ブログ メニュー 潤い 食材

簡単に豆乳鍋を分離させない方法で潤いアップ薬膳

豆乳鍋や豆乳を使ったスープを作る時に、うまく行かないことはないですか?

失敗になるのは、豆乳が分離してボロボロと塊ができてしまう状態です。

豆乳に含まれているたんぱく質が熱と塩分によって固まるのです。

そのまま静かにしていれば湯葉ができますが、かき混ぜたりお鍋は食べている間に具を動かすことになるためボロボロ状態になるという訳です。

豆乳鍋を分離させない方法は、塩と油にポイントがあります。

 

 

豆乳を分離させない

 

 

豆乳の種類でも分離が違う

 

豆乳には、無調整豆乳と調整豆乳があり無調整豆乳は、にがりを加えると豆腐ができる状態の物です。

日本農林規格(JAS)の定義によると、

調整豆乳は大豆の絞り汁に大豆油や砂糖、塩などを加えたもので大豆固形分が6%以上の物となります。これをたんぱく質量に換算すると3.0%になります。

簡単に言うと大豆の絞り汁そのもので大豆固形分が8%以上のもの。たんぱく質量が3.8%以上の物が無調整豆乳です。

たんぱく質が多く味付けがない、豆腐ができる前の状態のものが無調整豆乳ということになります。

お鍋やスープに使うのであれば無調整豆乳を選びます。

調整豆乳を使えば、分離しにくくなります。それは、大豆油を添加されていることとたんぱく質の量が無調整豆乳より少ないからです。
その分たんぱく質は少なく場合によっては味がお鍋やスープに合わないこともあるでしょう。

なので、アラフィフ世代が食事として使うなら無調整豆乳を選びましょう。

 

 

無調整豆乳を使って分離させないために豆乳鍋に油脂を含んだものを入れる

調整豆乳には大豆油が入っていることも、分離しにくい理由でした。

それなら無調整豆乳を使っても油脂を使えば分離しにくいと思いませんか?

薬膳では、豆乳は更年期以降の女性の潤いをアップさせる食材の一つです。

それに加えて同じく潤いアップの白ごまを使います。

簡単にお鍋やスープにするためには、白ごまペーストを使うのがおすすめです。

野菜などの具がしっかり煮えたら、一旦火を止め静かに豆乳を注ぎます。この時、かき混ぜないことがポイント。

豆乳を入れたら白ごまペーストを大さじ5杯程度加えて静かに混ぜます。

チューブタイプなら直径10センチを2周くらいです。

 

白ごまペースト

 

これでほぼ分離しなくなります。

 

 

豆乳はにがりで豆腐になるということから塩分で固まらせないために

豆乳から家庭で豆腐を作るにはにがりを入れて豆乳を温めます。

にがりを使うということは、天然の塩でも豆乳は固まるということになります。

にがりにはカリウムやカルシウムが豊富に含まれ、天然塩にもにがり同様にミネラル分が多いからです。

そこで、塩味をつける時に天然塩ではなく白味噌を使います。

白味噌は塩分が少ない発酵食品で薬膳的には潤わせる白い食材の一つと考えます。

白味噌を加えるとコクが出てまろやかな風味が感じられるようになります。

 

 

潤わせる食材×3で更に潤いアップの鍋やスープになる

豆乳を分離させないための、白ごまペーストと白味噌ですが、薬膳の視点からは3つとも潤わせ食材なのです。

そのため、この3つを使って潤わせる薬膳ができます。

中華でも、和風の鍋でも、クリームシチューやクリームシチューのリメイクでクリームパスタにすることも。

ラーメンのスープにする時はごまペースト多めで、豆板醤やラー油も加えるとピリ辛担々麺風になります。

ごま油を少し入れると更に本格的に。

クリームシチューにするなら、えのきだけのみじん切り、山芋(長芋)、下ろしたレンコン、里芋などを入れるとルーがなくてもとろみがつきます。

イタリアンにするなら、オリーブオイルで炒めたにんにくのみじん切りか、にんにく風味をつけたオリーブオイルを加えます。

どれも濃厚で豊かな風味の薬膳になります。

 

 

まとめ

豆乳を分離させないための方法は、まず、豆乳を入れる時に煮立たせず静かに入れかき混ぜないことです。

豆乳のたんぱく質を固めるのは塩気なので、塩分を抑えます。

次に、加える油でも固まりにくくなるため、豆乳と同じく潤わせる効果のある白ごまペーストを使い、塩分は白味噌で補います。

三つがよく溶けたら塩で塩分を調節します。

中華風、洋風にするにはごまペーストの量や後からごま油やにんにくなどを加えて調味してください。

豆乳を分離させずに潤いアップの薬膳ができるコツをお伝えしました。

 

 

【関連記事】

白ごまと黒ごまはこう使い分ける

 

 

 

体質的に食べない方が良いものを、たまに食べてもなかったことにできる薬膳の知恵が学べる無料メール講座配信中

 

葛根湯は効かない?

ブログ レシピ 食材

2021/10/23

葛根湯はいつ飲むかを知っておすすめの食べ物でもケアしよう

    よく、葛根湯は効かないと言われていますがそれは飲むタイミングを間違えているからです。 2021年の関西では木枯らし一号が観測史上最も早く10月23日に吹きました。 そこまで寒くなるとは思わずに薄着で外出してしまったり、日中は温かかったのに夕方頃から寒くなって体が冷えてしまうことがありますね。 肩甲骨の間がゾクゾクして、「風邪ひいたかも?」という時です。 そんな時に直ぐに飲むと良いのが葛根湯です。 急に寒くなって来たので、風邪をひいてしまった人もいるのではないでしょうか? もし、 ...

ReadMore

体の時間割講座募集

お知らせ 募集中講座

2021/10/23

11月単発薬膳講座『みんなの体の時間割』満席で開講します

いつもありがとうございます。 かねてよりメルマガ『モーリーの簡単エイジングケア薬膳』でお知らせしておりました新規単発講座『みんなの体の時間割』を昨日メルマガ読者様優先で募集開始いたしました。 お陰様でお申込み開始40分で満席のお申込みをいただきました。 関心を持っていただきありがとうございます。 キャンセル待ちをしてくださる方もいらしたので、増席しましたがその枠も直ぐにお申込みいただきました。 それだけ期待が大きいということを感じ、改めて身が引き締まる思いです。 詳しい講座の内容はこちらをご覧ください。 ...

ReadMore

カラダのマニュアル開講

お知らせ 活動報告

2021/10/11

【受講者のご感想】薬膳講座「カラダのマニュアル作り」オンラインで開催しました

いつもありがとうございます。 2021年10月8日(金)(大安でした)にオンライン(zoom)にて久しぶりに単発講座「カラダのマニュアル作り」を開催しました。 北海道、東京、千葉、大阪からご参加の4名様です。 質問していただきやすいように少人数での開催です。     主な講座の内容 この講座では、薬膳の基になる中医学の観察ポイントから、体の構成要素「気血津液」の状態をご自身でチェックしていただきます。 それにより、ご自身に足りていないものや巡っていないものを知り、おすすめ食材に結び付け ...

ReadMore

秋の乾燥

ブログ 中医学 潤い 食材

2021/10/10

乾燥には食べ物でもケア?乾燥対策におすすめの秋から冬の味覚

    秋になり乾燥が始まると、夏とは違う変化が体に表れていませんか? 喉やお肌のカサカサ、イガイガなどは夏にはあまりなかったことですが秋になって空気が乾燥してくると始まるのではないでしょうか? 薬膳の基になる中医学の考え方によると、乾燥に弱い五臓の「肺」という仕組みがあります。 中医学では「肺」は呼吸器関係そのものだけでなく、体のバリア機能や水巡りともかかわると言われています。 また、体の機能を保ったり巡りを担当する体の構成要素の一つ「気血津液」の「気」を作る働きも担っています。 「 ...

ReadMore

仕組み作りセミナー

お知らせ 募集中講座 活動報告

2021/10/9

「薬膳講師の仕事を軌道に乗せるブログやSNSの仕組み作り基本セミナー」開催しました

      いつもありがとうございます。 10月7日(木)にオンライン(zoom)にて『薬膳講師の仕事を軌道に乗せるためブログやSNSの仕組み作り基礎セミナー』を開催いたしました。 現役薬膳講師の方だけでなく、食に関するお仕事の方、数秘講師の方の3名様がご参加くださり、お一人は録画受講でしたのでセミナー終了後に録画をお送りしました。     セミナー受講者のご感想 「もっと早く知っておけばよかった。」 「自己流には限界がある。変わらない理由が分かった。」 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

森澤孝美

「なかったことにする薬膳」と「簡単エイジングケア薬膳」でアラフィフをサポートする簡単エイジングケア薬膳講師。お惣菜でも外食でも選び方の理論が分れば薬膳になる。レシピが無くてもコツを掴んで実践できるとご好評。個人セッションも受付中。 薬膳食療法専門指導士。中医学と薬膳を学んだ後、多忙で食事が手作りできない人でも取り入れられる簡単エイジングケア薬膳講座を展開。日本全国より受講される。

-ブログ, メニュー, 潤い, 食材
-, , ,

© 2021 エイジングケア簡単薬膳講師 森澤孝美 なかったことにする薬膳