ブログ 中医学

秋に便秘になる人のタイプ別おすすめ食材

2020年10月25日

秋が進んでくると空気の乾燥も進みます。
お肌の乾燥だけでなく、喉、唇、鼻など粘膜の乾燥も感じるようになります。

そして、気づけば便秘になっていませんか?

夏は冷たいものの飲みすぎ食べ過ぎでお腹を壊すケースが多い季節ですが、秋は便秘になりやすくなります。

でも、一言で便秘と言っても原因はいろいろあります。ここでは、便秘を中医学の視点から分けてタイプ別おすすめ食材をお伝えします。

 

秋に便秘になる人の症状の特徴

●パワー不足・エネルギー不足(気虚)・・・排便時、力むと息が切れる。排便後に疲労感を感じる。
これは、主に胃腸に当たる五臓の「脾」と「肺」のエネルギー不足です。「肺」と「大腸」は表裏関係にあるため、秋は乾燥から「肺」が弱りやすく
「肺」が弱ると「大腸」も乾燥して便秘になります。
「脾」のパワーが落ちると腸の蠕動運動が低下して、便が腸に停滞することで便秘になりますが、この時「脾」のパワー不足が強いと脱肛も起こりやすいと言われます。
慢性疾患や手術・出産などで気虚が強いと便秘になりやすくなります。

●血の不足(血虚)・・・うさぎの糞のようなコロコロで硬い便。
中医学で血とは血液だけでなく含まれる栄養や酸素なども含みます。血も液体なので、血の不足があると体の中が乾燥して便秘になると考えます。
生理期間中の一時的な便秘や、産後の便秘もこれに当たります。

●不要なものを溜め込んでいる・熱体質(痰湿)・・・便の臭いがキツイ。出ても便器にこびりついて一度できれいに流れない。
アルコールや砂糖を使った甘いもの、脂っぽいもの、辛いものの過食により胃腸に熱がこもって、熱により必要な水分が減少します。
大腸に熱が溜まると大腸が乾燥して便秘になります。

●ストレスを溜めている(気滞)・・・下痢と便秘を繰り返す。日ごろからゲップやガスが出やすい。
ストレスで「気」の巡りが滞ると胃腸の働きが弱って便秘になります。消化吸収担当の「脾」と表裏関係にあるのが「胃」。
胃は飲食物を下に下ろすのが仕事なのに、気が巡らなくなると下に下ろせなくなって便秘になります。
これは、精神的な緊張や環境の変化で良く起こりやすい便秘です。環境の変化と言えば旅行先で便秘になるのがこの状態です。

また、秋になると乾燥から弱りやすい「肺」と表裏関係に当たるのが「大腸」だと言いましたが、「肺」の気が巡らなくなると咳や喘息になります。
このような状態だと大腸の気も流れなくなり便秘が起ることがあります。

●冷えによる(陽虚)・・・もともと冷え性だと体外からの栄養を受けやすく、特に寒いと便が硬く滞る。
加齢により体を温める力が弱ると、トイレの回数が増えてカラダが乾燥することで便秘になりやすくなります。

●潤い不足(陰虚)・・・体の潤い不足。腸が乾燥して便秘になる。口が乾いたり、カラ咳が出る。
同時にのぼせ、火照り、寝汗など更年期の不定愁訴も起こりやすくなります。また発熱の後など体内の潤いが減ったことによる大腸の乾燥でも便秘になります。
また激しく下痢をしたり、汗をかき過ぎた後の便秘もこのタイプです。

 

便秘のタイプ別おススメ食材

●パワー不足タイプ・・・豆類・芋類・とうもろこし・雑穀米などで「気」を補う食材を温かく消化の良い調理法で食べます。

●血の不足・・・牛肉の赤身・マグロやカツオなどの赤身の魚・イカ・タコ・黒豆・黒きくらげ・にんじん・ほうれん草・小松菜などの血を増やす食材を食べます。

●不要なものを溜め込んでいる・熱を溜めている・・・豆腐・緑豆もやし・アスパラガス・ごぼう・瓜類・海藻類などカラダを冷やしながら繊維質で絡めて体の外へ出す食材を。

●ストレスを溜めている・・・玉ねぎ・セロリ・柑橘系のフルーツ・ジャスミン茶・桂花茶・ローズティー・三つ葉・紫蘇・ハーブ類など香りの良いのを。

●冷えによる・・・ニラ・ネギ・にんにく・らっきょう・海老・マグロ・羊肉などカラダを温める性質の食材を温かい調理法で。冷飲食は特に避けましょう。
カフェインは利尿作用が高いのでカフェインの摂り過ぎにも注意。

●潤い不足・・・山芋(長芋)・白きくらげ・イカ・牡蠣・貝類・豚肉・鴨肉などの潤わせる食材とシーフードを蒸したりスープやお鍋など出汁も摂れる調理法で。

 

秋に便秘になる人のタイプ別おススメ食材 まとめ

秋は季節の特徴として乾燥が進むため、乾燥が体に影響して必要な水分不足になりがちです。

一言で便秘と言っても原因の違いから、元の状態に戻すためのおすすめ食材が違います。

便秘の原因で考えなければならないのは、五臓の「脾」と「肺」です。「脾」は消化吸収だけでなく排泄も担当しているからです。

人の体は必要な栄養は無駄なく吸収し、不要なものはしっかり出せなければなりません。

だから「脾」をいつでもケアし、大腸と表裏の関係にある「肺」を乾燥させないように特に潤わせる食材を意識して摂ることと、女性は潤いとしての「血」を増やす食材も同時に意識して摂ります。

脾を弱らせないように、アルコールや砂糖を使ったもの、脂っこいものの過食は避けて必要以上に辛いものを食べて体を乾かさないようにしましょう。

 

【関連記事】

甘いもの好きな人の特徴から不調を予防する

ストレス解消によい飲み物の選び方

 

 

 

 

 

体質的に食べない方が良いものを、たまに食べてもなかったことにできる薬膳の知恵が学べる無料メール講座配信中

 

お知らせ 活動報告

2024/5/16

【活動報告】体面でランチ付きみそ玉作りワークショップ開催

  2024年5月8日(水)に京都の二条城近くにあるレンタルスペースFRIEDENさんをお借りして、ランチ付きの『エイジングケアの美素玉作りワークショップ』を開講しました。 60分のレクチャーと45分のみそ玉作りです。 ワークショップ終了後は、オーガニックの材料を使ったランチを楽しんでいただきました。     レシピと作り方ならネットで調べたらすぐ出て来ます。 誰でもみそ玉ができますが、私がお伝えするみそ玉は、使う素材の性質や効能を薬膳で考えた「エイジングケアの美素玉」です。 ...

ReadMore

お知らせ プロ向け 活動報告

2024/4/30

【活動報告】第3期薬膳ヘルスビューティケアアドバイザー講座(アドバンス)全12回終了

偶然にも横浜で活動されるお二人が受講された『薬膳ヘルスビューティーケアアドバイザー認定講座(アドバンス全12回)』が終了しました。     『薬膳ヘルスビューティケアアドバイザー認定講座』はベーシック全7回とアドバンス全12回(事例検討会12回を含む)より構成されていて、それぞれのコースが終了された後、認定テストに合格されると、『薬膳ヘルスビューティケアアドバイザー』と『薬膳ヘルスビューティケアアマスターアドバイザー』に認定させていただきます。   この講座を受講されるのは、 ...

ReadMore

お知らせ 活動報告

2024/4/28

特別勉強会 3回目の「日本の食と日本人の健康を考えてみよう会」開講しました

2024年2月から月に一度のペースで外部講師をお招きして行っている『日本の食と日本人の健康を考えてみよう会』も4月22日(月)に3回目を迎えました。     3回目は農薬とは?から、遺伝子組み換えのメリットとリスク、ゲノム編集のメリットとデメリット、食品添加物と広範囲に渡りました。 農薬についてだけでもこれだけあります。  ・農薬の分類 ・農薬の使用目的 ・農薬の剤型 ・日本での農薬の現状と世界との比較 ・WHOで発がん性と示した農薬   体を作る食材の事を知らなければ選ぶ基 ...

ReadMore

お知らせ 中医学 活動報告 薬膳

2024/4/28

【活動報告】対面にて最短で基礎が学べる「きちんとわかる薬膳の基礎(全五回)」を開講しました

  2024年4月20日、21日の2日間で『きちんとわかる薬膳の基礎(全五回)』を対面にて開講しました。 4名の方が受講され、二日間で薬膳を始めるための中医学の基礎から食材の選び方、食材事典の読み方を学ばれました。 過去に、独学で学ばれたことがある方や単発で何度か他の方から学ばれたことがある方もいらっしゃいました。 日本人になじみがあるのは明治以降にオランダやドイツから入って来た西洋医学の考え方で、東洋医学の陰陽のバランスの取り方などの概念はあまり浸透していません。 そのため、これを本で学んだり ...

ReadMore

お知らせ 受講後の感想 活動報告

2024/4/22

【活動報告】怪しくない!面白い!東洋医学を実践するための気の話を開講しました

2024年4月24日(水)に二回目となる『怪しくない!面白い!東洋医学を実践するための気の話』を開講しました。     薬膳の基になる中医学では体の構成要素を「気・血・津液」の3つだと言います。   その中の「気」は元気、やる気、勇気など普段使っている言葉でも何となくは感じるもののハッキリとわかりにくいと誰もが思うものです。   そこで「気」にフォーカスして「気」とは一体どんなものなのか?をお伝えする講座となりました。   中国では日本の縄文時代以前から「 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

森澤孝美

「なかったことにする薬膳」と「簡単エイジングケア薬膳」でアラフィフをサポートする簡単エイジングケア薬膳講師。お惣菜でも外食でも選び方の理論が分れば薬膳になる。レシピが無くてもコツを掴んで実践できるとご好評。個人セッションも受付中。 薬膳食療法専門指導士。中医学と薬膳を学んだ後、多忙で食事が手作りできない人でも取り入れられる簡単エイジングケア薬膳講座を展開。日本全国より受講される。

-ブログ, 中医学
-, ,

© 2024 モーリー薬膳ラボ 簡単エイジングケア薬膳講師 森澤孝美 なかったことにする薬膳