ブログ メニュー

お粥とおじやと雑炊で一番消化に良いもの~薬膳の視点から解説

1月7日の七草粥が終わり、もうお粥は来年まで食べることは無いと思っていませんか?

「お粥は病気の時に食べるもの」

そう思っている人もいるかもしれません。

 

似たようなものに、おじやと雑炊もありますが、この中で一番消化が良いのはお粥です。

 

同じように米が入っていて、普通のご飯より柔らかくて箸では食べにくいところまで同じなのに、なぜお粥が一番消化が良いのでしょうか?

 

 

ここでは、お粥、おじや、雑炊の違いとなぜお粥が一番消化が良いのかを薬膳の視点から解説します。

胃腸の調子を整えたい時にぜひご活用ください。

 

 

お粥とおじやと雑炊の作り方の違いで分かる消化の良さ

まず、作り方から分類してみます。

次に具を入れるのか入れないのかの違い、最後に味付けの違いで比較します。

 

 

生の米から作るのか炊いたご飯から作るのか

【生の米から作る】

生の米(うるち米)に、普通のご飯を炊く時より多めに水を入れて炊いたものがお粥の基本です。

米に対して入れる水の量でご飯に近いものから、柔らかくとろみのある重湯に近いものまでを分類しています。

「全粥(5倍粥)」「七分粥(7倍粥)」「五分粥(10倍粥)」「三分粥(20倍粥)」 と種類があります。

土鍋で炊くと、遠赤外線効果でゆっくりと米に熱が伝わりほどよい粘りで美味しいお粥ができます。

炊飯器にお粥モードがあれば、それに合わせて米と水を入れて炊くこともできます。

米の粒が切れていればより水分を吸って柔らかく炊けるので、土鍋などの蓋つき鍋で、時々かき混ぜながら炊くことで米が細かくなり、より柔らかいものができるのです。

 

 

【炊いたご飯から作る】

おじやと雑炊はすでに炊いてあるご飯を使い、そこに出汁やみそ汁などを加えて煮たものです。

なべ物の最後の締めに、残った出汁にご飯を入れて溶き玉子を混ぜたものはおじやです。

おじやと雑炊の違いは、炊いた米をそのまま使うのがおじやで、炊いた米を一度洗って粘りを取ってから煮るのが雑炊。

出来上がりは、おじやの方がお粥に近いとろみがついた状態に仕上がるのに対し、雑炊はサラサラしていてお茶漬けに近いイメージに仕上がります。

 

お粥でも、炊いた米から作る方法もあります。これを「入れ粥」と言います。

鍋に、炊いた米と多めの水を入れて、時々かき混ぜながらコトコト弱火で炊きます。

米から炊くより短時間で完成しますが、米粒がそのまま残っていると水を吸わせただけなので本来のお粥とは仕上がりが違います。

 

 

具を入れるのか入れないのか

日本人はお粥は、薄い塩味程度で米(うるち米)だけを水で炊くものと思いがちですが、具を入れた芋粥や鶏粥、玉子粥、中華メニューにあるように海鮮粥などもあります。

この時、家庭で作るなら、米から炊く基本のお粥(炊き粥)の作り方ではなく、おじやのように炊いた米を使う(入れ粥)にすると作りやすいです。

奈良県や和歌山県では、ほうじ茶で炊く茶粥があります。

茶粥には具は入れず、梅干しなどと一緒に食べるのが基本です。

 

 

おじやや雑炊は、水ではなく出汁で煮るので、基本的に味がついています。ここには具が入る場合が多いです。

具を入れるか入れないかだけでは、区別しにくいですが、お粥は出汁ではなく水で煮るのが日本では基本。

味は付いていても薄い塩味、入れる具の種類もそれほど多くは無いのが特徴ですね。

 

 

味つけの違い

お粥は味はほぼないか、薄い塩味程度。梅干しや七草などの味と一緒に食べるのが一般的。

おじやは鍋料理やみそ汁の残りに入れることもあるので、味付けは濃い目の事もあります。

雑炊は、おじやに比べ米がサラサラなので、ひとくちずつ食べるより一度に出汁と一緒に食べるため、濃いめの味付けより薄味の方が食べやすいという特徴があります。

 

 

 

お粥が最も消化が良い薬膳的理由

お粥とおじやと雑炊の違いを述べたところで、それぞれの特徴から一番胃腸に負担が無く消化に良いのはお粥です。

雑炊は、出汁で煮てありますが、サラサラとあまり噛まずに食べてしまう可能性があるため、胃腸が弱っている時にはおすすめではありません。

 

おじやとお粥は、米に含まれる水分が多く柔らかいので一見どちらも同じように感じられますが、米が砕かれているのがお粥。

おじやは逆に水分を一緒に摂るため、軟便や下痢気味の時には噛まずに飲むと、消化しにくく負担になる可能性があります。

 

消化器系に当たる五臓の「脾」は湿気(=水分過多)に弱いため、多めの水分と一緒に食事をすると、消化能力が落ちると考えられています。

あまり噛まずに飲み込みやすく、水分と一緒に食べてしまうという視点からはおじやよりはお粥が消化が良いと言えます。

 

また、おじやに入れる具によっては繊維質が多かったり脂肪が多くて消化に時間がかかる場合もあります。

その点でも、具があまり入らないお粥が最も消化が良いと言えるのではないでしょうか。

 

 

胃腸の調整に日頃からお粥を取り入れる

このような理由から、朝起きて食欲がない時や、食べ過ぎ続きで胃腸が疲れていると感じる夕食にお粥を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

米から炊く炊き粥だと時間がかかりますが、炊いたご飯から作る入れ粥なら時間はそれほどかかりません。

 

体調に合わせてお粥の柔らかさを調節するために、ご飯と水の分量の目安をご紹介します。

 

全粥(5倍粥)   ご飯1に対して水2

七分粥(7倍粥)  ご飯1に対して水3

五分粥(10倍粥)  ご飯1に対して水4

三分粥(20倍粥)  ご飯1に対して水8

 

鍋にこの分量でご飯と水を入れたら、時々ご飯を切るようにかき混ぜてください。

吹きこぼれないように、大きめの鍋を使うのがコツです。

 

まとめ

 

病気の時やお正月明けの七草粥には意味があります。

 

胃腸が弱っている時に負担をかけずに体の構成要素である「気血津液」の「気」を摂り入れることができるのがお粥だからです。

 

お粥とおじやや雑炊を比較すると、米の粒が砕かれて消化しやすくなっていて味付けも具も消化に負担しやすいのがお粥。

 

煎りはと麦を入れて水から炊飯器のお粥モードで炊いた全粥にふりかけを添えて

 

健康な時には雑炊やおじやでも、胃腸を休ませたい時は消化の負担が少ないお粥がおすすめです。

 

食べ過ぎ飲み過ぎの時にも一旦休ませてリセットさせる意味でも日頃からお粥を摂り入れてみてください。

 

【関連記事】

大根をぬか漬けにすると消化効果が高くなる理由

 

 

 

体質的に食べない方が良いものを、たまに食べてもなかったことにできる薬膳の知恵が学べる無料メール講座配信中

 

お知らせ 活動報告

2024/5/16

【活動報告】体面でランチ付きみそ玉作りワークショップ開催

  2024年5月8日(水)に京都の二条城近くにあるレンタルスペースFRIEDENさんをお借りして、ランチ付きの『エイジングケアの美素玉作りワークショップ』を開講しました。 60分のレクチャーと45分のみそ玉作りです。 ワークショップ終了後は、オーガニックの材料を使ったランチを楽しんでいただきました。     レシピと作り方ならネットで調べたらすぐ出て来ます。 誰でもみそ玉ができますが、私がお伝えするみそ玉は、使う素材の性質や効能を薬膳で考えた「エイジングケアの美素玉」です。 ...

ReadMore

お知らせ プロ向け 活動報告

2024/4/30

【活動報告】第3期薬膳ヘルスビューティケアアドバイザー講座(アドバンス)全12回終了

偶然にも横浜で活動されるお二人が受講された『薬膳ヘルスビューティーケアアドバイザー認定講座(アドバンス全12回)』が終了しました。     『薬膳ヘルスビューティケアアドバイザー認定講座』はベーシック全7回とアドバンス全12回(事例検討会12回を含む)より構成されていて、それぞれのコースが終了された後、認定テストに合格されると、『薬膳ヘルスビューティケアアドバイザー』と『薬膳ヘルスビューティケアアマスターアドバイザー』に認定させていただきます。   この講座を受講されるのは、 ...

ReadMore

お知らせ 活動報告

2024/4/28

特別勉強会 3回目の「日本の食と日本人の健康を考えてみよう会」開講しました

2024年2月から月に一度のペースで外部講師をお招きして行っている『日本の食と日本人の健康を考えてみよう会』も4月22日(月)に3回目を迎えました。     3回目は農薬とは?から、遺伝子組み換えのメリットとリスク、ゲノム編集のメリットとデメリット、食品添加物と広範囲に渡りました。 農薬についてだけでもこれだけあります。  ・農薬の分類 ・農薬の使用目的 ・農薬の剤型 ・日本での農薬の現状と世界との比較 ・WHOで発がん性と示した農薬   体を作る食材の事を知らなければ選ぶ基 ...

ReadMore

お知らせ 中医学 活動報告 薬膳

2024/4/28

【活動報告】対面にて最短で基礎が学べる「きちんとわかる薬膳の基礎(全五回)」を開講しました

  2024年4月20日、21日の2日間で『きちんとわかる薬膳の基礎(全五回)』を対面にて開講しました。 4名の方が受講され、二日間で薬膳を始めるための中医学の基礎から食材の選び方、食材事典の読み方を学ばれました。 過去に、独学で学ばれたことがある方や単発で何度か他の方から学ばれたことがある方もいらっしゃいました。 日本人になじみがあるのは明治以降にオランダやドイツから入って来た西洋医学の考え方で、東洋医学の陰陽のバランスの取り方などの概念はあまり浸透していません。 そのため、これを本で学んだり ...

ReadMore

お知らせ 受講後の感想 活動報告

2024/4/22

【活動報告】怪しくない!面白い!東洋医学を実践するための気の話を開講しました

2024年4月24日(水)に二回目となる『怪しくない!面白い!東洋医学を実践するための気の話』を開講しました。     薬膳の基になる中医学では体の構成要素を「気・血・津液」の3つだと言います。   その中の「気」は元気、やる気、勇気など普段使っている言葉でも何となくは感じるもののハッキリとわかりにくいと誰もが思うものです。   そこで「気」にフォーカスして「気」とは一体どんなものなのか?をお伝えする講座となりました。   中国では日本の縄文時代以前から「 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

森澤孝美

「なかったことにする薬膳」と「簡単エイジングケア薬膳」でアラフィフをサポートする簡単エイジングケア薬膳講師。お惣菜でも外食でも選び方の理論が分れば薬膳になる。レシピが無くてもコツを掴んで実践できるとご好評。個人セッションも受付中。 薬膳食療法専門指導士。中医学と薬膳を学んだ後、多忙で食事が手作りできない人でも取り入れられる簡単エイジングケア薬膳講座を展開。日本全国より受講される。

-ブログ, メニュー
-, , ,

© 2024 モーリー薬膳ラボ 簡単エイジングケア薬膳講師 森澤孝美 なかったことにする薬膳