ブログ

外出時にすばやく冷やして喉の渇きを癒すおすすめの飲み物

2020年7月27日

 

 

外出先で喉が乾いたらどんなものを飲んでいますか?

 

真夏の外出先で、喉が乾いた!
なのに、近くにカフェがない!!

コンビニかスーパーならある。そんな時に選んだもので体にこもった熱も喉の渇きも素早く癒せたら嬉しいですよね?

タイを始めとしたもともと暑い国では、カフェなどでもメニューにあるのはすいかジュース。

すいかの果汁を絞っただけの100%天然のジュースです。

気温も湿度も高いお国柄のタイで、すいかジュースが良く飲まれているのには理由があります。

 

 

ウリ科のすいかにはカラダを冷やす性質があります

 

きゅうりやゴーヤ、冬瓜などと仲間、ウリ科に属するすいかには常温でも体を冷やす性質があります。

常温と言うところがポイントで、これは氷などを使った冷たい温度で冷やすのではなく性質的に体の熱を冷ますことができるということ。

つまり、胃を冷やさずに体にこもった熱を冷ますことができるのです。

ということは、胃腸を弱らせずに済むということになります。

 

汗で失った水分をすばやく細胞に吸収できるから早く喉の渇きが癒せます

 

すいかは実の9割以上が水分です。

だから、すいかを食べればその性質で涼しくなるし、喉の渇きも癒せるのです。

しかも、水の分子より細かいのですばやく細胞に吸収されるという説があります。

 

 

カリウムが豊富なので、利尿作用もあります。

必要な水分は補いながら、要らない水分は尿として出すのです。

そのため、浮腫み改善や重だるさの改善にもなります。

 

 

日中の運動や外での作業、長時間外にいた後には甘いジュースやアイスクリームより

すいかを食べたほうが、消耗が早く補えてしかも砂糖を使っていないため

カロリーも抑えめです。

 

 

気温と湿度では最近の日本も負けてはいません。

タイは食文化的に辛いモノを良く食べるため、スイカの甘みがちょうど良いのかもしれませんね。

汗で失った体液をすばやく体に取り込み、細胞を潤わせるから喉の渇きも早く癒せるすいかを

ジュースとして飲む習慣は納得できます。

 

 

 

 

外出先ではスイカは食べられないとあきらめないですいかジュースを選ぶ

 

外出先では、すいかを買って食べる訳には行きませんよね?

でも、もし入ったカフェにすいかジュースがあったら、迷わず選びます。

できれば氷は無しか控えめに!とお願いしてみてください。

胃腸を冷やさないので、夏バテ予防になるからです。

 

 

カフェはないけれど、スーパーがあったら、一口サイズが一人分くらい入ったカットスイカを買って

イートインコーナーで食べてみてください。

もしくは、スイカジュースを探してみてくださいね。

 

 

 

大手のスーパーなら見つけることができます。

タイ産のストレートすいか果汁に、レモン果汁が少し加えられたスイカジュース「CHABAA watermelon juice(チャバ ウォーターメロンジュース)」は香料や着色料、人工甘味料は不使用です。

 

 

 

ベトナム産のすいか果汁が100%使われて、香料や着色料、人工甘味料は不使用なのは、「ソノマガーデンフーズのすいかジュース」。など。

今年の夏は、なかなかピークが来ませんが、暑さがやってくると一気に気温も高くなり、慣れていない分夏バテしやすくなります。

そして熱中症予防にも、ぜひすいかかスイカジュースを外出中にも意識してみてください。

体質的に食べない方が良いものを、たまに食べてもなかったことにできる薬膳の知恵が学べる無料メール講座配信中

 

お知らせ 活動報告

2024/3/24

【活動報告】朝日カルチャーセンタ―様にて『薬膳DE骨粗鬆症予防』を開講しました

2024年3月23日(土)13:00~14:30に朝日カルチャーセンターくずは教室様にて『薬膳DE骨粗鬆症予防』を開催しました。     女性は閉経後「骨粗鬆症」になりやすいことは、現代ではよく知られていることです。   閉経により女性ホルモンのエストロゲンの活性化は閉経前の1/10程度に下がると言われ、閉経前にあったエストロゲンによる脳、肝臓、腎臓、皮膚等への良い影響が減少することで更年期以降の様々な変化が見られます。   エストロゲンからの良い影響がなくなること ...

ReadMore

お知らせ 中医学 活動報告

2024/3/14

単発中医学講座『みんなの体の時間割  五臓のシステムが働くベストタイムを知ろう!』を開催しました

本日3月13日(水)10:00~12:00にオンラインにて「みんなの体の時間割~五臓のシステムが働くベストタイムを知ろう!」を開講しました。 月に一度のペースで過去に開催した単発講座(中医学・薬膳)の中でリクエストがあった講座を再開講しています。   体の時間割とは子午流注(しごるちゅう)」の事。中医学の基礎となる中国の古典であり医学書の『黄帝内経』に書かれています。   子午流注では、五臓六腑を自然界の一日の流れに沿って当てはめ、五臓六腑それぞれが最も活発に活動する時間帯と最も不活発 ...

ReadMore

お知らせ 中医学 活動報告

2024/3/3

対面にて舌診講座を開講しました

横浜にて2024年2月29日(木)に対面の舌診講座を行いました。 舌診は中医学の大切な四診(望診・聞診・問診・切診)のうちの望診の一つです。 舌には経絡が集まっておりその人の体質や内臓の状態が現れるため、人を映す「鏡」だとも言われます。   問診で伝わらなかったことや、お子さんや高齢者等自分の状況が上手く伝えられないケースでも舌を見ると分かることがたくさんあります。   サロンに来られるお客様のカウンセリングから、その方に合った施術や食事のアドバイスに中医学の知識と薬膳による食のアドバ ...

ReadMore

お知らせ 活動報告

2024/2/28

特別勉強会「日本の食と日本人の健康を考えてみよう会~オーガニックとは」開催しました

外部講師をお招きして「日本の食と日本人の健康を考えてみよう会~オーガニックとは?」を開講しました。   これは、薬膳の視点から自分や家族の体調に合わせた食材のピックアップができて来た方、サロンのお客様や飲食店のお客様に食のアドバイスができて来た方から出て来た疑問の 「選ぶ食材の農薬や添加物に関しては問題ないのだろうか?」に合わせて開講することにしたものです。   4回シリーズの1回目を2024年2月26日に開講しました。   スライド表紙の掲載許可をいただいています &nbs ...

ReadMore

お知らせ 活動報告

2024/2/16

単発講座「東洋医学で内側と外側から徹底的に冷え対策講座(オンライン)」開講しました

2024年2月14日(水)オンラインにて「東洋医学で内側と外側から徹底的に冷え対策講座」を開講しました。 冷えと一口に言っても、原因は環境や気候、普段食べているもの、もともとの体質等冷える原因が一つではないことをまず理解するところから始まりました。 この講座は1年前に対面でワークショップと合わせて開講した後に、オンラインでも開講して欲しいとリクエストをいただき今回で3回目となる講座です。     主な冷えの原因は1.冷える食事、2.運動不足や過労やストレスなど生活から来るもの、3.加齢 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

森澤孝美

「なかったことにする薬膳」と「簡単エイジングケア薬膳」でアラフィフをサポートする簡単エイジングケア薬膳講師。お惣菜でも外食でも選び方の理論が分れば薬膳になる。レシピが無くてもコツを掴んで実践できるとご好評。個人セッションも受付中。 薬膳食療法専門指導士。中医学と薬膳を学んだ後、多忙で食事が手作りできない人でも取り入れられる簡単エイジングケア薬膳講座を展開。日本全国より受講される。

-ブログ
-

© 2024 モーリー薬膳ラボ 簡単エイジングケア薬膳講師 森澤孝美 なかったことにする薬膳