なかったことにする薬膳 ブログ 中医学

なかったことにする薬膳のメリット

2020年11月17日

薬膳は中国伝統医学(中医学)を基礎に、食材の性質や効能を使って不調の改善や予防として使われて来た食療法です。

中医学の考え方は、不調そのものだけを治すのではなく、その不調の起きる原因を探り本物の病気になる前に悪化するのを少しでも防ごうというものです。

もともと皇帝の不老長寿と子孫繁栄の目的で発展して来たので、寿命を伸ばし生活の質(QOL)を上げることが得意です。

病気になるまで好き放題食べたり生活するのではなく、病気になる前の小さな不調の段階でに元の健康状態に早めに戻すことを目的とします。

体調の変化を早めに発見して早く対策を練ることができるのは、中医学の基礎理論の活用によります。

次にどうなるのかを予測して先回りして予防することも可能なのです。

この食療法を使ってなかったことにする薬膳にするメリットは、体質的に食べるのを避けた方が良いものを我慢してストレスを溜めたり、食べた翌日に絶食して帳尻を合わせようと言うのではなく一緒に食べる食材で食べたものの影響を最小限にできることです。

 

中医学を使うのは、鍼灸・漢方薬・気功など様々でも特別なことが要らないのが薬膳

中医学を基礎とするのは、薬膳だけではなく鍼灸・漢方薬・気功など様々です。

しかし、根本の考え方は中医学による体調の傾きをそれぞれの手法を使って中庸(=健康な状態)に戻すと言う意味で、どれにも共通しています。

その中でも、特別なことをせずに生活の一部である三度の食事に取り入れられるのは薬膳ではないでしょうか?

季節ごとに起こりやすい不調をあらかじめ予測して、食材の性質や特性を利用し中庸な状態に整えて行くことが一番始めやすい薬膳です。

そのためには、冬には冬に起こりやすい不調とその時の体はどうなりやすいのかを知っておくことが大切ですし、その不調を基に戻す、もしくは不調にならないように予防するために食材を選ぶことも大切です。

 

なかったことにする薬膳に利用できるのは、食材の性質や効能とその食材を食べた後どうなるかが予測できるから

私がお伝えしている「なかったことにする薬膳」メソッドは、今の体調を中医学的に見て避けた方がよい食材を食べたい時に、それを食べた後の体がどうなるかを予測し別の食材の性質や特性を組み合わせて早めに中庸にしてしまうというものです。

この方法を取っていると、長年同じものを食べていたとしても体への負担を減らすことができて、食事で不調予防をすることができます。

なのでストイックに食べたいものを我慢するのではなく、たまには好きなスイーツやラーメンを食べたとしても、その時一緒に食べるもので好きなものを食べた影響をなかったことにしよう(中庸に戻す)ということなのです。

 

なかったことにする薬膳のメリット まとめ

なかったことにする薬膳のメリットは、食べたいものをストイックに我慢したり、化学的なものを摂ったり絶食しなくても、細かくリセットできることです。

しかも、三度の食事の中でできるということ。身近なことでできることです。

食材の性質や特性の組み合わせで、その食材の影響で体に起こる不調を事前に予防することができる食糧法の一つなのです。

しかしながら、食べた食事のカロリーはなかったことにはならないので食べ過ぎないようにしてくださいね。

 

【関連記事】

なかったことにする薬膳は知っていると一生使えるメソッド

YouTubeでもご覧いただけます!
なかったことにする薬膳が5分で聴ける!Molly's簡単エイジングケア薬膳
下のバナーから直接ご覧いただけます。

なかったことにする薬膳 森澤孝美 YouTube

 

 

体質的に食べない方が良いものを、たまに食べてもなかったことにできる薬膳の知恵が学べる無料メール講座配信中

 

お知らせ 活動報告

2024/2/16

単発講座「東洋医学で内側と外側から徹底的に冷え対策講座(オンライン)」開講しました

2024年2月14日(水)オンラインにて「東洋医学で内側と外側から徹底的に冷え対策講座」を開講しました。 冷えと一口に言っても、原因は環境や気候、普段食べているもの、もともとの体質等冷える原因が一つではないことをまず理解するところから始まりました。 この講座は1年前に対面でワークショップと合わせて開講した後に、オンラインでも開講して欲しいとリクエストをいただき今回で3回目となる講座です。     主な冷えの原因は1.冷える食事、2.運動不足や過労やストレスなど生活から来るもの、3.加齢 ...

ReadMore

お知らせ 活動報告

2024/2/12

【活動報告】朝日カルチャーセンター様にて『中医学で考える「気」の講座終了しました

2024年2月12日(月)10:30~12:00に朝日カルチャーセンターでの対面講座と同時配信にて『中医学で考える「気」の講座』が終了しました。     2024年の最初の講座でしたので、何をテーマにするか検討し立春の後ということを考えて決めたテーマです。   二十四節気では立春から春と考えますが、それに加えて新しい年の始まりとも考えます。   そのため、副題として『2024年をパワーアップの年にする』ための『中医学で考える「気」の講座』にしました。   ...

ReadMore

お知らせ

2023/12/16

2023年冬季休業のお知らせ

    いつもありがとうございます。 モーリー薬膳ラボ代表 簡単エイジングケア薬膳講師の森澤孝美です。 2024年も残すところ2週間を切りました。 下記の通り、2023年冬季休業のお知らせをさせていただきます。   冬季休業のお知らせ ■2024年1月1日(月)~ 2024年1月12日(金) 尚、2023年は12月31日(日)12:00まで通常通りです。   誠に勝手ながら、期間中のメール、SNSのDM等でのお問合わせをいただくことは可能ですが、お返事は1月13日( ...

ReadMore

お知らせ 活動報告

2023/12/4

朝日カルチャーセンター様にて「薬膳DEエイジング対策」終了しました

11月30日(木)13:00~14:30に朝日カルチャーセンターくずは教室様にての薬膳講座「薬膳DEエイジング対策」が終了しました。     これまで同様に、教室受講とオンラインでの受講の同時配信、ハイブリッド講座です。   11月17日の朝日新聞夕刊でも取り上げていただいていたのでご覧いただいていた方もいらっしゃったかと思います。   これまでにもエイジングケアを薬膳で考える講座は何度か開催させていただいておりますが、今回は特に老化対策として3つの柱を上げ、そのた ...

ReadMore

お知らせ 募集中講座

2023/11/19

2023年最後の薬膳出汁醤油作りワークショップ募集中

    いつもありがとうございます。   2023年も残すところあと1か月と10日になりました。   何かと慌ただしく食事のしたくを簡単に済ませたい時、あると便利な出汁醤油。 それだけで煮物や、ポン酢などが簡単に作れて味が決まるとご好評をいただいております。   薬膳の視点から更年期以降の日本人女性に必要な材料で作る「薬膳出汁醤油作りワークショップ座学(オンライン)+動画」の募集を開始しました。   毎年この時期に開催しているのは、忙しい時こそ食 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

森澤孝美

「なかったことにする薬膳」と「簡単エイジングケア薬膳」でアラフィフをサポートする簡単エイジングケア薬膳講師。お惣菜でも外食でも選び方の理論が分れば薬膳になる。レシピが無くてもコツを掴んで実践できるとご好評。個人セッションも受付中。 薬膳食療法専門指導士。中医学と薬膳を学んだ後、多忙で食事が手作りできない人でも取り入れられる簡単エイジングケア薬膳講座を展開。日本全国より受講される。

-なかったことにする薬膳, ブログ, 中医学
-

© 2024 モーリー薬膳ラボ 簡単エイジングケア薬膳講師 森澤孝美 なかったことにする薬膳