お知らせ 活動報告 講座開催

「男性更年期と薬膳~自分のため・パートナーのため・みんなのために」を開講しました

 

3月8日(火)に『男性更年期と薬膳講座~自分のため・パートナーのため・みんなのために』をオンラインで開講 しました。

 

男性更年期スライド

 

 

講座の副題を『家庭円満のために知っていて損はない』『自分のため・パートナーのため・みんなのため』としました。
そこには、次のような現実と男性更年期は女性更年期同様に家庭や社会でも認識して行かなければならないものだとの思いがあるからです。

 

・男性更年期は本人がその存在を分かっていないことが多い。
・知らないがゆえに自分の心身の変化に本人が戸惑っている。
・男は強いことに価値があると言う子どもの頃からの擦り込みのため誰にも弱音を吐けない。
・生活習慣病の原因が男性更年期と関係することに気づいていないケースがある。
・メンタルの不調を更年期と切り離してかんがえてしまうケースがある。
・若い頃と性格が変わってしまい、パートナーだけでなく子供たちからも距離をおかれる。
・家庭内だけでなく外出先で他人に対する行動にも表れることがある。
・高齢化社会の中、定年の延長や年金受給年齢の変更などから、心身の状態が優れなくても働かなければならない状況の可能性。

 

今まで家族のために働いてきたのに、パートナーである妻だけでなく子供たちからも距離をおかれて実質独りぼっちだとか、直ぐにキレるそのポイントが家族に分からない、家庭内だけでなく外出先でもすぐに怒ってしまうなどが現実として起こり得ます。

熟年離婚という言葉がクローズアップされた背後には男性更年期もあったかもしれません。

 

社会はどんどん高齢化して行きますし、その上この二年間で国もかなりの予定外の支出がありました。
企業の定年が延長され、年金受給年齢も先延ばしになるといつまでも元気に働かなければならない世の中になるかもしれないのです。

 

2013年、「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律(高年齢者雇用安定法)」が改定されました。
ここでは、定年を60歳から65歳に引き上げる法整備が行われ、継続雇用制度の経過措置が取られていますが2025年4月から全ての企業に適用されます。

 

この背景には、少子高齢化による労働力不足や、年金の財源確保の困難さ、健康寿命のが延びて働く意欲のある高齢者の増加などがあります。
けれども、誰もが若い時同様に健康かつ意欲を持って働く訳ではなく、働き続けざるを得ないケースもあるのが予測できます。

 

健康管理が本人や家庭だけの問題ではなく、企業や社会全体で取り組む時代になりつつありますが、その中に男性更年期も含めて考えて行かなければならないのです。

 

現代医学(西洋医学)でわかっている男性更年期を中医学の視点から捉え薬膳に落とし込む

現代医学(西洋医学)では男性更年期は男性ホルモン(テストステロン)が減少することが原因と分かっています。

ホルモンの存在が分かっていなかった大昔から培われて来た中医学の考え方にも男性更年期はあります。

 

男性更年期を考える時、忘れてはならないのは女性は「肝」に左右されるのに対して男性は「腎」に左右されるということ。

女性でも男性でも老化は腎の衰えと言うのは同じですが、女性が「血(けつ)」と関わる「肝」がカギなのに対して、男性は「腎」なのです。

 

女性は7の倍数、男性は8の倍数と言われる体の変化は中医学では五臓の「腎」の成長と老化を表す年代別の変化。

これを折れ線グラフのようにすると、女性も男性もそれぞれ女性ホルモン(エストロゲン)男性ホルモン(テストステロン)の変化のグラフとほぼ同じ形状になります。

 

「腎」の働きは中医学基礎理論でお伝えする部分ですが、腎がどんな働きを担当するシステムなのかを具体的な事象と照らし合わせることで、男性更年期を中医学的に分類することが可能です。

「腎」の衰えはベースですが、それ以外の五臓も絡んでくるためです。

分類ができたら、薬膳に落とし込んで行きます。つまり、おすすめ食材をピックアップして行くのです。

 

男性更年期か別の病気かを知り包括的に対応をする

男性更年期には生活習慣病やメンタル的な症状が伴います。

その症状が男性更年期なのか、単独の病気なのかはまず自分でできるセルフチェックシートを使います。

これは、国際的に汎用されている17項目のチェックシートで講座の中ではこのシートのご紹介と、シートのチェック結果37点以上の場合は一度専門外来に行くことをおすすめしました。

保険適用になる男性ホルモン(テストステロン)補充療法や、男性更年期の分類ごとの漢方薬とおすすめ食材、そして、適度な運動とテストステロンを増やす家族がお金をかけずにできる方法。

事前に知っておくことで、その時できる選択肢が広がります。

 

男性のパートナーである自分のため(イライラされたり当たられないように)、パートナー本人のため(自ら更年期と認めない、男性更年期を知らない)、社会全体のためにも男性更年期を知ることは大切です。

 

受講いただいた皆さんも、若い時とは変わってもご主人を受け止めることや声かけ、一つの方法だけでなく食事(薬膳)も含めた複数の方法に取り組むとご感想を下さいました。

 

男性更年期と薬膳講座オンライン

家庭でも企業でも知ること、対応を考えて行く時代ですね。
ご受講くださった皆さん、ありがとうございました。

 

 

体質的に食べない方が良いものを、たまに食べてもなかったことにできる薬膳の知恵が学べる無料メール講座配信中

 

パートの昼休み時間が短い

ブログ 時事

2022/9/14

パートの昼休み時間が短い人におすすめの昼食

    昼休み時間が短いパートでも、工夫次第で栄養が摂れます。 家に帰っても食欲がなく何も食べなかったり、逆にお菓子の一気食いを招いてそれが積み重なることの不調は簡単に飲食できるもので。 主食・主菜・副菜のルールを基本に考えるおすすめ補助食のご紹介です。   正社員であれば昼休みの休憩時間は1時間が一般的です。 ですが、小学生のお子さんが学校から帰る時には家にいてあげたいと言う理由から、パートを選ぶ女性も少なくありません。 パート主婦の目的の多くが子供の塾代。 子育てで一番お ...

ReadMore

秋の薬膳講座開講しました

お知らせ 活動報告

2022/8/27

「秋の薬膳講座」を開講しました~季節の薬膳講座(全五回)」より

    8月26日(金)にオンライン(zoom)にて「季節の薬膳(全五回)」の「秋の薬膳講座」を開講しました。 この講座はどの季節からでも受講いただけるため、定員の設定はありません。 期を決めていないので、基礎講座の「きちんとわかる薬膳の基礎(全五回)」を受講されているか、中医学の基礎が分かっている方に、どの季節からでも受講いただけるようにしています。   季節の薬膳の実践は先取りで始める どの季節にも言えることですが、季節ごとに暑さや寒さ、湿気や乾燥などの特徴があります。 ...

ReadMore

モーリー薬膳ラボ 新規講座開催報告

お知らせ 講座開催

2022/8/26

「女性にありがちな不調ケーススタディ薬膳(全12回)始まりました

    7月31日より、「女性にありがちな不調ケース薬膳(全12回)が始まりました。 一回目は、舌の大きさや色、表面の状態、苔などを観察して体に起こっていることを知る舌診。 8月23日の二回目は、[頭痛と薬膳]で、頭痛の原因を中医学で分類し、それに対応する食材や料理に落とし込みました。 今期は少人数での開催なので、その都度分からないところには立ち止まってお答えしています。   「きちんとわかる薬膳の基礎(全五回)」で学んだ中医学の基礎理論を使って実際にありがちなケースを中医学 ...

ReadMore

土用の丑の日に参鶏湯を食べる会開催

イベント お知らせ 活動報告

2022/8/13

『土用の丑の日に参鶏湯を食べる会』を開催しました

先日の土用の丑の日に、東京の新大久保にて『土用の丑の日に参鶏湯を食べる会』を開催しました。 韓国のり。カクテキ・キムチが付きます。 日本では、土用の丑の日に「う」の付くものを食べるといいと言われ、その代表がうなぎですね。 ですが、日本の夏の特徴や日本人の多くの体質的には、現在主流の養殖鰻や海外産の鰻の脂があまりおすすめではない場合があります。   韓国では、「伏日(ポンナル)」という日本でいう土用の丑の日のような日に、参鶏湯を食べる習慣があります。 誰でも、真夏の暑さに消化器系を弱らせず、スタミ ...

ReadMore

夏季休業のお知らせ

お知らせ

2022/7/25

夏季休業のお知らせ

いつもありがとうございます。 モーリー薬膳ラボ代表、簡単エイジングケア薬膳講師の森澤孝美です。 誠に勝手ながら2022年の夏季休業を下記の通りとさせていただきます。 夏季休業期間:2022年8月4日(木)~2022年8月8日(月) この期間のお問い合わせフォーム、メール、DMからのお問合せにつきましては、8月9日(火)以降に返信させていただきます。 ご不便お掛けいいたしますが何卒よろしくお願い申し上げます。 上記以外は通常営業とさせていただきます。  

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

森澤孝美

「なかったことにする薬膳」と「簡単エイジングケア薬膳」でアラフィフをサポートする簡単エイジングケア薬膳講師。お惣菜でも外食でも選び方の理論が分れば薬膳になる。レシピが無くてもコツを掴んで実践できるとご好評。個人セッションも受付中。 薬膳食療法専門指導士。中医学と薬膳を学んだ後、多忙で食事が手作りできない人でも取り入れられる簡単エイジングケア薬膳講座を展開。日本全国より受講される。

-お知らせ, 活動報告, 講座開催
-, , ,

© 2022 モーリー薬膳ラボ 簡単エイジングケア薬膳講師 森澤孝美 なかったことにする薬膳