ブログ

葛根湯はいつ飲むかを知っておすすめの食べ物でもケアしよう

2021年10月23日

 

葛根湯は効かない?

 

よく、葛根湯は効かないと言われていますがそれは飲むタイミングを間違えているからです。

2021年の関西では木枯らし一号が観測史上最も早く10月23日に吹きました。

そこまで寒くなるとは思わずに薄着で外出してしまったり、日中は温かかったのに夕方頃から寒くなって体が冷えてしまうことがありますね。

肩甲骨の間がゾクゾクして、「風邪ひいたかも?」という時です。

そんな時に直ぐに飲むと良いのが葛根湯です。

急に寒くなって来たので、風邪をひいてしまった人もいるのではないでしょうか?

もし、すでに熱っぽさを感じたり喉が痛いなどの症状が出ていたら葛根湯の出番ではないのです。

 

葛根湯はいつ飲むか?バッグに入れて持ち歩く薬

葛根湯の中に入っているのは、

■麻黄・桂皮・生姜(まおう・けいひ・しょうきょう)
■葛根(かっこん)
■芍薬(しゃくやく)
■甘草・大棗(かんぞう・たいそう)

です。
これらはいわゆる生薬と言われるもので自然の中に生えたりなっている植物の実、根、樹皮などを乾燥させたもの。

体を温めて発汗させる作用を持つ麻黄・桂皮・生姜と、体の内部の熱を冷ましながら発汗を促す葛根が入っているのが特徴です。

発汗させるのがポイントですね。

なので、葛根湯はゾクッとして汗が出ていない風邪のごく初期に飲む薬なのです。

麻黄の発汗作用は強いので、発汗によって体力を使うことから「体力がある人向け」とされています。

 

葛根湯

ドラッグストアには各社の葛根湯があります。左端が葛根湯。

 

ゾクッとしたらすぐ飲む。

そういう意味では、これからの季節にバッグに常に携帯して、寒さを感じたらすぐに飲み早く家に帰ります。

布団をかぶって汗をかきやすくすることで早く風邪を追い出すことができると考えるのです。

 

これを知らなかった頃、葛根湯を2~3日飲み続けても、全く効かなかったので「漢方薬は効き目がマイルドだから効かない。」と勝手に思っていました。

大きな間違いですね。

 

 

もし葛根湯がなかった時はこんな食べ物がおすすめ

ですが、葛根湯を持っていない場合や家にも無くドラッグストアも閉まっていた時、家に帰ったらすぐに飲むことをおすすめするのは、シナモンやショウガの入ったくず湯です。

葛根湯の原料には、食材としてよく知られているものも含まれます。

桂皮はシナモン、生姜はショウガ、葛根はくず粉、大棗はなつめといった具合です。

これらを使って、くず湯を作れば葛根湯のように体を温めて汗をかくことができるからです。

 

くず粉

奈良県宇陀市の本くず粉

 

 

くず粉は馬鈴薯でんぷんではなく、本くず粉を使います。
冬になると、ショウガパウダーや砂糖入りのくず湯の素も売られているので、準備しておいても良いですがその際できるだけ本くず粉の割合が多いものがおすすめです。

くず粉が入っていても、馬鈴薯でんぷんなど他のでんぷんが加えられているものもあるのでパッケージの原材料をよく見て購入してください。

 

 

葛根湯のような葛湯の作り方

材料 出来上がり150cc分

■本くず粉 15g
■水   150cc
■シナモンパウダー 一振り分
■おろしショウガ(チューブの生姜でもよい2㎝程度)
■はちみつ 適宜

 

作り方

1.鍋に本くず粉と水を入れてあらかじめ混ぜておく。

2.1におろしショウガを加えて弱火にかけ木べらなどでかき混ぜる。

3.色が透明になり粘度が付いてきたらはちみつを入れて完成。

4.最後にシナモンパウダーを振っていただきます。

 

作り方のポイント

葛粉は水としっかり馴染んでいないと、ダマになりやすいので他の材料をそろえる前に、鍋に水と一緒に入れて先に混ぜておきましょう。

弱火でゆっくりとよく練るとなめらかな仕上がりになります。

 

 

まとめ

葛根湯は効かない薬ではなく、効かないと感じるのは飲むタイミングが間違っているからです。

葛根湯は、ゾクっとしたらすぐに飲む風邪の初期の薬なので、外出先でも飲めるようバッグに入れておくと良い薬です。

もし葛根湯が無かったら、家にある食材で葛湯を作って飲むことをおすすめします。

ですが薬ではないので、一晩寝ても良くならない場合は風邪以外の病気の可能性を考えて診察を受けて下さい。

また、葛根湯は、体力があり風邪の初期で汗が出ていない人向けの漢方薬です。
体質やその時他に飲んでいる薬との兼ね合いもありますので服用する時は医師か薬剤師にご相談ください。

 

【関連記事】

乾燥には食べ物でもケア?乾燥対策におすすめの秋から冬の味覚

 

【参考】

自然と健康を科学するツムラ

 

体質的に食べない方が良いものを、たまに食べてもなかったことにできる薬膳の知恵が学べる無料メール講座配信中

 

お知らせ 活動報告

2024/5/16

【活動報告】体面でランチ付きみそ玉作りワークショップ開催

  2024年5月8日(水)に京都の二条城近くにあるレンタルスペースFRIEDENさんをお借りして、ランチ付きの『エイジングケアの美素玉作りワークショップ』を開講しました。 60分のレクチャーと45分のみそ玉作りです。 ワークショップ終了後は、オーガニックの材料を使ったランチを楽しんでいただきました。     レシピと作り方ならネットで調べたらすぐ出て来ます。 誰でもみそ玉ができますが、私がお伝えするみそ玉は、使う素材の性質や効能を薬膳で考えた「エイジングケアの美素玉」です。 ...

ReadMore

お知らせ プロ向け 活動報告

2024/4/30

【活動報告】第3期薬膳ヘルスビューティケアアドバイザー講座(アドバンス)全12回終了

偶然にも横浜で活動されるお二人が受講された『薬膳ヘルスビューティーケアアドバイザー認定講座(アドバンス全12回)』が終了しました。     『薬膳ヘルスビューティケアアドバイザー認定講座』はベーシック全7回とアドバンス全12回(事例検討会12回を含む)より構成されていて、それぞれのコースが終了された後、認定テストに合格されると、『薬膳ヘルスビューティケアアドバイザー』と『薬膳ヘルスビューティケアアマスターアドバイザー』に認定させていただきます。   この講座を受講されるのは、 ...

ReadMore

お知らせ 活動報告

2024/4/28

特別勉強会 3回目の「日本の食と日本人の健康を考えてみよう会」開講しました

2024年2月から月に一度のペースで外部講師をお招きして行っている『日本の食と日本人の健康を考えてみよう会』も4月22日(月)に3回目を迎えました。     3回目は農薬とは?から、遺伝子組み換えのメリットとリスク、ゲノム編集のメリットとデメリット、食品添加物と広範囲に渡りました。 農薬についてだけでもこれだけあります。  ・農薬の分類 ・農薬の使用目的 ・農薬の剤型 ・日本での農薬の現状と世界との比較 ・WHOで発がん性と示した農薬   体を作る食材の事を知らなければ選ぶ基 ...

ReadMore

お知らせ 中医学 活動報告 薬膳

2024/4/28

【活動報告】対面にて最短で基礎が学べる「きちんとわかる薬膳の基礎(全五回)」を開講しました

  2024年4月20日、21日の2日間で『きちんとわかる薬膳の基礎(全五回)』を対面にて開講しました。 4名の方が受講され、二日間で薬膳を始めるための中医学の基礎から食材の選び方、食材事典の読み方を学ばれました。 過去に、独学で学ばれたことがある方や単発で何度か他の方から学ばれたことがある方もいらっしゃいました。 日本人になじみがあるのは明治以降にオランダやドイツから入って来た西洋医学の考え方で、東洋医学の陰陽のバランスの取り方などの概念はあまり浸透していません。 そのため、これを本で学んだり ...

ReadMore

お知らせ 受講後の感想 活動報告

2024/4/22

【活動報告】怪しくない!面白い!東洋医学を実践するための気の話を開講しました

2024年4月24日(水)に二回目となる『怪しくない!面白い!東洋医学を実践するための気の話』を開講しました。     薬膳の基になる中医学では体の構成要素を「気・血・津液」の3つだと言います。   その中の「気」は元気、やる気、勇気など普段使っている言葉でも何となくは感じるもののハッキリとわかりにくいと誰もが思うものです。   そこで「気」にフォーカスして「気」とは一体どんなものなのか?をお伝えする講座となりました。   中国では日本の縄文時代以前から「 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

森澤孝美

「なかったことにする薬膳」と「簡単エイジングケア薬膳」でアラフィフをサポートする簡単エイジングケア薬膳講師。お惣菜でも外食でも選び方の理論が分れば薬膳になる。レシピが無くてもコツを掴んで実践できるとご好評。個人セッションも受付中。 薬膳食療法専門指導士。中医学と薬膳を学んだ後、多忙で食事が手作りできない人でも取り入れられる簡単エイジングケア薬膳講座を展開。日本全国より受講される。

-ブログ
-, , ,

© 2024 モーリー薬膳ラボ 簡単エイジングケア薬膳講師 森澤孝美 なかったことにする薬膳