ブログ メニュー 食材

薬膳カレーを作る時、スパイス以外に気をつけること

2020年10月6日

最近、家庭でもルーを入れないカレーを作る方が増えているようです。

薬膳カレーも人気みたいですね。何をもって薬膳カレーというのかがわかりにくいですよね?
そもそも薬膳カレーってどんなものなのでしょう?

 

カレーのベースとなるスパイスと材料の組み合わせで薬膳になったものが薬膳カレー

 

カレーのベースとなるのは、スパイス類と中に入れる具。もっと言えば出汁も関わって来ます。

出汁をしっかりとるなら使うモノでも目的は違って来ます。鶏の出汁ならパワーアップ、赤身の牛肉の出汁なら血を増やす・・・
それぞれの食材の効能が出汁にギューッと出ると考えてください。

最初からそこまでするのは大変なので市販のコンソメやブイヨンを使うとして、残りのスパイスと材料の薬膳的な効能を使い季節や体調に合わせればそれが薬膳カレーになります。

 

カレーを薬膳にするには?と考えて具となる食材を選ぶ

 

薬膳はもともと、一人一人違う体質や体調に合わせてカラダの傾きをフラット(健康な状態)に戻すための食事です。

でも、それを作るためにはその人のカラダの状態がわからないとできません。

だから、まずは季節ごとに誰にでも起こりやすい不調の予防に合わせてみましょう。「

秋なら、呼吸器やお肌が乾燥して来ます。だから、乾燥対策=潤わせる食材を中心に具を選びます。

普通、カレーにはそれは入れない!というものは考えません。だって、インドカレーのお店に行ってみたことがある方はこれも入れるの?と思った経験があるでしょう。

私もかつては、オクラを入れるとか考えたこともありませんでしたから。

 

秋の薬膳カレーに選ぶ食材は五臓の肺の働きをアップさせるもの

 

秋の薬膳カレーに入れるのは、五臓の肺の働きをアップさせる食材です。簡単に覚える方法は白い食材。

例えば、たまねぎ、長ネギの白い部分、蕪、白菜、じゃがいも、長芋、ゆり根、レンコン、白きくらげ、エリンギ、えのきだけ、梨、いちじくなど。
肉は豚肉や鴨肉が肺が苦手な乾燥から肺を潤わせる肉とされています。

でも、にんじんやトマトなどの白くないものは入れてはダメなわけではありません。

にんじんはパワーチャージになるし、トマトは生だと体を冷やしますが調理すれば冷やす性質は緩和され体を潤わせる効能が発揮されます。

こんな食材を選べば、秋の薬膳カレーの具は決まって来ますね。

 

スパイスで迷うなら、まずはカレー粉を使う

 

具となる食材が決まったら、次はスパイスです。

カレーに使われるスパイスの性質を薬膳の視点から見ていくと温めるモノばかりです。その点でもこれからの季節にぜひ使いたいですね。

一種類ずつ、集めて調合するのは楽しいのですが、最初からすべてを自分でやるにはハードルが高いと言う方は

市販のカレー粉を使ってみることをお勧めします。なぜなら、カレー粉はミックススパイスだからです。

カレー粉にはこんなスパイスが入っています。
スパイスを集めて作りたい方は、ここに入っているものを使ってお好きな味に調合するところから始めてみてください。

・ターメリック
・コリアンダー
・クミン
・フェンネル
・胡椒
・赤唐辛子
・陳皮

陳皮はミカンの皮を干したもので、薬膳食材には欠かせないものです。カレー粉にも入っているのですね。

そして、市販のカレールーを使っても最後の一振りで本格的な味になると話題になったのがガラムマサラです。

ガラムマサラもミックススパイスです。

カレー粉とガラムマサラの違いについてS&Bのサイトにはこのように書かれています。

カレー粉には、 「ターメリック」 が使用されますが、ガラムマサラには使用されません。

「カレー粉」 が香り・色・辛みのバランスのとれたミックススパイスであるのに対して、
「ガラムマサラ」 は、香りづけや辛みづけに活躍するミックススパイスなのです。

「カレー粉」 「ガラムマサラ」 もカレーだけではなく、様々な料理の風味づけにも活躍します。

 

S&Bのカレー粉はミックススパイスの代表です

色・香・辛さのバランスが取れたミックススパイス

カレーの黄色っぽい色を付けるのはターメリックなので、ガラムマサラにターメリックを加えるか、
香り・色・辛味のバランスを整えるためには両者を使えば本格的なカレーに近づけるということですね。

ただし、カレー粉よりガラムマサラの方が辛さが強いので、辛さのバランスにご注意ください。

 

ガラムマサラはミックススパイスです。

ガラムマサラを使うと本格的なカレーになります。

 

 

 

秋の薬膳カレーはスパイスの激辛に注意が必要

秋は乾燥が始まる季節です。乾燥に弱い五臓の肺をアップさせるために食材を選んだら、スパイスで激辛にしないことが重要です。

なぜなら、辛味は温める以外に熱で乾燥させる働きもあるからです。

つまりせっかく潤わせたのに温風ドライヤーで乾かしてしまうイメージです。なので、季節や体調に応じて辛さも調節すると良いですね。

 

 

薬膳カレーを作る上で、スパイス以外に気をつけること まとめ

カレーに使われるスパイス類は体を温める性質のモノがベースです。それを知った上で、食べたほうが良い人やめておいた方がいい人が分かります。

スパイスの他に使う具となる食材の性質や特性も考えて作ると薬膳カレーになります。

乾燥対策なのか、疲れの回復カレーなのかなどの目的を決めて食材を選ぶことも必要です。それは食材にはお互いの特性を打ち消す合うものもあるからです。

それには辛さも関係します。スパイスは温風ドライヤーとして乾燥させたい時は多めに(辛めに)、乾燥させたくない時は激辛にしないこと。

特に、アラフィフ世代の体は潤い不足です。激辛にはくれぐれもご注意を。

季節ごとに起こりやすい不調予防の薬膳カレーやあなたやご家族のカラダに合わせた薬膳カレーを作ってくださいね。

 

【関連記事】

ひよこ豆を使って夏の代謝アップ!薬膳カレーや薬膳サラダにひよこ豆を使う4つの理由と合わせるおすすめ食材

 

 

 

 

体質的に食べない方が良いものを、たまに食べてもなかったことにできる薬膳の知恵が学べる無料メール講座配信中

 

葛根湯は効かない?

ブログ レシピ 食材

2021/10/23

葛根湯はいつ飲むかを知っておすすめの食べ物でもケアしよう

    よく、葛根湯は効かないと言われていますがそれは飲むタイミングを間違えているからです。 2021年の関西では木枯らし一号が観測史上最も早く10月23日に吹きました。 そこまで寒くなるとは思わずに薄着で外出してしまったり、日中は温かかったのに夕方頃から寒くなって体が冷えてしまうことがありますね。 肩甲骨の間がゾクゾクして、「風邪ひいたかも?」という時です。 そんな時に直ぐに飲むと良いのが葛根湯です。 急に寒くなって来たので、風邪をひいてしまった人もいるのではないでしょうか? もし、 ...

ReadMore

体の時間割講座募集

お知らせ 募集中講座

2021/10/23

11月単発薬膳講座『みんなの体の時間割』満席で開講します

いつもありがとうございます。 かねてよりメルマガ『モーリーの簡単エイジングケア薬膳』でお知らせしておりました新規単発講座『みんなの体の時間割』を昨日メルマガ読者様優先で募集開始いたしました。 お陰様でお申込み開始40分で満席のお申込みをいただきました。 関心を持っていただきありがとうございます。 キャンセル待ちをしてくださる方もいらしたので、増席しましたがその枠も直ぐにお申込みいただきました。 それだけ期待が大きいということを感じ、改めて身が引き締まる思いです。 詳しい講座の内容はこちらをご覧ください。 ...

ReadMore

カラダのマニュアル開講

お知らせ 活動報告

2021/10/11

【受講者のご感想】薬膳講座「カラダのマニュアル作り」オンラインで開催しました

いつもありがとうございます。 2021年10月8日(金)(大安でした)にオンライン(zoom)にて久しぶりに単発講座「カラダのマニュアル作り」を開催しました。 北海道、東京、千葉、大阪からご参加の4名様です。 質問していただきやすいように少人数での開催です。     主な講座の内容 この講座では、薬膳の基になる中医学の観察ポイントから、体の構成要素「気血津液」の状態をご自身でチェックしていただきます。 それにより、ご自身に足りていないものや巡っていないものを知り、おすすめ食材に結び付け ...

ReadMore

秋の乾燥

ブログ 中医学 潤い 食材

2021/10/10

乾燥には食べ物でもケア?乾燥対策におすすめの秋から冬の味覚

    秋になり乾燥が始まると、夏とは違う変化が体に表れていませんか? 喉やお肌のカサカサ、イガイガなどは夏にはあまりなかったことですが秋になって空気が乾燥してくると始まるのではないでしょうか? 薬膳の基になる中医学の考え方によると、乾燥に弱い五臓の「肺」という仕組みがあります。 中医学では「肺」は呼吸器関係そのものだけでなく、体のバリア機能や水巡りともかかわると言われています。 また、体の機能を保ったり巡りを担当する体の構成要素の一つ「気血津液」の「気」を作る働きも担っています。 「 ...

ReadMore

仕組み作りセミナー

お知らせ 募集中講座 活動報告

2021/10/9

「薬膳講師の仕事を軌道に乗せるブログやSNSの仕組み作り基本セミナー」開催しました

      いつもありがとうございます。 10月7日(木)にオンライン(zoom)にて『薬膳講師の仕事を軌道に乗せるためブログやSNSの仕組み作り基礎セミナー』を開催いたしました。 現役薬膳講師の方だけでなく、食に関するお仕事の方、数秘講師の方の3名様がご参加くださり、お一人は録画受講でしたのでセミナー終了後に録画をお送りしました。     セミナー受講者のご感想 「もっと早く知っておけばよかった。」 「自己流には限界がある。変わらない理由が分かった。」 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

森澤孝美

「なかったことにする薬膳」と「簡単エイジングケア薬膳」でアラフィフをサポートする簡単エイジングケア薬膳講師。お惣菜でも外食でも選び方の理論が分れば薬膳になる。レシピが無くてもコツを掴んで実践できるとご好評。個人セッションも受付中。 薬膳食療法専門指導士。中医学と薬膳を学んだ後、多忙で食事が手作りできない人でも取り入れられる簡単エイジングケア薬膳講座を展開。日本全国より受講される。

-ブログ, メニュー, 食材
-, , ,

© 2021 エイジングケア簡単薬膳講師 森澤孝美 なかったことにする薬膳