ブログ メニュー 潤い 食材

簡単に豆乳鍋を分離させない方法で潤いアップ薬膳

豆乳鍋や豆乳を使ったスープを作る時に、うまく行かないことはないですか?

失敗になるのは、豆乳が分離してボロボロと塊ができてしまう状態です。

豆乳に含まれているたんぱく質が熱と塩分によって固まるのです。

そのまま静かにしていれば湯葉ができますが、かき混ぜたりお鍋は食べている間に具を動かすことになるためボロボロ状態になるという訳です。

豆乳鍋を分離させない方法は、塩と油にポイントがあります。

 

 

豆乳を分離させない

 

 

豆乳の種類でも分離が違う

 

豆乳には、無調整豆乳と調整豆乳があり無調整豆乳は、にがりを加えると豆腐ができる状態の物です。

日本農林規格(JAS)の定義によると、

調整豆乳は大豆の絞り汁に大豆油や砂糖、塩などを加えたもので大豆固形分が6%以上の物となります。これをたんぱく質量に換算すると3.0%になります。

簡単に言うと大豆の絞り汁そのもので大豆固形分が8%以上のもの。たんぱく質量が3.8%以上の物が無調整豆乳です。

たんぱく質が多く味付けがない、豆腐ができる前の状態のものが無調整豆乳ということになります。

お鍋やスープに使うのであれば無調整豆乳を選びます。

調整豆乳を使えば、分離しにくくなります。それは、大豆油を添加されていることとたんぱく質の量が無調整豆乳より少ないからです。
その分たんぱく質は少なく場合によっては味がお鍋やスープに合わないこともあるでしょう。

なので、アラフィフ世代が食事として使うなら無調整豆乳を選びましょう。

 

 

無調整豆乳を使って分離させないために豆乳鍋に油脂を含んだものを入れる

調整豆乳には大豆油が入っていることも、分離しにくい理由でした。

それなら無調整豆乳を使っても油脂を使えば分離しにくいと思いませんか?

薬膳では、豆乳は更年期以降の女性の潤いをアップさせる食材の一つです。

それに加えて同じく潤いアップの白ごまを使います。

簡単にお鍋やスープにするためには、白ごまペーストを使うのがおすすめです。

野菜などの具がしっかり煮えたら、一旦火を止め静かに豆乳を注ぎます。この時、かき混ぜないことがポイント。

豆乳を入れたら白ごまペーストを大さじ5杯程度加えて静かに混ぜます。

チューブタイプなら直径10センチを2周くらいです。

 

白ごまペースト

 

これでほぼ分離しなくなります。

 

 

豆乳はにがりで豆腐になるということから塩分で固まらせないために

豆乳から家庭で豆腐を作るにはにがりを入れて豆乳を温めます。

にがりを使うということは、天然の塩でも豆乳は固まるということになります。

にがりにはカリウムやカルシウムが豊富に含まれ、天然塩にもにがり同様にミネラル分が多いからです。

そこで、塩味をつける時に天然塩ではなく白味噌を使います。

白味噌は塩分が少ない発酵食品で薬膳的には潤わせる白い食材の一つと考えます。

白味噌を加えるとコクが出てまろやかな風味が感じられるようになります。

 

 

潤わせる食材×3で更に潤いアップの鍋やスープになる

豆乳を分離させないための、白ごまペーストと白味噌ですが、薬膳の視点からは3つとも潤わせ食材なのです。

そのため、この3つを使って潤わせる薬膳ができます。

中華でも、和風の鍋でも、クリームシチューやクリームシチューのリメイクでクリームパスタにすることも。

ラーメンのスープにする時はごまペースト多めで、豆板醤やラー油も加えるとピリ辛担々麺風になります。

ごま油を少し入れると更に本格的に。

クリームシチューにするなら、えのきだけのみじん切り、山芋(長芋)、下ろしたレンコン、里芋などを入れるとルーがなくてもとろみがつきます。

イタリアンにするなら、オリーブオイルで炒めたにんにくのみじん切りか、にんにく風味をつけたオリーブオイルを加えます。

どれも濃厚で豊かな風味の薬膳になります。

 

 

まとめ

豆乳を分離させないための方法は、まず、豆乳を入れる時に煮立たせず静かに入れかき混ぜないことです。

豆乳のたんぱく質を固めるのは塩気なので、塩分を抑えます。

次に、加える油でも固まりにくくなるため、豆乳と同じく潤わせる効果のある白ごまペーストを使い、塩分は白味噌で補います。

三つがよく溶けたら塩で塩分を調節します。

中華風、洋風にするにはごまペーストの量や後からごま油やにんにくなどを加えて調味してください。

豆乳を分離させずに潤いアップの薬膳ができるコツをお伝えしました。

 

 

【関連記事】

白ごまと黒ごまはこう使い分ける

 

 

 

体質的に食べない方が良いものを、たまに食べてもなかったことにできる薬膳の知恵が学べる無料メール講座配信中

 

生姜の効果的な摂り方

ブログ 食材

2021/5/3

生姜の効果的な摂り方を薬膳の視点から見た使い分け方

数年前にショウガブームがありました。   おろしショウガのマイチューブを持ち歩き、外食してもお茶を飲んでもチューブのおろしショウガを加えて食べたり飲んだりする人がいました。   薬膳では、ショウガは生の状態で使うのか、蒸して乾燥させたものを使うのかでは効能が違うことから、目的に合わせた生姜の効果的な摂り方をお伝えします。     生姜で効果的に中まで温めたいのか、表面の寒気を飛ばしたいのかで摂り方を変える   薬膳では生のショウガを生姜(しょうきょう)と呼 ...

ReadMore

カウンセリング受付中

お知らせ カウンセリング

2021/4/29

1か月間何度でも質問・カウンセリング可能な伴走型継続カウンセリングのご案内

いつも大変お世話になっております。 簡単エイジング薬膳講師の森澤孝美です。 2021年5月より1か月間何度でも質問フリー・カウンセリングフリーの伴走型継続カウンセリングを始めます。   一度のカウンセリングだけでは、なかなか食生活は変えられません。 また、季節によっても体調は変化します。   ジメジメした梅雨に体調を崩しやすい日本人女性。 今のうちにベースの体を食事でできるだけフラットにしておくと梅雨から夏に楽に過ごせる可能性があります。 カウンセリングを受けて食事を実践した結果を踏ま ...

ReadMore

むくみ対策の旬の食べ物

ブログ 浮腫み 食材

2021/5/3

むくみ対策になる旬の食べ物

    コロナ禍で運動不足の人が増えています。 それでなくても男性より筋肉が少なく浮腫みやすい女性。 座っている時間が長く外へ出て歩く回数が減りテレワークで通勤がなくなるとまさに運動不足から浮腫みやすくなってしまいます。 ここでは、今が旬の食材の中でスーパーで買えるものから浮腫み対策になるものを薬膳の視点でご紹介します。   利尿・利水効果のあるものを選ぶ   浮腫みは血流の悪さから毛細血管から細胞の間に流れる水分量が増えたり、毛細血管やリンパ管へ吸収される水分量が ...

ReadMore

足の浮腫み

ブログ 五臓 浮腫み 食材

2021/4/14

むくみはあなたの食生活が原因かも?薬膳で考えるむくみの原因と対策

浮腫みの原因が、胃腸の弱りだと言ったら驚かれるかもしれませんね。 薬膳の基になる中医学では、消化器系を担当している働きに名前が付いていて「脾」と「胃」がそれに当たります。 脾と胃が弱ると要らない水分を溜めやすい体になると中医学では言われています。 ここでは、浮腫みの原因と対策を薬膳の視点からお伝えします。   むくみの原因となる食事前のこんな習慣 脾と胃は冷たいものと湿気に弱いことが言われているのですが、考えてみてください。 私達は、どれだけ冷たいものを飲んだり食べたりしているかということを。 ...

ReadMore

高齢出産ママへの出産祝い

ブログ 中医学 五臓 美容

2021/4/2

高齢出産ママのことを考えたママ向け出産祝い

女性は血に左右される性だと言われます。 薬膳の基になる中医学で言われる血とはカラダの構成要素の一つで、いわばカラダのガソリンに当たります。 酸素や栄養分を体の隅々まで運んでいるので臓器や細胞を生き生きと動かすまさにガソリンです。   女性が血に左右されると言われるのは、毎月の生理で物理的に出血するだけでなく、妊娠すると自分の血で10か月の間赤ちゃんを育て、出産後は母乳を与える。 母乳も血が形を変えたものです。   ずっと血を消耗していると思いませんか?   生殖に関わるのは五 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

森澤孝美

「なかったことにする薬膳」と「簡単アンチエイジング薬膳」でアラフィフからの美と健康をサポートする簡単エイジング薬膳講師。お惣菜でも外食でも選び方の理論が分れば薬膳になる。レシピが無くても コツを掴んで実践できるとご好評です。個人セッションも受付中。

-ブログ, メニュー, 潤い, 食材
-, , ,

© 2021 なかったことにする薬膳 アンチエイジング簡単薬膳講師 森澤孝美