なかったことにする薬膳 ブログ

お餅を食べると便秘になる理由と、便秘予防の食べ方

2020年11月23日

11月も下旬になるとお正月まで後1か月ちょっとです。

お正月頃からお餅を食べる機会がふえると思いますが、お餅を食べると便秘になるという人がいます。

普段、便秘になることのない私でもお餅をたくさん食べると便秘になってしまうことがあります。

私だけに起きることでしょうか?いや、誰にでも起こることなので、今日はお持ちを食べても便秘にならない食べ方についてです。

 

お餅を食べると便秘になる2つの理由

お餅の材料はもち米です。

薬膳では私達がご飯として食べているうるち米ともち米では性質や特性が違うと考えられていて、うるち米よりもち米の方がパワーアップになると言われています。

うるち米が体を温めも冷ましもしない平性なのに対し、もち米は体を温める性質です。

両者ともに、お腹を強くしてパワーアップする食材ですが、もち米は下痢を止める止瀉作用があると言われる特性があります。

これを知らない時から、体感的に1日5~6個お餅を食べると便秘になると感じていました。

お正月だと、朝はお雑煮で2個、お昼は焼餅だけで済ますということはないですか?知らない間に5~6個は食べてしまっているんです。

お餅を食べて便秘になるのには、理由が2つあると言えます。

一つ目は、お餅が持つあの粘りによって、体の水分を出しにくくするため。

二つ目は、お餅だけで食事を済ませてしまうと(お昼など)絡めとって排泄する食物繊維や水分などを取らないため出しにくくなること。

こんな理由から、お餅を食べると便秘になりやすいのです。

 

お餅を食べて便秘になる理由

 

お餅をたくさん食べたり常食しない方がいい人

体質的に、お餅の持つ性質を避けた方が良い人もいます。

お餅は体を温めて、要らないものを出しにくくすると言う特性があるため、避けた方が良い人は、ニキビや湿疹など皮膚に水疱系のトラブルが出やすい人、冬でも薄着で過ごせる暑がりの人、痰の絡んだ咳が出たり、副鼻腔炎の人など。

また、今は出ていなくても春になると花粉症になる人、アレルギーのある人もたくさん食べたり常食しない方がよいタイプです。

水疱系の皮膚トラブルがある人や花粉症の人は、冷飲食や脂っこいもの、砂糖を使った甘いものなどで胃腸の働きを低下させ要らない水分を溜めている人が多いです。

ドロッとした鼻水や副鼻腔で鼻水が出にくい時は特にお餅は止めておいた方がよい食材になります。

 

お餅を食べても便秘になりにくい食べ方

1.お餅を食べても便秘になりにくい食べ方は、お雑煮のようにスープの中に入れて一緒に食べる

汁物と一緒に食べれば、お餅だけ食べるよりお腹がいっぱいになるので、お餅の食べ過ぎを予防できます。

スープ(出汁)には野菜やきのこなどなるべく繊維の多いものを具だくさんに入れて食べることも大切です。

その繊維質が、お餅と混ざり出しやすくするからです。

 

お餅を食べて便秘にならない方法

 

2.焼餅を食べる時は、大根おろしと一緒に食べる

生の大根にはジアスターゼという消化酵素が含まれています。

焼餅の食べ方に大根おろしに醤油を混ぜた辛み餅があります。これは実に理にかなった食べ方で、消化を助ける大根おろしを一緒に食べることでなかったことにする薬膳になっているのです。

 

3.海苔やもずくなどの海藻類と一緒に食べる

薬膳では、海藻類は体の中でドロッとなった要らない水分を排泄すると言われています。

焼餅に巻いて食べる海苔もそうですが、出汁の中にもずくやめかぶなどをいれて澄まし汁でいただくのは、粘りのあるお餅を食べることで更に要らない水分が粘度を増して出にくくなるのをなかったことにする薬膳です。

 

4.ぬか漬けを食べておく

腸の状態が良くないと便秘になってしまいます。腸の状態を良くしておくためには発酵食品を食べることも心掛けておきます。

特に、ぬか漬けなどの植物性乳酸菌は生きたまま腸に届きやすいと言われるので、ぬか漬けをおすすめします。

 

まとめ

お餅を食べると便秘になる理由は、もち米の持つ粘りが関わります。

ねばねばによって、体の中にある余分なものが出しにくくなるだけでなく、汁物と一緒に食べないとお餅だけではなかなかお腹がいっぱいにならないのでつい食べ過ぎてしまうということがあります。

また食物繊維も摂れないため、絡めとって排泄することができず体の中に停滞することになってしまうのです。

お餅を食べても便秘になりにくい食べ方は、出汁に入れて野菜やきのこなどの食物繊維が豊富なものと一緒に食べることと、焼餅で食べるなら辛み餅や海苔巻きなどを食べること。

腸内環境を保つためにぬか漬けを一緒に食べることで、後で苦しくならずに美味しくお餅を食べられます。

来年のお正月は便秘知らずでお餅を食べて下さいね。

 

【関連記事】
おせんべいがうるち米で作ったものか?もち米で作ったものかで違うお腹の張り

なかったことにする薬膳は知っていると一生使えるメソッド

 

 

体質的に食べない方が良いものを、たまに食べてもなかったことにできる薬膳の知恵が学べる無料メール講座配信中

 

お知らせ 活動報告

2024/5/16

【活動報告】体面でランチ付きみそ玉作りワークショップ開催

  2024年5月8日(水)に京都の二条城近くにあるレンタルスペースFRIEDENさんをお借りして、ランチ付きの『エイジングケアの美素玉作りワークショップ』を開講しました。 60分のレクチャーと45分のみそ玉作りです。 ワークショップ終了後は、オーガニックの材料を使ったランチを楽しんでいただきました。     レシピと作り方ならネットで調べたらすぐ出て来ます。 誰でもみそ玉ができますが、私がお伝えするみそ玉は、使う素材の性質や効能を薬膳で考えた「エイジングケアの美素玉」です。 ...

ReadMore

お知らせ プロ向け 活動報告

2024/4/30

【活動報告】第3期薬膳ヘルスビューティケアアドバイザー講座(アドバンス)全12回終了

偶然にも横浜で活動されるお二人が受講された『薬膳ヘルスビューティーケアアドバイザー認定講座(アドバンス全12回)』が終了しました。     『薬膳ヘルスビューティケアアドバイザー認定講座』はベーシック全7回とアドバンス全12回(事例検討会12回を含む)より構成されていて、それぞれのコースが終了された後、認定テストに合格されると、『薬膳ヘルスビューティケアアドバイザー』と『薬膳ヘルスビューティケアアマスターアドバイザー』に認定させていただきます。   この講座を受講されるのは、 ...

ReadMore

お知らせ 活動報告

2024/4/28

特別勉強会 3回目の「日本の食と日本人の健康を考えてみよう会」開講しました

2024年2月から月に一度のペースで外部講師をお招きして行っている『日本の食と日本人の健康を考えてみよう会』も4月22日(月)に3回目を迎えました。     3回目は農薬とは?から、遺伝子組み換えのメリットとリスク、ゲノム編集のメリットとデメリット、食品添加物と広範囲に渡りました。 農薬についてだけでもこれだけあります。  ・農薬の分類 ・農薬の使用目的 ・農薬の剤型 ・日本での農薬の現状と世界との比較 ・WHOで発がん性と示した農薬   体を作る食材の事を知らなければ選ぶ基 ...

ReadMore

お知らせ 中医学 活動報告 薬膳

2024/4/28

【活動報告】対面にて最短で基礎が学べる「きちんとわかる薬膳の基礎(全五回)」を開講しました

  2024年4月20日、21日の2日間で『きちんとわかる薬膳の基礎(全五回)』を対面にて開講しました。 4名の方が受講され、二日間で薬膳を始めるための中医学の基礎から食材の選び方、食材事典の読み方を学ばれました。 過去に、独学で学ばれたことがある方や単発で何度か他の方から学ばれたことがある方もいらっしゃいました。 日本人になじみがあるのは明治以降にオランダやドイツから入って来た西洋医学の考え方で、東洋医学の陰陽のバランスの取り方などの概念はあまり浸透していません。 そのため、これを本で学んだり ...

ReadMore

お知らせ 受講後の感想 活動報告

2024/4/22

【活動報告】怪しくない!面白い!東洋医学を実践するための気の話を開講しました

2024年4月24日(水)に二回目となる『怪しくない!面白い!東洋医学を実践するための気の話』を開講しました。     薬膳の基になる中医学では体の構成要素を「気・血・津液」の3つだと言います。   その中の「気」は元気、やる気、勇気など普段使っている言葉でも何となくは感じるもののハッキリとわかりにくいと誰もが思うものです。   そこで「気」にフォーカスして「気」とは一体どんなものなのか?をお伝えする講座となりました。   中国では日本の縄文時代以前から「 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

森澤孝美

「なかったことにする薬膳」と「簡単エイジングケア薬膳」でアラフィフをサポートする簡単エイジングケア薬膳講師。お惣菜でも外食でも選び方の理論が分れば薬膳になる。レシピが無くてもコツを掴んで実践できるとご好評。個人セッションも受付中。 薬膳食療法専門指導士。中医学と薬膳を学んだ後、多忙で食事が手作りできない人でも取り入れられる簡単エイジングケア薬膳講座を展開。日本全国より受講される。

-なかったことにする薬膳, ブログ
-, , , ,

© 2024 モーリー薬膳ラボ 簡単エイジングケア薬膳講師 森澤孝美 なかったことにする薬膳