なかったことにする薬膳 ブログ 中医学 食材

なかったことにする薬膳のメリット

2020年11月17日

薬膳は中国伝統医学(中医学)を基礎に、食材の性質や効能を使って不調の改善や予防として使われて来た食療法です。

中医学の考え方は、不調そのものだけを治すのではなく、その不調の起きる原因を探り本物の病気になる前に悪化するのを少しでも防ごうというものです。

もともと皇帝の不老長寿と子孫繁栄の目的で発展して来たので、寿命を伸ばし生活の質(QOL)を上げることが得意です。

病気になるまで好き放題食べたり生活するのではなく、病気になる前の小さな不調の段階でに元の健康状態に早めに戻すことを目的とします。

体調の変化を早めに発見して早く対策を練ることができるのは、中医学の基礎理論の活用によります。

次にどうなるのかを予測して先回りして予防することも可能なのです。

この食療法を使ってなかったことにする薬膳にするメリットは、体質的に食べるのを避けた方が良いものを我慢してストレスを溜めたり、食べた翌日に絶食して帳尻を合わせようと言うのではなく一緒に食べる食材で食べたものの影響を最小限にできることです。

 

中医学を使うのは、鍼灸・漢方薬・気功など様々でも特別なことが要らないのが薬膳

中医学を基礎とするのは、薬膳だけではなく鍼灸・漢方薬・気功など様々です。

しかし、根本の考え方は中医学による体調の傾きをそれぞれの手法を使って中庸(=健康な状態)に戻すと言う意味で、どれにも共通しています。

その中でも、特別なことをせずに生活の一部である三度の食事に取り入れられるのは薬膳ではないでしょうか?

季節ごとに起こりやすい不調をあらかじめ予測して、食材の性質や特性を利用し中庸な状態に整えて行くことが一番始めやすい薬膳です。

そのためには、冬には冬に起こりやすい不調とその時の体はどうなりやすいのかを知っておくことが大切ですし、その不調を基に戻す、もしくは不調にならないように予防するために食材を選ぶことも大切です。

 

なかったことにする薬膳に利用できるのは、食材の性質や効能とその食材を食べた後どうなるかが予測できるから

私がお伝えしている「なかったことにする薬膳」メソッドは、今の体調を中医学的に見て避けた方がよい食材を食べたい時に、それを食べた後の体がどうなるかを予測し別の食材の性質や特性を組み合わせて早めに中庸にしてしまうというものです。

この方法を取っていると、長年同じものを食べていたとしても体への負担を減らすことができて、食事で不調予防をすることができます。

なのでストイックに食べたいものを我慢するのではなく、たまには好きなスイーツやラーメンを食べたとしても、その時一緒に食べるもので好きなものを食べた影響をなかったことにしよう(中庸に戻す)ということなのです。

 

なかったことにする薬膳のメリット まとめ

なかったことにする薬膳のメリットは、食べたいものをストイックに我慢したり、化学的なものを摂ったり絶食しなくても、細かくリセットできることです。

しかも、三度の食事の中でできるということ。身近なことでできることです。

食材の性質や特性の組み合わせで、その食材の影響で体に起こる不調を事前に予防することができる食糧法の一つなのです。

しかしながら、食べた食事のカロリーはなかったことにはならないので食べ過ぎないようにしてくださいね。

 

【関連記事】

なかったことにする薬膳は知っていると一生使えるメソッド

YouTubeでもご覧いただけます!
なかったことにする薬膳が5分で聴ける!Molly's簡単エイジングケア薬膳
下のバナーから直接ご覧いただけます。

なかったことにする薬膳 森澤孝美 YouTube

 

 

体質的に食べない方が良いものを、たまに食べてもなかったことにできる薬膳の知恵が学べる無料メール講座配信中

 

講座説明会

お知らせ

2021/7/20

きちんとわかる薬膳の基礎(全五回)秋開講募集中です

いつもありがとうございます。 薬膳の基本のきを中医学の基礎理論から学ぶ「きちんとわかる薬膳の基礎(全五回)」募集中です。 日程: 9月1日、9月15日、9月29日、10月13日、10月27日 受講方法:オンライン(zoom) 詳しくはコチラからご覧いただけます。   8月4日に無料説明会を開催します。 詳細は、7月28日12:00配信のメルマガにてお知らせいたします。 無料説明会では、7月26日にお届けする【無料診断】性格でわかる!あなたに起こりやすい不調の回答結果をさらに説明をさせていただきま ...

ReadMore

セミナー満席御礼

お知らせ

2021/7/12

「喜ばれリピートされるサロン作りのための薬膳カウンセリング導入セミナー」満席で終了しました

今月3回に渡り開催して来た『喜ばれリピートされるサロン作りのための薬膳カウンセリング導入セミナー』はお陰様で3日間とも満席のお申込みをいただき、無事終了しました。 それぞれのサロンで抱えるお悩みのうち、アフターカウンセリングを強化するために何を取り入れたらよいのかをお伝えしました。 個別セッションでもそのサロンに合わせたカウンセリング導入のしかたをアドバイスさせていただきます。 お申込みくださったサロンオーナー様、ありがとうございました。  

ReadMore

セミナー満席御礼

お知らせ

2021/7/20

満席御礼「喜ばれリピートされるサロン作りのための薬膳カウンセリング導入セミナー」

いつもお世話になっております。 簡単アンチエイジング薬膳講師の森澤孝美です。 メルマガ「モーリーの簡単エイジング薬膳」で募集をしておりました「喜ばれリピートされるサロン作りのための薬膳カウンセリング導入セミナー」は昨日がお申込み締め切りでしたが、締め切り日より早く3日共満席のお申込みをいただきました。 お申込みくださった皆さま、ありがとうございます。 今回はスケジュールが合わず受講いただけなかった方はリクエストをいただきましたら、4名様以上で8月前半に開催させていただきます。 詳しくはコチラをご覧ください ...

ReadMore

梅雨の不調におすすめ3選

ブログ 梅雨 浮腫み 頭痛 食材

2021/6/29

梅雨の湿気による不調におすすめの食べ物3選

梅雨になると湿気の影響で消化器系が弱りやすく、そのために不調になるケースが多いです。 梅雨の不調に対応できる手に入りやすいおすすめの食べ物3選をご紹介します。   梅雨に溜まりやすい要らない湿気を排泄させる食べ物3選 1.雑穀類 雑穀類は、繊維質が豊富で梅雨時は体の中に溜まりやすい要らない水分を繊維で絡め取ることができます。 特に普段から揚げ物やスパイスの効いた辛いもの、唐辛子やにんにくの効いた食事を好んで食べている場合は、余分な水分が熱化して粘度を増します。   すると、尿として排泄 ...

ReadMore

夏にはアラフィフにひよこ豆のおすすめ

ブログ 浮腫み 食材

2021/6/14

ひよこ豆を使って夏の代謝アップ!薬膳カレーや薬膳サラダにひよこ豆を使う4つの理由と合わせるおすすめ食材

夏はカレーの季節ですね。 スパイスカレーや薬膳カレーを作ってみたいという方も多いと思います。 市販のカレールーを使ったとしても薬膳カレーはできると言えばできます。 それは、中に入れる材料の効能を知った上で選んでいれば、目的に合った薬膳になるからです。 逆に言うと、ルーを使わずスパイスを何種類か使って作ったいわゆるスパイスカレーでも、使われているスパイス以外の材料の効能を知らないのであれば、薬膳カレーとは言えないと考えます。 この記事では、ムシムシジメジメする日本の夏に食べる薬膳カレーや一品何か足したい時に ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

森澤孝美

「なかったことにする薬膳」と「簡単アンチエイジング薬膳」でアラフィフからの美と健康をサポートする簡単エイジング薬膳講師。お惣菜でも外食でも選び方の理論が分れば薬膳になる。レシピが無くても コツを掴んで実践できるとご好評です。個人セッションも受付中。

-なかったことにする薬膳, ブログ, 中医学, 食材
-

© 2021 アンチエイジング簡単薬膳講師 森澤孝美 なかったことにする薬膳