豆乳鍋 薬膳鍋

ブログ メニュー 食材

お鍋料理は定番の野菜や魚介、肉などの具材とお出汁を変えれば簡単に薬膳になる!

寒くなるとテーブルに載ることが増える料理と言えばお鍋、煮込み料理ですよね?

切った具材を、出汁の入ったお鍋に入れたら調理しながら食べられるお鍋は簡単に薬膳にしやすい料理です。

どんなところに気をつけたらオリジナル薬膳鍋になるかをお伝えします。

 

具材の特性を基にした出汁の選び方

最近は、スーパーに行けば味付けされた鍋のお出汁がレトルトになって売られています。

でも、簡単なので出汁を取ってしまいましょう。

目的別に分けてみると、

■ 寝不足、疲れ気味の時・・・かつおだし(簡単に出汁を取るには花かつお20g程度を市販のだしパックかお茶パックに分けて入れ沸騰した鍋に入れる。
火を止めてそのまま1~2分置いてだしパックを静かに鍋から出す。)

■ 浮腫みが気になる、雨の日または翌日が雨・・・昆布出汁

■ エイジングを気にする時・・・骨付き肉から取ったボーンブロス

■ 物忘れ予防・記憶力低下予防・・・煮干し出汁

これは、食材の効能を薬膳の視点から目的に合わせたものです。

かつおだしの鰹は赤身の魚です。薬膳では、赤身の魚や肉は睡眠不足によって減るとされる「気血津液」の血を補い、消化吸収を高めると言われます。

 

昆布だしの昆布は、体に溜まった要らないものをデトックスするのが得意です。特に、浮腫みや水太り、脂肪が気になる時、雨の日や雨の前日など

湿気の影響で不調になる場合は昆布出汁にします。

 

鶏肉や豚のスペアリブから取ったボーンブロスには、骨から溶け出した骨髄も含まれます。エイジングを担当する五臓の「腎」に蓄えられていると言われる

人の生命力「腎精」から作られるものには、骨や歯、脳、血、髪の毛、足腰の丈夫さなどがありますが、年齢と共に「腎精」が減ることで、

骨がもろくなり、葉が弱ります。脳が委縮したり脳への血流が減れば認知症に。髪の毛は血の余り「血余(けつよ)」と言われ血が少ないとメンタルが安定せず

不眠症や、寝つきが悪くなったり夜中によく夢を見るようになります。高齢者になって足腰が衰えるのも腎の弱り。

日頃から、骨付き肉のスープと骨付き肉を食べることでエイジングのスピードを緩めることができると言うのが薬膳の考え方です。

 

脳への血流量を高めておくことが記憶力の低下を防ぐと考えられるため、日ごろからDHAやEPAを多く含む青背の魚を積極的に食べます。

みそ汁の出汁やお鍋でも煮干し出汁を使うことで、脳への血流量を増やすことを意識します。これは、受験生にも当てはまりますよ!

 

食材の特性を活かした使う食材(具材やつけダレの材料)の選び方

いつも、定番にしてしまっているお鍋の具材も、食材の効能で選べば薬膳料理が簡単にできてしまいます。

目的別に分けてみると、

■ 寝不足、疲れ気味の時・・・白菜、長ネギ、玉ねぎ、長芋、かぼちゃ、白身魚、鶏肉、黒きくらげ、しいたけやエリンギなどのきのこ類

■ 浮腫みが気になる時・・・緑豆もやし、こんにゃく、冬瓜、水菜、レタス、白身魚、もずくやわかめなどの海藻類

■ エイジングを気にする時・・・黒きくらげ、海老、ニラ、帆立、ムール貝、うずらの玉子、豚肉、鶏肉、牛肉、黒酢、黒ごまペースト

■ 乾燥予防・・・長芋、白きくらげ、クレソン、春菊、エリンギ、ほうれん草、モロヘイヤ、イカ、牡蠣、はまぐり、豚肉、鴨肉、豆腐、豆乳、白ごまペースト

■ 極寒の日・・・ ラム肉、ニラ、海老、にんにく、生姜、長ねぎ、玉ねぎ、唐辛子 (キムチ)

 

いつも同じ定番の具材ではなく、ここに挙げた具材を上手く組み合わせて目的に合わせた薬膳鍋を作ってみてください。

 

お鍋料理は定番の野菜や魚介、肉などの具材とお出汁を変えれば簡単に薬膳になる! まとめ

お出汁と具材の組み合わせに漬けダレの組み合わせで、目的別の薬膳鍋ができます。

具材だけでなく、お出汁の材料になる食材の特性を考えれば、お出汁+具材のスープになるからです。

つけダレを使う場合は、つけダレの効能も合わせて考えます。

漢方薬が「煎じる」と言うように、スープの中に食材の効能が抽出されると考えれば、出汁も一緒にいただく日本のお鍋は作りやすい薬膳料理ですね。

 

おでん

 

 

体質的に食べない方が良いものを、たまに食べてもなかったことにできる薬膳の知恵が学べる無料メール講座配信中

なかったことにする薬膳が学べる7日間の無料メール講座

生姜の効果的な摂り方

ブログ 食材

2021/5/3

生姜の効果的な摂り方を薬膳の視点から見た使い分け方

数年前にショウガブームがありました。   おろしショウガのマイチューブを持ち歩き、外食してもお茶を飲んでもチューブのおろしショウガを加えて食べたり飲んだりする人がいました。   薬膳では、ショウガは生の状態で使うのか、蒸して乾燥させたものを使うのかでは効能が違うことから、目的に合わせた生姜の効果的な摂り方をお伝えします。     生姜で効果的に中まで温めたいのか、表面の寒気を飛ばしたいのかで摂り方を変える   薬膳では生のショウガを生姜(しょうきょう)と呼 ...

ReadMore

カウンセリング受付中

お知らせ カウンセリング

2021/4/29

1か月間何度でも質問・カウンセリング可能な伴走型継続カウンセリングのご案内

いつも大変お世話になっております。 簡単エイジング薬膳講師の森澤孝美です。 2021年5月より1か月間何度でも質問フリー・カウンセリングフリーの伴走型継続カウンセリングを始めます。   一度のカウンセリングだけでは、なかなか食生活は変えられません。 また、季節によっても体調は変化します。   ジメジメした梅雨に体調を崩しやすい日本人女性。 今のうちにベースの体を食事でできるだけフラットにしておくと梅雨から夏に楽に過ごせる可能性があります。 カウンセリングを受けて食事を実践した結果を踏ま ...

ReadMore

むくみ対策の旬の食べ物

ブログ 浮腫み 食材

2021/5/3

むくみ対策になる旬の食べ物

    コロナ禍で運動不足の人が増えています。 それでなくても男性より筋肉が少なく浮腫みやすい女性。 座っている時間が長く外へ出て歩く回数が減りテレワークで通勤がなくなるとまさに運動不足から浮腫みやすくなってしまいます。 ここでは、今が旬の食材の中でスーパーで買えるものから浮腫み対策になるものを薬膳の視点でご紹介します。   利尿・利水効果のあるものを選ぶ   浮腫みは血流の悪さから毛細血管から細胞の間に流れる水分量が増えたり、毛細血管やリンパ管へ吸収される水分量が ...

ReadMore

足の浮腫み

ブログ 五臓 浮腫み 食材

2021/4/14

むくみはあなたの食生活が原因かも?薬膳で考えるむくみの原因と対策

浮腫みの原因が、胃腸の弱りだと言ったら驚かれるかもしれませんね。 薬膳の基になる中医学では、消化器系を担当している働きに名前が付いていて「脾」と「胃」がそれに当たります。 脾と胃が弱ると要らない水分を溜めやすい体になると中医学では言われています。 ここでは、浮腫みの原因と対策を薬膳の視点からお伝えします。   むくみの原因となる食事前のこんな習慣 脾と胃は冷たいものと湿気に弱いことが言われているのですが、考えてみてください。 私達は、どれだけ冷たいものを飲んだり食べたりしているかということを。 ...

ReadMore

高齢出産ママへの出産祝い

ブログ 中医学 五臓 美容

2021/4/2

高齢出産ママのことを考えたママ向け出産祝い

女性は血に左右される性だと言われます。 薬膳の基になる中医学で言われる血とはカラダの構成要素の一つで、いわばカラダのガソリンに当たります。 酸素や栄養分を体の隅々まで運んでいるので臓器や細胞を生き生きと動かすまさにガソリンです。   女性が血に左右されると言われるのは、毎月の生理で物理的に出血するだけでなく、妊娠すると自分の血で10か月の間赤ちゃんを育て、出産後は母乳を与える。 母乳も血が形を変えたものです。   ずっと血を消耗していると思いませんか?   生殖に関わるのは五 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

森澤孝美

「なかったことにする薬膳」と「簡単アンチエイジング薬膳」でアラフィフからの美と健康をサポートする簡単エイジング薬膳講師。お惣菜でも外食でも選び方の理論が分れば薬膳になる。レシピが無くても コツを掴んで実践できるとご好評です。個人セッションも受付中。

-ブログ, メニュー, 食材
-, , , , , , , ,

© 2021 なかったことにする薬膳 アンチエイジング簡単薬膳講師 森澤孝美