口の中を噛む癖

ブログ 中医学 五臓 浮腫み 食材

口の中を噛む癖がある人の原因と対策は胃腸ケアがカギ

よく口の中を噛んでしまう人がいます。

集中して食べていないからという説もありますが、薬膳の基になる中医学では口腔内が浮腫んでいると考えます。

 

口の中を噛むのは、口腔内が浮腫んでいるから

 

頬の内側をガリっと噛んでしまうと、そこから口内炎になったりお味噌汁や醤油系が染みることもありませんか?

痛いので、噛まないに越したことはありません。

でも、噛む癖のある人は繰り返すことが多い傾向があります。

それは口の中が浮腫んでいて、頬の内側が歯に当たりやすいからなのです。

 

消化器系に当たる「脾」が弱っていると浮腫みやすい

 

食べたり飲んだりしたものの消化吸収排泄を担当するのは、五臓の「脾」です。

現代医学の脾臓の事ではなく、消化吸収排泄の「働き」に名前を付けています。

このシステムは、食べたものから栄養を作り出すだけでなく、水巡りの一端を担っています。

なので、脾が弱ると水巡りが悪くなり、わかりやすい場所で言えば脚が浮腫むということが起きます。

脚だけでなく、頬の内側や舌も浮腫むため歯に当たりやすくなって、口の中を噛みやすくなってしまうと考えられているのです。

 

口の中を噛む癖を減らすには、胃腸のケアをする

 

口の中が浮腫む原因が分ったところで、噛まないようにするためには胃腸のケアということになりますね。

では、どんなことに気をつけると良いのでしょうか?

まず、控えた方が良いものが3つあります。

1.冷たい飲み物食べ物

2.脂っこい味のしつこいもの

3.砂糖を使った甘いもの

これは脾を弱らせる食材としてあげられている「肥甘厚味」と言われるものです。

控えた方が良いものを少し減らしたり、しばらく食べたり飲んだりすることを減らすだけでも胃腸機能は回復します。

 

次に消化器系をアップするために、おススメなものがあります。

砂糖の甘味ではなく、天然のほっこりとした自然な甘みを持つものです。

芋類、豆類(大豆、枝豆など)、かぼちゃ、とうもろこしなどがこれに当たります。

そして、これらを食べる時は、温かく消化の良い食べ方に調理してください。

 

なぜなら、消化器系は冷えない方が本来の働きができるからです。

そして、早食いを止め、よく噛んで食べることが最も大切です。

よく噛むためには、食事中にスープやみそ汁以外に、お茶や水などの飲み物を摂らないことにも気をつけると良いのです。

食事中にお茶や水などを摂ると、よく噛まなくても流し込んでしまえるからです。

 

 

まとめ

 

口の中をよく噛む癖は、口腔内が浮腫んでいるために歯が当たって噛んでしまうことが原因です。

浮腫みの改善のためには、中医学で言われているのが消化器系を正常にすることです。

消化器系の働きは、控える方がよい「肥甘厚味」を少なめにして、天然のほっこりとした甘い味の食材を、消化に良い温かい食べ方で食べることで改善されます。

その結果、浮腫みの原因となる要らない水分の排泄ができて水巡りが良くなり、口腔内が浮腫みに肉なり口の中を噛む回数が減るのです。

何度も噛むと、そこから口内炎になることもあるので、まず胃腸機能を弱らせないように気をつけて見て下さいね。

 

 

【関連記事】

全ての砂糖は体に悪いの?代わりを使えば良いの?

 

みかんの皮は捨てないで!お腹の冷えを温めて胃腸の働きを改善する

 

 

 

 

 

 

 

 

体質的に食べない方が良いものを、たまに食べてもなかったことにできる薬膳の知恵が学べる無料メール講座配信中

なかったことにする薬膳が学べる7日間の無料メール講座

なかったことにする薬膳 森澤孝美 YouTube

お知らせ

2021/1/24

YouTubeチャンネルを開設しました

いつもご覧いただきありがとうございます。 この度、お時間の無い方にも5分で聴いていただけるYouTubeチャンネルを開設したしました。 なかったことにする薬膳のメソッドを5分ずつお伝えして行きます。 通勤の車中、ご飯の支度をしながらでも聴き流していただける内容です。 難しいと思われがちな薬膳ですが、なかったことにする薬膳メソッドが分かれば、一杯のお味噌汁から薬膳になります。 繰り返し聴いていただけるようチャンネル登録をお願いいたします。 更新のお知らせが届くようベルのマークもクリックしておいてくださいね。 ...

ReadMore

アンチエイジング薬膳 薬膳講師森澤孝美

スーパーフード ブログ 五臓 食材

2021/1/18

チョコレートが止められない人はこれに気をつけると止めなくても良い

チョコレート好きな人は多いですね。 仕事の疲れを癒したり、楽しいお喋りのお伴としてチョコレートは人気です。 でも、チョコレートが止められないと罪悪感を持っている人がいます。 チョコレートはなぜ止められないのでしょう? 本当にチョコレートは止めた方がよいのでしょうか? あることに気をつければチョコレートは止める必要はありません。 それどころか、食べることをおすすめしたいほどです。 ここでは、チョコレートが止められない人が気をつければ、食べることを止めなくても良いポイントを書きます。   &nbsp ...

ReadMore

豆乳を分離させない

ブログ メニュー 潤い 食材

2021/1/16

簡単に豆乳鍋を分離させない方法で潤いアップ薬膳

豆乳鍋や豆乳を使ったスープを作る時に、うまく行かないことはないですか? 失敗になるのは、豆乳が分離してボロボロと塊ができてしまう状態です。 豆乳に含まれているたんぱく質が熱と塩分によって固まるのです。 そのまま静かにしていれば湯葉ができますが、かき混ぜたりお鍋は食べている間に具を動かすことになるためボロボロ状態になるという訳です。 豆乳鍋を分離させない方法は、塩と油にポイントがあります。         豆乳の種類でも分離が違う   豆乳には、無調整豆乳と ...

ReadMore

カニ鍋で冷やさず栄養を摂る

ブログ メニュー 食材

2021/1/11

カニは体を冷やすが冷やさず食べる3つのポイント

日本の冬はカニが美味しいですね。 カニは低カロリーで低脂肪。更年期世代以降におすすめの栄養も豊富なのでたまには食べたい食材の一つです。 薬膳では、カニには血行改善、血液浄化、髄を補填する、五臓の肝と腎を強くさせると言われます。 現代栄養学でも、カニに含まれるキチンキト酸に免疫機能改善や整腸作用があると言われ、甲羅のアスタキサンチンに活性酸素消去、タコなどにも含まれるタウリンが血中コレステロール値や高血圧を抑制し、動脈硬化予防になると言われています。 また、カルシウムが豊富に含まれることから骨や骨髄再生効果 ...

ReadMore

コロナ対策 なかったことにする薬膳 森澤孝美

お知らせ

2021/1/4

2021年の対面講座におけるコロナ対策

2021年から、簡単エイジング薬膳講師 森澤孝美の主催する対面での薬膳講座に関しまして、コロナ対策を以下のように徹底します。 安心してご受講ください。   ■講師・調理担当者の対策 〇毎朝の検温 〇こまめな手指消毒 〇マスク着用 〇フェイスシールド着用 ■会場内対策 〇開場前に、ドアノブ・テーブル・椅子など受講される方が触れるすべての場所の消毒 〇開場前に、トイレは便座・便器・床の消毒 〇換気扇の常時使用 〇常時テーブルに消毒液を設置。ご自由にお使いいただけます。 ■受講される方にご協力頂く対策 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

森澤孝美

「なかったことにする薬膳」と「簡単アンチエイジング薬膳」でアラフィフからの美と健康をサポートする簡単エイジング薬膳講師。お惣菜でも外食でも選び方の理論が分れば薬膳になる。レシピが無くても コツを掴んで実践できるとご好評です。個人セッションも受付中。

-ブログ, 中医学, 五臓, 浮腫み, 食材
-, , , ,

© 2021 なかったことにする薬膳 アンチエイジング簡単薬膳講師 森澤孝美