつお伝えして行きます。 通勤の車中、ご飯の支度をしながらでも聴き流していただける内容です。 難しいと思われがちな薬膳ですが、なかったことにする薬膳メソッドが分かれば、一杯のお味噌汁から薬膳になります。 繰り返し聴いていただけるようチャンネル登録をお願いいたします。 更新のお知らせが届くようベルのマークもクリックしておいてくださいね。 ...

ReadMore

アンチエイジング薬膳 薬膳講師森澤孝美

スーパーフード ブログ 五臓 食材

2021/1/18

チョコレートが止められない人はこれに気をつけると止めなくても良い

チョコレート好きな人は多いですね。 仕事の疲れを癒したり、楽しいお喋りのお伴としてチョコレートは人気です。 でも、チョコレートが止められないと罪悪感を持っている人がいます。 チョコレートはなぜ止められないのでしょう? 本当にチョコレートは止めた方がよいのでしょうか? あることに気をつければチョコレートは止める必要はありません。 それどころか、食べることをおすすめしたいほどです。 ここでは、チョコレートが止められない人が気をつければ、食べることを止めなくても良いポイントを書きます。   &nbsp ...

ReadMore

豆乳を分離させない

ブログ メニュー 潤い 食材

2021/1/16

簡単に豆乳鍋を分離させない方法で潤いアップ薬膳

豆乳鍋や豆乳を使ったスープを作る時に、うまく行かないことはないですか? 失敗になるのは、豆乳が分離してボロボロと塊ができてしまう状態です。 豆乳に含まれているたんぱく質が熱と塩分によって固まるのです。 そのまま静かにしていれば湯葉ができますが、かき混ぜたりお鍋は食べている間に具を動かすことになるためボロボロ状態になるという訳です。 豆乳鍋を分離させない方法は、塩と油にポイントがあります。         豆乳の種類でも分離が違う   豆乳には、無調整豆乳と ...

ReadMore

カニ鍋で冷やさず栄養を摂る

ブログ メニュー 食材

2021/1/11

カニは体を冷やすが冷やさず食べる3つのポイント

日本の冬はカニが美味しいですね。 カニは低カロリーで低脂肪。更年期世代以降におすすめの栄養も豊富なのでたまには食べたい食材の一つです。 薬膳では、カニには血行改善、血液浄化、髄を補填する、五臓の肝と腎を強くさせると言われます。 現代栄養学でも、カニに含まれるキチンキト酸に免疫機能改善や整腸作用があると言われ、甲羅のアスタキサンチンに活性酸素消去、タコなどにも含まれるタウリンが血中コレステロール値や高血圧を抑制し、動脈硬化予防になると言われています。 また、カルシウムが豊富に含まれることから骨や骨髄再生効果 ...

ReadMore

コロナ対策 なかったことにする薬膳 森澤孝美

お知らせ

2021/1/4

2021年の対面講座におけるコロナ対策

2021年から、簡単エイジング薬膳講師 森澤孝美の主催する対面での薬膳講座に関しまして、コロナ対策を以下のように徹底します。 安心してご受講ください。   ■講師・調理担当者の対策 〇毎朝の検温 〇こまめな手指消毒 〇マスク着用 〇フェイスシールド着用 ■会場内対策 〇開場前に、ドアノブ・テーブル・椅子など受講される方が触れるすべての場所の消毒 〇開場前に、トイレは便座・便器・床の消毒 〇換気扇の常時使用 〇常時テーブルに消毒液を設置。ご自由にお使いいただけます。 ■受講される方にご協力頂く対策 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

森澤孝美

「なかったことにする薬膳」と「簡単アンチエイジング薬膳」でアラフィフからの美と健康をサポートする簡単エイジング薬膳講師。お惣菜でも外食でも選び方の理論が分れば薬膳になる。レシピが無くても コツを掴んで実践できるとご好評です。個人セッションも受付中。

-ブログ, 中医学, 食材
-, , ,

© 2021 なかったことにする薬膳 アンチエイジング簡単薬膳講師 森澤孝美