お餅を食べて便秘にならない方法

なかったことにする薬膳 ブログ 便秘 食材

お餅を食べると便秘になる理由と、便秘予防の食べ方

11月も下旬になるとお正月まで後1か月ちょっとです。

お正月頃からお餅を食べる機会がふえると思いますが、お餅を食べると便秘になるという人がいます。

普段、便秘になることのない私でもお餅をたくさん食べると便秘になってしまうことがあります。

私だけに起きることでしょうか?いや、誰にでも起こることなので、今日はお持ちを食べても便秘にならない食べ方についてです。

 

お餅を食べると便秘になる2つの理由

お餅の材料はもち米です。

薬膳では私達がご飯として食べているうるち米ともち米では性質や特性が違うと考えられていて、うるち米よりもち米の方がパワーアップになると言われています。

うるち米が体を温めも冷ましもしない平性なのに対し、もち米は体を温める性質です。

両者ともに、お腹を強くしてパワーアップする食材ですが、もち米は下痢を止める止瀉作用があると言われる特性があります。

これを知らない時から、体感的に1日5~6個お餅を食べると便秘になると感じていました。

お正月だと、朝はお雑煮で2個、お昼は焼餅だけで済ますということはないですか?知らない間に5~6個は食べてしまっているんです。

お餅を食べて便秘になるのには、理由が2つあると言えます。

一つ目は、お餅が持つあの粘りによって、体の水分を出しにくくするため。

二つ目は、お餅だけで食事を済ませてしまうと(お昼など)絡めとって排泄する食物繊維や水分などを取らないため出しにくくなること。

こんな理由から、お餅を食べると便秘になりやすいのです。

 

お餅を食べて便秘になる理由

 

お餅をたくさん食べたり常食しない方がいい人

体質的に、お餅の持つ性質を避けた方が良い人もいます。

お餅は体を温めて、要らないものを出しにくくすると言う特性があるため、避けた方が良い人は、ニキビや湿疹など皮膚に水疱系のトラブルが出やすい人、冬でも薄着で過ごせる暑がりの人、痰の絡んだ咳が出たり、副鼻腔炎の人など。

また、今は出ていなくても春になると花粉症になる人、アレルギーのある人もたくさん食べたり常食しない方がよいタイプです。

水疱系の皮膚トラブルがある人や花粉症の人は、冷飲食や脂っこいもの、砂糖を使った甘いものなどで胃腸の働きを低下させ要らない水分を溜めている人が多いです。

ドロッとした鼻水や副鼻腔で鼻水が出にくい時は特にお餅は止めておいた方がよい食材になります。

 

お餅を食べても便秘になりにくい食べ方

1.お餅を食べても便秘になりにくい食べ方は、お雑煮のようにスープの中に入れて一緒に食べる

汁物と一緒に食べれば、お餅だけ食べるよりお腹がいっぱいになるので、お餅の食べ過ぎを予防できます。

スープ(出汁)には野菜やきのこなどなるべく繊維の多いものを具だくさんに入れて食べることも大切です。

その繊維質が、お餅と混ざり出しやすくするからです。

 

お餅を食べて便秘にならない方法

 

2.焼餅を食べる時は、大根おろしと一緒に食べる

生の大根にはジアスターゼという消化酵素が含まれています。

焼餅の食べ方に大根おろしに醤油を混ぜた辛み餅があります。これは実に理にかなった食べ方で、消化を助ける大根おろしを一緒に食べることでなかったことにする薬膳になっているのです。

 

3.海苔やもずくなどの海藻類と一緒に食べる

薬膳では、海藻類は体の中でドロッとなった要らない水分を排泄すると言われています。

焼餅に巻いて食べる海苔もそうですが、出汁の中にもずくやめかぶなどをいれて澄まし汁でいただくのは、粘りのあるお餅を食べることで更に要らない水分が粘度を増して出にくくなるのをなかったことにする薬膳です。

 

4.ぬか漬けを食べておく

腸の状態が良くないと便秘になってしまいます。腸の状態を良くしておくためには発酵食品を食べることも心掛けておきます。

特に、ぬか漬けなどの植物性乳酸菌は生きたまま腸に届きやすいと言われるので、ぬか漬けをおすすめします。

 

まとめ

お餅を食べると便秘になる理由は、もち米の持つ粘りが関わります。

ねばねばによって、体の中にある余分なものが出しにくくなるだけでなく、汁物と一緒に食べないとお餅だけではなかなかお腹がいっぱいにならないのでつい食べ過ぎてしまうということがあります。

また食物繊維も摂れないため、絡めとって排泄することができず体の中に停滞することになってしまうのです。

お餅を食べても便秘になりにくい食べ方は、出汁に入れて野菜やきのこなどの食物繊維が豊富なものと一緒に食べることと、焼餅で食べるなら辛み餅や海苔巻きなどを食べること。

腸内環境を保つためにぬか漬けを一緒に食べることで、後で苦しくならずに美味しくお餅を食べられます。

来年のお正月は便秘知らずでお餅を食べて下さいね。

 

【関連記事】
おせんべいがうるち米で作ったものか?もち米で作ったものかで違うお腹の張り

なかったことにする薬膳は知っていると一生使えるメソッド

 

 

体質的に食べない方が良いものを、たまに食べてもなかったことにできる薬膳の知恵が学べる無料メール講座配信中

なかったことにする薬膳が学べる7日間の無料メール講座

足の浮腫み

ブログ 五臓 浮腫み 食材

2021/4/14

むくみはあなたの食生活が原因かも?薬膳で考えるむくみの原因と対策

浮腫みの原因が、胃腸の弱りだと言ったら驚かれるかもしれませんね。 薬膳の基になる中医学では、消化器系を担当している働きに名前が付いていて「脾」と「胃」がそれに当たります。 脾と胃が弱ると要らない水分を溜めやすい体になると中医学では言われています。 ここでは、浮腫みの原因と対策を薬膳の視点からお伝えします。   むくみの原因となる食事前のこんな習慣 脾と胃は冷たいものと湿気に弱いことが言われているのですが、考えてみてください。 私達は、どれだけ冷たいものを飲んだり食べたりしているかということを。 ...

ReadMore

高齢出産ママへの出産祝い

ブログ 中医学 五臓 美容

2021/4/2

高齢出産ママのことを考えたママ向け出産祝い

女性は血に左右される性だと言われます。 薬膳の基になる中医学で言われる血とはカラダの構成要素の一つで、いわばカラダのガソリンに当たります。 酸素や栄養分を体の隅々まで運んでいるので臓器や細胞を生き生きと動かすまさにガソリンです。   女性が血に左右されると言われるのは、毎月の生理で物理的に出血するだけでなく、妊娠すると自分の血で10か月の間赤ちゃんを育て、出産後は母乳を与える。 母乳も血が形を変えたものです。   ずっと血を消耗していると思いませんか?   生殖に関わるのは五 ...

ReadMore

1日3リットルの水を飲んではいけない人

ブログ 中医学

2021/3/27

毎日水3リットル飲むダイエットや健康法をやってはいけない7タイプの人

タレントや芸能人が推奨している1日に水を3リットル以上飲むダイエットや健康法は誰にでも合うわけではありません。   彼らは、健康面と運動面でパーソナルトレーナーの指導を受け、その中に3リットル毎日水を飲むことが含まれているのかもしれません。 今の体の状態や体質に合うかどうかが分からないのに、自己流で始めるのは大変危険です。   ここでは、毎日水3リットルダイエットや健康法をやってはいけない人を中医学と薬膳の視点から7タイプに分けてお話します。       ...

ReadMore

献血の後の食事

ブログ メニュー 食材

2021/3/12

献血の後に食べると良い食事はコレ

コロナ禍になり緊急事態宣言が発令、外出機会が減ったことで献血する人が減少しているそうです。 コロナ以外の病気により手術が必要な人や、大けがなどの大量出血のために輸血が必要な時は献血による血液バンクの存在はとても大切ですよね。 機会があれば献血してみようという人、献血すると自分が疲れてしまうからとしり込みする人、いろいろだとは思います。 機会があれば献血したい人も献血すると自分が疲れてしまうという人も、献血した後の食べ物がとても大切です。 献血後には何を食べたら良いのでしょうか? 薬膳では、補血と言って体の ...

ReadMore

食事療法の効果が実感できない

スーパーフード ブログ 中医学

2021/3/8

食事療法を始めても効果を実感できない4つの原因

体のどこかに不調があって食事で健康になりたい人が、いろいろ試しても長続きしない、制限だらけで続かない、何より効果が感じられないから途中で嫌になる。 そんな経験はありませんか? 食事療法を始めても効果を実感できない4つの原因をお話します。   あなた基準ではなく、食べ物基準だから効果が実感できない   〇〇に良いと言う食べ物があなたに合うかどうか考えたことはありますか? 例えばあなたが透明でサラサラの鼻水が水道の蛇口をひねったように止まることなく出ているとします。 お腹を壊しやすいからと ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

森澤孝美

「なかったことにする薬膳」と「簡単アンチエイジング薬膳」でアラフィフからの美と健康をサポートする簡単エイジング薬膳講師。お惣菜でも外食でも選び方の理論が分れば薬膳になる。レシピが無くても コツを掴んで実践できるとご好評です。個人セッションも受付中。

-なかったことにする薬膳, ブログ, 便秘, 食材
-, , , ,

© 2021 なかったことにする薬膳 アンチエイジング簡単薬膳講師 森澤孝美