ブログ 中医学

口の中を噛む癖がある人の原因と対策は胃腸ケアがカギ

2020年12月14日

よく口の中を噛んでしまう人がいます。

集中して食べていないからという説もありますが、薬膳の基になる中医学では口腔内が浮腫んでいると考えます。

 

口の中を噛むのは、口腔内が浮腫んでいるから

 

頬の内側をガリっと噛んでしまうと、そこから口内炎になったりお味噌汁や醤油系が染みることもありませんか?

痛いので、噛まないに越したことはありません。

でも、噛む癖のある人は繰り返すことが多い傾向があります。

それは口の中が浮腫んでいて、頬の内側が歯に当たりやすいからなのです。

 

消化器系に当たる「脾」が弱っていると浮腫みやすい

 

食べたり飲んだりしたものの消化吸収排泄を担当するのは、五臓の「脾」です。

現代医学の脾臓の事ではなく、消化吸収排泄の「働き」に名前を付けています。

このシステムは、食べたものから栄養を作り出すだけでなく、水巡りの一端を担っています。

なので、脾が弱ると水巡りが悪くなり、わかりやすい場所で言えば脚が浮腫むということが起きます。

脚だけでなく、頬の内側や舌も浮腫むため歯に当たりやすくなって、口の中を噛みやすくなってしまうと考えられているのです。

 

口の中を噛む癖を減らすには、胃腸のケアをする

 

口の中が浮腫む原因が分ったところで、噛まないようにするためには胃腸のケアということになりますね。

では、どんなことに気をつけると良いのでしょうか?

まず、控えた方が良いものが3つあります。

1.冷たい飲み物食べ物

2.脂っこい味のしつこいもの

3.砂糖を使った甘いもの

これは脾を弱らせる食材としてあげられている「肥甘厚味」と言われるものです。

控えた方が良いものを少し減らしたり、しばらく食べたり飲んだりすることを減らすだけでも胃腸機能は回復します。

 

次に消化器系をアップするために、おススメなものがあります。

砂糖の甘味ではなく、天然のほっこりとした自然な甘みを持つものです。

芋類、豆類(大豆、枝豆など)、かぼちゃ、とうもろこしなどがこれに当たります。

そして、これらを食べる時は、温かく消化の良い食べ方に調理してください。

 

なぜなら、消化器系は冷えない方が本来の働きができるからです。

そして、早食いを止め、よく噛んで食べることが最も大切です。

よく噛むためには、食事中にスープやみそ汁以外に、お茶や水などの飲み物を摂らないことにも気をつけると良いのです。

食事中にお茶や水などを摂ると、よく噛まなくても流し込んでしまえるからです。

 

 

まとめ

 

口の中をよく噛む癖は、口腔内が浮腫んでいるために歯が当たって噛んでしまうことが原因です。

浮腫みの改善のためには、中医学で言われているのが消化器系を正常にすることです。

消化器系の働きは、控える方がよい「肥甘厚味」を少なめにして、天然のほっこりとした甘い味の食材を、消化に良い温かい食べ方で食べることで改善されます。

その結果、浮腫みの原因となる要らない水分の排泄ができて水巡りが良くなり、口腔内が浮腫みに肉なり口の中を噛む回数が減るのです。

何度も噛むと、そこから口内炎になることもあるので、まず胃腸機能を弱らせないように気をつけて見て下さいね。

 

 

【関連記事】

全ての砂糖は体に悪いの?代わりを使えば良いの?

 

みかんの皮は捨てないで!お腹の冷えを温めて胃腸の働きを改善する

 

 

 

 

 

 

 

 

体質的に食べない方が良いものを、たまに食べてもなかったことにできる薬膳の知恵が学べる無料メール講座配信中

 

お知らせ 活動報告

2024/5/16

【活動報告】体面でランチ付きみそ玉作りワークショップ開催

  2024年5月8日(水)に京都の二条城近くにあるレンタルスペースFRIEDENさんをお借りして、ランチ付きの『エイジングケアの美素玉作りワークショップ』を開講しました。 60分のレクチャーと45分のみそ玉作りです。 ワークショップ終了後は、オーガニックの材料を使ったランチを楽しんでいただきました。     レシピと作り方ならネットで調べたらすぐ出て来ます。 誰でもみそ玉ができますが、私がお伝えするみそ玉は、使う素材の性質や効能を薬膳で考えた「エイジングケアの美素玉」です。 ...

ReadMore

お知らせ プロ向け 活動報告

2024/4/30

【活動報告】第3期薬膳ヘルスビューティケアアドバイザー講座(アドバンス)全12回終了

偶然にも横浜で活動されるお二人が受講された『薬膳ヘルスビューティーケアアドバイザー認定講座(アドバンス全12回)』が終了しました。     『薬膳ヘルスビューティケアアドバイザー認定講座』はベーシック全7回とアドバンス全12回(事例検討会12回を含む)より構成されていて、それぞれのコースが終了された後、認定テストに合格されると、『薬膳ヘルスビューティケアアドバイザー』と『薬膳ヘルスビューティケアアマスターアドバイザー』に認定させていただきます。   この講座を受講されるのは、 ...

ReadMore

お知らせ 活動報告

2024/4/28

特別勉強会 3回目の「日本の食と日本人の健康を考えてみよう会」開講しました

2024年2月から月に一度のペースで外部講師をお招きして行っている『日本の食と日本人の健康を考えてみよう会』も4月22日(月)に3回目を迎えました。     3回目は農薬とは?から、遺伝子組み換えのメリットとリスク、ゲノム編集のメリットとデメリット、食品添加物と広範囲に渡りました。 農薬についてだけでもこれだけあります。  ・農薬の分類 ・農薬の使用目的 ・農薬の剤型 ・日本での農薬の現状と世界との比較 ・WHOで発がん性と示した農薬   体を作る食材の事を知らなければ選ぶ基 ...

ReadMore

お知らせ 中医学 活動報告 薬膳

2024/4/28

【活動報告】対面にて最短で基礎が学べる「きちんとわかる薬膳の基礎(全五回)」を開講しました

  2024年4月20日、21日の2日間で『きちんとわかる薬膳の基礎(全五回)』を対面にて開講しました。 4名の方が受講され、二日間で薬膳を始めるための中医学の基礎から食材の選び方、食材事典の読み方を学ばれました。 過去に、独学で学ばれたことがある方や単発で何度か他の方から学ばれたことがある方もいらっしゃいました。 日本人になじみがあるのは明治以降にオランダやドイツから入って来た西洋医学の考え方で、東洋医学の陰陽のバランスの取り方などの概念はあまり浸透していません。 そのため、これを本で学んだり ...

ReadMore

お知らせ 受講後の感想 活動報告

2024/4/22

【活動報告】怪しくない!面白い!東洋医学を実践するための気の話を開講しました

2024年4月24日(水)に二回目となる『怪しくない!面白い!東洋医学を実践するための気の話』を開講しました。     薬膳の基になる中医学では体の構成要素を「気・血・津液」の3つだと言います。   その中の「気」は元気、やる気、勇気など普段使っている言葉でも何となくは感じるもののハッキリとわかりにくいと誰もが思うものです。   そこで「気」にフォーカスして「気」とは一体どんなものなのか?をお伝えする講座となりました。   中国では日本の縄文時代以前から「 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

森澤孝美

「なかったことにする薬膳」と「簡単エイジングケア薬膳」でアラフィフをサポートする簡単エイジングケア薬膳講師。お惣菜でも外食でも選び方の理論が分れば薬膳になる。レシピが無くてもコツを掴んで実践できるとご好評。個人セッションも受付中。 薬膳食療法専門指導士。中医学と薬膳を学んだ後、多忙で食事が手作りできない人でも取り入れられる簡単エイジングケア薬膳講座を展開。日本全国より受講される。

-ブログ, 中医学
-, , , ,

© 2024 モーリー薬膳ラボ 簡単エイジングケア薬膳講師 森澤孝美 なかったことにする薬膳