ブログ

いちじくを料理に使う時、なぜ肉料理が多いのか?その理由

2020年10月1日

秋が旬のフルールといえば、梨・いちじく・ぶどう・柿などでしょうか?

薬膳の本場、中国ではスープに梨を入れてエキスを煮出したり、韓国では、肉を焼く前にすりおろした梨に漬け込んでから焼くのを料理番組で見たことがあります。

日本人の私たちは、料理にフルーツを使うより、フレッシュな状態で食べたいと思いますが、フルーツの効能を知るとフレッシュで食べるだけでなく、
料理に使うことは理にかなっていると感じます。

熟し過ぎて、ドロドロになったいちじくはどうしていますか?

ジャムにする?そのままスプーンなどで食べる?

 

いちじくを肉料理に使うと、肉が柔らかくなります

 

熟し過ぎてドロドロになったいちじくは、ぜひ肉の煮込みに使ってください。

鶏手羽先の黒酢煮にいちじくを

鶏手羽先の黒酢煮にいちじくとなつめを入れて煮ています。

トロトロで美味しく、骨からもエキスが出て美容と健康の両方に効果があります。

もしくは、すりおろした梨と同じようにいちじくを潰して肉を漬け込んでから焼いても良いです。

これは、いちじくの持つ消化酵素で肉の脂肪やたんぱく質を分解するためです。

分解するということは、消化が良くなるということ。柔らかくなるし消化が良くなる。

そのため、消化器系が弱い日本人の体質的には、フルーツもこういう使い方をして欲しいのです。

煮込みに使わなくても、肉を焼いた時のソースにいちじくを入れても同じです。
ただ、この時は漬け込んだり一緒に煮こむ時のように、肉は柔らかくはなりませんのであしからず。

いちじくを使った料理の薬膳的効能も肉を消化良く食べるためです

 

薬膳的言うと、いちじくには他の秋のフルーツ同様にまず潤わせる効能があります。

他にも、いちじくの効能には消化不良の改善や便秘や下痢の改善や予防があります。

現代栄養学では、「消化酵素が含まれているから」という理由からいちじくは脂肪やたんぱく質、でんぷんを分解して食べ物の消化を促進するとなりますが、

薬膳では、いちじくには胃腸機能を高めるという大まかな効能があると言われているのです。

成分で言うか、成分まではわからなくてもその食材の効能がそういう性質であると言うか。

現代栄養学と薬膳で言っていることは、結局同じ。そういうことが殆どです。

 

いちじくを使うと砂糖を使う量が減らせることも肉料理に使われる理由です

 

いちじくなどのフルーツは料理に使われると、甘みを補うことができます。

昔からカレールーにもリンゴが使われていますよね?日本人ならよく見聴きしていたあのCMでも言っています。

料理の隠し味として砂糖を使うことは多々あります。ミートソースだって少し砂糖を加えたほうが味に奥行きが出るのでイタリア人も砂糖をほんの少し入れます。

もともと日本人は醤油と砂糖の甘じょっぱい味が好きなので、砂糖を入れる代わりにフルーツを使えば肉は柔らかくなり消化が良くなるだけでなく、
砂糖を使う量も減らせるのです。

 

まとめ いちじくを料理に使う時、なぜ肉料理が多いのか?

 

いちじくを料理に使う時、肉料理が多い理由は、いちじくの持つ消化酵素で肉が柔らかくなるからです。

薬膳的にも、現代栄養学的にも肉が柔らかくなるということは消化が良くなり胃腸への負担が軽くなるということです。

その上、砂糖を使う量も減らせると言うメリットがあります。

このような理由から、いちじくは肉料理に使われることが多いのです。

これから、熟し過ぎてドロドロになったいちじくはジャムにするだけでなくぜひ肉料理に使ってください。

肉が格段に美味しくなります。そして胃もたれしにくく栄養として吸収されやすくなります。
いちじくはフレッシュな状態かドライフルーツかジャムという先入観を捨てることも大切ですね。

鶏手羽の黒酢煮

塩コショウした鶏手羽先10個、紫玉ねぎスライス1個分、醤油、みりん、日本酒、なつめ2個、いちじく3個を圧力鍋に入れ、ひたひたの水を加えて20分圧力をかけて煮る。
シューシュー言ってきたら、弱火にして10分。火を止めて自然に圧力が抜けるまで放置したら完成。

 

 

【関連記事】

秋のフルーツといえば?体調に合わせた薬膳的な選び方

体質的に食べない方が良いものを、たまに食べてもなかったことにできる薬膳の知恵が学べる無料メール講座配信中

 

お知らせ 活動報告

2024/5/16

【活動報告】体面でランチ付きみそ玉作りワークショップ開催

  2024年5月8日(水)に京都の二条城近くにあるレンタルスペースFRIEDENさんをお借りして、ランチ付きの『エイジングケアの美素玉作りワークショップ』を開講しました。 60分のレクチャーと45分のみそ玉作りです。 ワークショップ終了後は、オーガニックの材料を使ったランチを楽しんでいただきました。     レシピと作り方ならネットで調べたらすぐ出て来ます。 誰でもみそ玉ができますが、私がお伝えするみそ玉は、使う素材の性質や効能を薬膳で考えた「エイジングケアの美素玉」です。 ...

ReadMore

お知らせ プロ向け 活動報告

2024/4/30

【活動報告】第3期薬膳ヘルスビューティケアアドバイザー講座(アドバンス)全12回終了

偶然にも横浜で活動されるお二人が受講された『薬膳ヘルスビューティーケアアドバイザー認定講座(アドバンス全12回)』が終了しました。     『薬膳ヘルスビューティケアアドバイザー認定講座』はベーシック全7回とアドバンス全12回(事例検討会12回を含む)より構成されていて、それぞれのコースが終了された後、認定テストに合格されると、『薬膳ヘルスビューティケアアドバイザー』と『薬膳ヘルスビューティケアアマスターアドバイザー』に認定させていただきます。   この講座を受講されるのは、 ...

ReadMore

お知らせ 活動報告

2024/4/28

特別勉強会 3回目の「日本の食と日本人の健康を考えてみよう会」開講しました

2024年2月から月に一度のペースで外部講師をお招きして行っている『日本の食と日本人の健康を考えてみよう会』も4月22日(月)に3回目を迎えました。     3回目は農薬とは?から、遺伝子組み換えのメリットとリスク、ゲノム編集のメリットとデメリット、食品添加物と広範囲に渡りました。 農薬についてだけでもこれだけあります。  ・農薬の分類 ・農薬の使用目的 ・農薬の剤型 ・日本での農薬の現状と世界との比較 ・WHOで発がん性と示した農薬   体を作る食材の事を知らなければ選ぶ基 ...

ReadMore

お知らせ 中医学 活動報告 薬膳

2024/4/28

【活動報告】対面にて最短で基礎が学べる「きちんとわかる薬膳の基礎(全五回)」を開講しました

  2024年4月20日、21日の2日間で『きちんとわかる薬膳の基礎(全五回)』を対面にて開講しました。 4名の方が受講され、二日間で薬膳を始めるための中医学の基礎から食材の選び方、食材事典の読み方を学ばれました。 過去に、独学で学ばれたことがある方や単発で何度か他の方から学ばれたことがある方もいらっしゃいました。 日本人になじみがあるのは明治以降にオランダやドイツから入って来た西洋医学の考え方で、東洋医学の陰陽のバランスの取り方などの概念はあまり浸透していません。 そのため、これを本で学んだり ...

ReadMore

お知らせ 受講後の感想 活動報告

2024/4/22

【活動報告】怪しくない!面白い!東洋医学を実践するための気の話を開講しました

2024年4月24日(水)に二回目となる『怪しくない!面白い!東洋医学を実践するための気の話』を開講しました。     薬膳の基になる中医学では体の構成要素を「気・血・津液」の3つだと言います。   その中の「気」は元気、やる気、勇気など普段使っている言葉でも何となくは感じるもののハッキリとわかりにくいと誰もが思うものです。   そこで「気」にフォーカスして「気」とは一体どんなものなのか?をお伝えする講座となりました。   中国では日本の縄文時代以前から「 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

森澤孝美

「なかったことにする薬膳」と「簡単エイジングケア薬膳」でアラフィフをサポートする簡単エイジングケア薬膳講師。お惣菜でも外食でも選び方の理論が分れば薬膳になる。レシピが無くてもコツを掴んで実践できるとご好評。個人セッションも受付中。 薬膳食療法専門指導士。中医学と薬膳を学んだ後、多忙で食事が手作りできない人でも取り入れられる簡単エイジングケア薬膳講座を展開。日本全国より受講される。

-ブログ
-, , ,

© 2024 モーリー薬膳ラボ 簡単エイジングケア薬膳講師 森澤孝美 なかったことにする薬膳