アンチエイジング薬膳 薬膳講師森澤孝美

スーパーフード ブログ 五臓 食材

チョコレートが止められない人はこれに気をつけると止めなくても良い

チョコレート好きな人は多いですね。

仕事の疲れを癒したり、楽しいお喋りのお伴としてチョコレートは人気です。
でも、チョコレートが止められないと罪悪感を持っている人がいます。

チョコレートはなぜ止められないのでしょう?
本当にチョコレートは止めた方がよいのでしょうか?

あることに気をつければチョコレートは止める必要はありません。
それどころか、食べることをおすすめしたいほどです。

ここでは、チョコレートが止められない人が気をつければ、食べることを止めなくても良いポイントを書きます。

 

 

なぜチョコレートが止められないのでしょうか

普段食べているチョコレートの材料を見たことがありますか?

原材料は多く使われているものから順に記載する決まりがあります。

スーパーやコンビニで見かけるお馴染みのチョコレートの材料を見ると、一番最初に記載されているのは「砂糖」です。

 

市販のチョコレートの原材料

一番最初に記載されているのは砂糖。割合が多いものから記載されます。

 

普段濃厚なチョコレートに馴染みのある海外の方は、日本のチョコレートを「チョコレートではなく砂糖のお菓子だ」と言うそうです。

それくらい材料の砂糖が多くカカオが少ないということなのです。

砂糖を摂ると、膵臓からインスリンが分泌されてぶどう糖を分解し筋肉などに送られエネルギーになります。

インスリン量が少なくなったり働きが悪いと血糖値が下げられなくなりますが、これが糖尿病です。

急激に血糖値が上るため、インスリンで下げるのですがこれを何度も繰り返すと、体は血糖値が下がったからまた上げるように指令を出します。

それで、砂糖を欲するスパイラルに入って行くことが言われ、最近は血糖値の上昇が緩やかな低GI食品が注目されるようになりました。

つまり、チョコレートが止められない人は、砂糖によって止められなくなっているのです。

人は、緊張を緩めたい時に甘いものが欲しくなります。

これは甘い味に緩める働きがあるからで、薬膳でもこのことが言われています。

そして、何かができた時、達成した時の成功報酬(ご褒美)として男性の多くはアルコールを求め女性の多くはお菓子やスイーツを求めるのです。

 

 

チョコレートは止めるべきなのでしょうか

それでは、チョコレートはやはり止めるべきなのでしょうか?

チョコレートの材料となるカカオは紀元前から神様への捧げものとして使われていました。
マヤ文明やアステカ文明の頃からあったそうです。

それが16世紀にヨーロッパに渡り、王侯貴族が薬として使うようになりました。
当時はカカオ豆をすりつぶした飲み物にスパイスなどを混ぜて飲んでいたようです。

結論から言うと、カカオを原料とするチョコレートを止める必要はありません。

なぜなら、カカオには更年期世代の美と健康の助けになるものが含まれているからです。

 

 

カカオの効果と効能

カカオはそれだけではチョコレートにはなりません。

主な作り方は、カカオ豆を

砕いて皮を取り除く(カカオニブになる) ➡ すりつぶす(カカオマスになる) ➡ 圧搾する(カカオバターになる) ➡ ココアパウダー(いわゆるココア)

カカオマス + カカオバター・砂糖 ➡ チョコレート

です。

つまり、カカオ豆がたくさん含まれているチョコレートはカカオマスが多く含まれているものということですね。
カカオバターや脂肪はチョコレートを滑らかにするための物です。

材料のカカオマスが少ないとカカオそのものに含まれる油脂(カカオバター)が少ないため、脂肪を加えて滑らかにする必要があります。
これが胸やけや高脂血症の原因になることもあります。

カカオの効能については、明治製菓と愛知学院大学が研究した「チョコレートと健康効果に関するレポート」があります。

これによると、次のようなことが分かりました。

 

1.カカオポリフェノールを多く含むチョコレートを摂取していただくことで、血圧が低下しました。
2.精神的。精神的・肉体的に活動的になることがわかりました。
3.体重・BMIの変化は認められませんでした。

チョコレートの摂取で、脳血流量が増える。

 

まとめると、カカオポリフェノールは活性酸素を抑制し高血圧やコレステロール値の改善、心疾患リスクの低減など生活習慣病を予防するということなのです。
そして、脳への血流量を増加させることから認知症予防の可能性も認められました。

 

カカオ72%チョコレートの材料

カカオマスが一番目に記載されています。

 

また、ポリフェノール以外に含まれる成分によって恋に落ちた時に出されるホルモンに似た精神安定効果(フェニルエチアミンによる)や、アンチエイジング・抗ストレス効果(パントテン酸による)、便秘改善やコレステロール排出効果(食物繊維リグニンによる)
も言われています。

 

 

薬膳の視点からカカオを見る

カカオを、薬膳の視点から見てみると、

性質:温めも冷ましもしない平性

働きかける五臓六腑: 肺・心・大腸・胃

効能: パワーを上げ、心を補う。利尿作用。

言い換えると、循環器系を補強し、疲れの改善、浮腫みの気になる時に効果があるということになります。

また、パワーを上げるということは出て欲しくない症状も上にあげるということになるため、花粉症や頭痛などの顔や頭部に起る症状を悪化させると考えます。

 

アンチエイジング薬膳 森澤孝美

心はメンタルと関わる五臓の一つで、体の構成要素「気血津液」の血を担当しています。
中医学では、心には神様がいて、神様のお供え物が「血」だと言われています。

お供え物が十分あれば、神様は穏やかなのでメンタルも安定し、精神が集中できます。
今まで書いてきたこととほとんど同じだと思いませんか?

このように、チョコレートは悪いものではなく、むしろ積極的に食べると良い食材なのです。

では、どんなチョコレートを選ぶと良いのでしょうか?

 

 

これに気をつければチョコレートを止めなくても良い

今までお伝えしてきたように、チョコレートは選び方次第で体に良い効果が得られチョコレートを止めなくても良くなります。
こんなことに気をつけてみて下さい。

 

1.カカオの含有量が多いものを選ぶ

気をつければ良いポイントは、カカオの含有量が多いものを選ぶことです。

明治製菓と愛知学院大学の研究では、カカオが72%含まれているチョコレートのデータでした。

それ以下のデータは見つからなかったので、72%以上なら言われている効果が期待できると言えるでしょう。

ちなみに、70%のものを比べてみると1枚当たりのカカオポリフェノール量は110mgでした。

チョコレートにもよると思いますが、先ほどのカカオ72%のチョコレートのカカオポリフェノール量は1枚当たり127mg。

この辺りを基準に選ぶと良いでしょう。

 

 

カカオ70%チョコレート表示

 

 

 

 

カカオ72%チョコレート

 

 

2.一日当たりの量を決める

砂糖がたくさん含まれたものは、砂糖中毒になり板チョコ1枚でも食べてしまうことがあります。

カカオの含有量が多いチョコレートを食べるようにすると、たくさん食べることができなくなります。

これは私の経験ですが、かつては板チョコを一列だけと思って食べ始めても半分くらい一気に食べていました。ところが、カカオの多く含まれるものなら3枚から5枚で満足できるのです。

これは、カカオに含まれるメンタルを安定させる効果の影響かもしれませんね。

明治製菓のレポートによれば1日5枚(25g)で効果があるということなので、妥当な量だと思います。

1日当たりの量を決めると糖分の摂り過ぎも防げるのでデータにあるように太る心配もないですね。

 

 

まとめ

チョコレートが止められない人は、材料のカカオが多く含まれている製品を選べば止めなくても良くなります

チョコレートを選ぶ時に、材料表示を見て最初にカカオマスが記載されているものを選びます。

次に、1枚当たりのカカオポリフェノール量を見て、一日に食べる量を決めてください。

チョコレートの重さにすると1日25g程度を目安にします。

カカオの効果を知って健康的に食べることにより、チョコレートを止めることなく、むしろ生活習慣病を予防してエイジングケアに役立てましょう。

 

【関連記事】

花粉症を酷くしないために控えるもの3つ

 

 

 

体質的に食べない方が良いものを、たまに食べてもなかったことにできる薬膳の知恵が学べる無料メール講座配信中

なかったことにする薬膳が学べる7日間の無料メール講座

ワークショップ案内3.4月

お知らせ 募集中講座

2021/2/27

3月、4月募集中の講座・ワークショップのご案内

いつもありがとうございます。 ただいま、募集中の講座、ワークショップのご案内をさせていただきます。 メルマガ読者様優先でお申込みいただいておりますので、すでに満席のお日にちもありますことをご了承ください。   講座名をクリック後、今後の開催予定よりご希望の日時をお選びください ▶3月9日(火)アンチエイジング美素玉作りワークショップ(座学zoom+ワークショップ動画) 満席御礼 座学10:00~11:00 座学終了後ワークショップ動画をお送りします。 ▶3月9日(火)アンチエイジング美素玉作りワ ...

ReadMore

花粉症の人が気をつけるもう一つのアレルギー

アレルギー ブログ 中医学 五臓 食材

2021/2/25

花粉症の人が食べ物で気をつけたいもう一つのアレルギー対策

花粉症の季節がやって来ました。 花粉症の症状を軽減させる食べ物や止めておいた方が良い食べ物はいろいろありますが、花粉症から派生する食物アレルギーがあります。 交差反応と言うアレルギー症状です。 花粉症の人が食べ物で気をつけたいもう一つのアレルギーは、花粉症そのものの症状に影響するのではなく食べたもので主に口の中や喉に現れます。   花粉症が起こすもう一つのアレルギー 交差反応とは、花粉・食物アレルギー症候群(PFAS)とも呼ばれています。 食物アレルギー研究会のサイトによると 口腔粘膜に限局した ...

ReadMore

コンビニ薬膳お菓子

スーパーフード スイーツ ブログ 食材

2021/2/20

コンビニお菓子が止められないアラフィフはアンチエイジングになるものを!

アラフィフになると代謝が落ちて、若い頃と同じだけ食べていると太ってしまいます。 できれば間食は止めて必要な栄養は三度の食事で摂ることがベストです。 そうは言っても、頑張った後や緊張をほぐしたい時にちょっと甘いものが欲しくなりますよね。 どんなものでも食べ過ぎることは良くないですが、食べるならアラフィフにとって少しでもプラスになるものを選んでみましょう。 薬膳の視点から、アラフィフ世代がコンビニでお菓子を買う基準を書いてみます。     アラフィフを中医学の視点から見てその特徴から選ぶ ...

ReadMore

漢方と薬膳の違い

ブログ 中医学

2021/2/17

薬膳と漢方の違いと関係

薬膳という言葉が広まる前から、漢方や漢方薬という言葉は聴いた事があると思います。 薬膳と漢方の違いや関係についてお伝えします。   発祥は中医学(中国伝統医学)です   結論から言うと、漢方も薬膳も発祥は中国伝統医学です。 中国伝統医学を略して一般的には中医学と呼びます。 昨今、欧米でも Ttaditional Cinese Medicine と呼ばれ代替医療として中医学が認められています。 NHKの番組で、米軍が鍼治療を摂り入れていると話題になっていました。 そして、中医学の考え方に ...

ReadMore

デトックス時の酸っぱいものに注意

ブログ 美容

2021/3/1

酸っぱいものが好きな人が春からのデトックスで気をつける酸味の摂り方

酸っぱいものが好きな女性は多いと思います。 春になるとファッションも軽装になるため、今まで気にしていなかった体形も気になり始めますよね? 経験がある人もいるかもしれませんが、冬は体が栄養分を内側に溜め込もうとする季節なのでダイエットをしても体重は落ちにくいのです。 でも、季節が陰から陽に変わった春からは、いよいよダイエットやデトックスに適した季節です! その時、酸っぱいものが好きな人は食べるものに気をつけないとせっかくのダイエットやデトックスのブレーキになってしまうかもしれません。 思わず酸っぱい顔になる ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

森澤孝美

「なかったことにする薬膳」と「簡単アンチエイジング薬膳」でアラフィフからの美と健康をサポートする簡単エイジング薬膳講師。お惣菜でも外食でも選び方の理論が分れば薬膳になる。レシピが無くても コツを掴んで実践できるとご好評です。個人セッションも受付中。

-スーパーフード, ブログ, 五臓, 食材
-, , , ,

© 2021 なかったことにする薬膳 アンチエイジング簡単薬膳講師 森澤孝美