ブログ

生姜の効果と薬膳の視点から見た使い方

2021年5月3日

 

生姜の効果的な摂り方

 

数年前にショウガブームがありました。

 

おろしショウガのマイチューブを持ち歩き、外食してもお茶を飲んでもチューブのおろしショウガを加えて食べたり飲んだりする人がいました。

 

薬膳では、ショウガは生の状態で使うのか、蒸して乾燥させたものを使うのかでは効能が違うことから、目的に合わせた生姜の効果的な摂り方をお伝えします。

 

 

生姜で効果的に中まで温めたいのか、表面の寒気を飛ばしたいのかで摂り方を変える

 

薬膳では生のショウガを生姜(しょうきょう)と呼び、蒸して乾燥させたショウガを乾姜(かんきょう)と呼んで区別します。

 

※ここでは以降、漢字で生姜と書いた場合はしょうきょうを表し、ショウガ全般と分けて記載します。

 

生姜も乾姜も性質は温める性質ですが、熱を加えた乾姜は生姜が温性なのに対し熱性になりさらに強く熱を加える性質になります。

 

両者を効果的に使い分けるには、その効能の違いを知ることが必要です。

 

具体的には、まず体の中まで温めたいのか表面にある寒気を飛ばしたいのかで考えてどちらを選ぶか決めるとよいでしょう。

 

 

生姜は風邪のひき始めに使うのが効果的

 

生のショウガである生姜はどんな効能を持つのか?

 

生姜は表面の寒気を飛ばす、発散させる効能を持つのが特徴です。

 

生姜

 

風邪をひいたかもしれない!という背中がゾクゾクする時に、帰宅したらすぐに葛湯を作り最後におろしショウガを加えて飲むと一気に熱くなり汗をかきます。

これで体の表面にあり、中まで入っていない風邪をすばやく引きはがす、汗と一緒に発散させるという考え方です。

 

その他、皮には水巡りを改善する効能があるとされ皮はやや体を冷やします。

 

なので、真夏のそうめんの薬味として使う場合、冷房の効いた室内で食べるなら皮を剥いてからおろしショウガにして体表の寒気を飛ばし、キャンプや庭で流しそうめんにするなら

皮ごとおろしショウガにすれば皮を剥いてからおろすよりカーっと熱くなるのが少し緩和されます。

生姜の皮つき・皮なしでもその時の体にこもった熱の状態によって使い分けができます。

 

 

生姜は一気に温め、汗と一緒に表面の寒気を飛ばしその後スーッと体が冷えるため風邪のひき始めに使い、おろしショウガを入れた葛湯を飲んだら布団をかけて直ぐに寝ることが

ひき始めの風邪を早く治すコツと言えます。

 

 

乾姜はお腹の中からしっかり温めたい時使うのが効果的

 

ショウガを蒸して乾燥させた乾姜は、生姜より強く温める性質を持ち、お腹の内側から温める働きがあります。

 

お腹が冷えて痛む時、冷えて吐き気や下痢の時、生姜よりも効果を発揮します。

 

その代わり、生姜のように一気に熱くして汗をかき表面の寒気を飛ばす、発散させる効能はやわらぎお腹の中からじわじわとしっかり温める効果があります。

 

胃腸が冷えて不調の時は、乾姜を使う方が効果的です。

 

 

昔からの食の知恵で使われる生姜の効果的な使い方

 

その他、ショウガには解毒作用があるとされます。

 

これを利用したものが刺身の薬味に使う方法です。

 

鰹やアジなどの青背の魚は傷みやすいので、青魚の薬味にはよくおろしショウガが使われます。

これはショウガの持つジンゲロールという成分の働きによります。

 

ジンゲロールは殺菌作用や、魚の臭み取り、食中毒予防になります。

 

ジメジメとした梅雨から日本の夏は、湿気により胃腸が弱りやすい季節です。

日本人のお腹を温めて浮腫み改善と食中毒予防にもなるショウガは昔からよく使われて来た食材と言えますね。

 

 

乾姜がなかった時は生のショウガを調理して使うと乾姜の効果が期待できる

 

生姜と乾姜の違いと使い分けがわかったところで、わざわざ生のショウガを蒸して乾燥させるのは少し手間です。

 

市販の乾姜を買うのも一つですし、蒸し生姜パウダーも販売されています。

 

蒸しショウガ

 

でも、スーパーで売られているショウガでも乾姜と同じような効能を得ることができます。

 

それは、普段の料理の時にショウガを調理すればよいのです。

 

アサリの酒蒸しの時にショウガを入れる。

同様にアサリご飯にショウガの千切りを入れる。

これはアサリの冷やす性質を緩和させる「なかったことにする薬膳」の手法の一つです。

 

「なかったことにする薬膳」は必要な食材の効能は利用したいが、自分に不要な性質や効能を他の食材との組み合わせで緩和させ「なかったことにする」メソッドです。

 

中華料理の最初に、ねぎ、ショウガ、にんにくを炒めます。

肉の臭みを消すためですが、これでも生のショウガを炒めることで乾姜の効能を得ることができると言えます。

 

 

みそ汁やスープに使う時も目的に合わせてショウガを効果的に使う

 

今までお伝えしてきたように、生姜が必要なのか乾姜が必要なのかによって、味噌汁やスープに使うショウガも生なのか熱を加えるのかを変えると良いですね。

 

風邪のひき始め、罹ったかな?の時は出来上がったスープやみそ汁におろしショウガや生の針ショウガをトッピング。

 

寒い場所に長時間居て体の芯から冷えてしまった、冷たいものの食べ過ぎ飲み過ぎでお腹が冷えて調子が悪い時は、スープやみそ汁の具と一緒にショウガを煮込んでしまう。

 

この使い方の違いでショウガをその時必要な目的に合わせて効果的に使うことができます。

 

 

チューブのおろしショウガは生姜と同じ効果があるのか?

 

おろしショウガにするのが面倒な時、便利なのはチューブのおろしショウガですね?

 

でも、原材料を見たことがありますか?

 

おろしショウガだけが欲しいのに、実にいろいろなものが入っているのに気づきます。

 

できればその都度、生のショウガをおろして使って欲しいですが、どうしても面倒な時は無添加のおろしショウガを使ってください。

 

楽天ROOMでもご紹介しています。

 

または、おろしショウガを小分けして冷凍しておくと便利です。

 

 

 

 

 

ショウガの食べ過ぎに注意が必要な人

 

ショウガが良いからと言って、ブームの時のように常に摂り続けるのは考えものです。

 

特に、体に必要な潤い成分「気血津液」の津液不足の人、血不足の人が生姜を食べ過ぎるとさらに潤い水分不足になり体に不要な熱がこもってしまいます。

それにより、更年期世代以降はホットフラッシュや頭部の火照りなどに繋がる可能性があるので、必要な時にほどほどに摂るようにしてください。

 

同様に、皮膚にできものができて熱感がある時も気をつけてください。

 

 

まとめ

 

薬膳の視点から見たショウガの効果的な摂り方は、その時の体調に合わせて生で摂るか熱を加えたものを摂るかを決めることが大切です。

 

表面の寒気を飛ばしたい時、風邪のひき始めの時は生の生姜をおろしショウガなどで。

 

お腹の中からじわじわとしっかり温めたい時は蒸して乾燥させた乾姜を使います。

 

乾姜が手に入りにくい時は、スーパーで購入したショウガを調理して使うと乾姜と同様な効果が得られます。

 

チューブのおろしショウガには添加物も多く、同量のおろしショウガよりショウガ自体の量が少ないのでできるだけその都度おろして使うのがおすすめです。

それでも面倒な時は、無添加のおろしショウガチューブを使うようにしてみてください。

 

冬以外の季節でも効果的にショウガを使って健康管理の一環にして行きましょう。

 

【関連動画】

チューブのショウガの知られていない効果!正しく生姜を食べる!!

 

チューブの生姜を味噌汁に入れたら温まる?

 

【関連記事】

大根の生で食べる時と調理した時の違い

 

【参考サイト】

グルメノート

 

体質的に食べない方が良いものを、たまに食べてもなかったことにできる薬膳の知恵が学べる無料メール講座配信中

 

お知らせ 活動報告

2024/5/16

【活動報告】体面でランチ付きみそ玉作りワークショップ開催

  2024年5月8日(水)に京都の二条城近くにあるレンタルスペースFRIEDENさんをお借りして、ランチ付きの『エイジングケアの美素玉作りワークショップ』を開講しました。 60分のレクチャーと45分のみそ玉作りです。 ワークショップ終了後は、オーガニックの材料を使ったランチを楽しんでいただきました。     レシピと作り方ならネットで調べたらすぐ出て来ます。 誰でもみそ玉ができますが、私がお伝えするみそ玉は、使う素材の性質や効能を薬膳で考えた「エイジングケアの美素玉」です。 ...

ReadMore

お知らせ プロ向け 活動報告

2024/4/30

【活動報告】第3期薬膳ヘルスビューティケアアドバイザー講座(アドバンス)全12回終了

偶然にも横浜で活動されるお二人が受講された『薬膳ヘルスビューティーケアアドバイザー認定講座(アドバンス全12回)』が終了しました。     『薬膳ヘルスビューティケアアドバイザー認定講座』はベーシック全7回とアドバンス全12回(事例検討会12回を含む)より構成されていて、それぞれのコースが終了された後、認定テストに合格されると、『薬膳ヘルスビューティケアアドバイザー』と『薬膳ヘルスビューティケアアマスターアドバイザー』に認定させていただきます。   この講座を受講されるのは、 ...

ReadMore

お知らせ 活動報告

2024/4/28

特別勉強会 3回目の「日本の食と日本人の健康を考えてみよう会」開講しました

2024年2月から月に一度のペースで外部講師をお招きして行っている『日本の食と日本人の健康を考えてみよう会』も4月22日(月)に3回目を迎えました。     3回目は農薬とは?から、遺伝子組み換えのメリットとリスク、ゲノム編集のメリットとデメリット、食品添加物と広範囲に渡りました。 農薬についてだけでもこれだけあります。  ・農薬の分類 ・農薬の使用目的 ・農薬の剤型 ・日本での農薬の現状と世界との比較 ・WHOで発がん性と示した農薬   体を作る食材の事を知らなければ選ぶ基 ...

ReadMore

お知らせ 中医学 活動報告 薬膳

2024/4/28

【活動報告】対面にて最短で基礎が学べる「きちんとわかる薬膳の基礎(全五回)」を開講しました

  2024年4月20日、21日の2日間で『きちんとわかる薬膳の基礎(全五回)』を対面にて開講しました。 4名の方が受講され、二日間で薬膳を始めるための中医学の基礎から食材の選び方、食材事典の読み方を学ばれました。 過去に、独学で学ばれたことがある方や単発で何度か他の方から学ばれたことがある方もいらっしゃいました。 日本人になじみがあるのは明治以降にオランダやドイツから入って来た西洋医学の考え方で、東洋医学の陰陽のバランスの取り方などの概念はあまり浸透していません。 そのため、これを本で学んだり ...

ReadMore

お知らせ 受講後の感想 活動報告

2024/4/22

【活動報告】怪しくない!面白い!東洋医学を実践するための気の話を開講しました

2024年4月24日(水)に二回目となる『怪しくない!面白い!東洋医学を実践するための気の話』を開講しました。     薬膳の基になる中医学では体の構成要素を「気・血・津液」の3つだと言います。   その中の「気」は元気、やる気、勇気など普段使っている言葉でも何となくは感じるもののハッキリとわかりにくいと誰もが思うものです。   そこで「気」にフォーカスして「気」とは一体どんなものなのか?をお伝えする講座となりました。   中国では日本の縄文時代以前から「 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

森澤孝美

「なかったことにする薬膳」と「簡単エイジングケア薬膳」でアラフィフをサポートする簡単エイジングケア薬膳講師。お惣菜でも外食でも選び方の理論が分れば薬膳になる。レシピが無くてもコツを掴んで実践できるとご好評。個人セッションも受付中。 薬膳食療法専門指導士。中医学と薬膳を学んだ後、多忙で食事が手作りできない人でも取り入れられる簡単エイジングケア薬膳講座を展開。日本全国より受講される。

-ブログ
-, ,

© 2024 モーリー薬膳ラボ 簡単エイジングケア薬膳講師 森澤孝美 なかったことにする薬膳