女性がイライラしやすい原因にもなる潤い成分は?

ブログ 中医学

熱中症予防の潤いの素は水分だけではありません

毎日最高気温が40℃近いお盆です。

救急車のサイレンが聞こえるのは、熱中症で運ばれているのか?それも不思議ではありません。

 

毎年熱中症予防には、こまめな水分補給と適切にエアコンを使いましょう。と言われます。

でも、その飲み物の温度やどんなものが良いのか?までは言われません。

 

水を飲めば良い訳じゃありません

 

ただ何リットルもの水を飲んでも胃液が薄まるだけです。

汗としてカラダから出てしまう体液の量で摂るべき水の量も違うはずです。

そして、お茶やコーヒーでは利尿作用が強いために、多くはカラダを素通りして尿として出てしまいます。

もともと胃腸が弱くて、すぐお腹がちゃぽちゃぽしてしまうなら、一気に飲まなくても少量でしっかりカラダを潤わせてくれるものが良いですよね?

そのためには、水を飲むことだけでなくカラダの水分を補う特性のある食材を摂ることです。

例えば、瓜類を食べるとカラダにこもった熱を冷まして、必要な水分をすばやく補うことができるのです。かぼちゃを除く瓜類にはカラダを冷やす性質があり、必要な水分は補いながら要らない水分は排出する特性があるからです。

早くカラダを冷やして必要な水分を細胞に届けるには、水よりきゅうりやスイカだというのはこの理由からなのです。

 

 

お肌の乾燥やドライアイなどの予防にもなるのは「血」を増やすことです

 

更年期以降の女性は、お肌の乾燥だけじゃなくドライアイやドライマウスなどといった潤い不足からくる症状も出てきます。

すでにこんな症状が出ているなら、熱中症には特に気をつける必要があります。

すでにカラダの潤い不足のサインだからです。

潤いの素は、なにも水だけではないですよね?

カラダの中にある液体、「血」だって潤いの素なのですから。

普段から「血」を増やす食材を意識して摂ってくださいね。

特に女性は!!

 

 

「血」が増えるとイライラしたり不眠の解消にもなります

 

女性は初潮を迎えてから毎月の月経で血を失います。

そして妊娠出産母乳での育児とこれもまた自らの血を使ってわが子を育てているのです。

中医学では、女性の一生は「血」に左右されると言われるほど、女性にとって「血」は大切!!

「血」がたっぷりあってしっかり巡っていれば、お肌もツヤツヤで血色がよく、シミやクマもありません。

夜もしっかり眠れるし、メンタルも安定します。

 

女性が男性よりヒステリーになるのは、「血」が不足しているからです。

熱中症予防にも「血」を作ることを意識して赤いものや黒いものを食べるようにしてください。

 

クコの実は「血」と潤いの両方を増やすアンチエイジング食材です。

欧米でもゴジベリーとして有名です。

スーパーの中華食材コーナーで買えるので食べてみてください。

黒豆茶と一緒にふやかして食べてもいいし、にんじんしりしりに一緒に入れても美味しいです。

 

 

まとめ

 

熱中症予防には、こまめな水分補給と適切にエアコンを使うことが大切です。

これにプラスして「血」を増やすことを意識してください。

「血」も体の中の液体です。

汗で水分が失われると、血液中の水に当たるもの(現代医学でいう血しょう)が細胞を潤すために血液から出て行き、血がドロドロになってしまいます。

その予防のためにも、水分だけでなく「血」を補うことを忘れずに。

いつまでも美しくメンタルも整った女性でいるためのコツです。

 

 

【関連記事】

潤いアップには水分だけでなく増やすものがある

 

体質的に食べない方が良いものを、たまに食べてもなかったことにできる薬膳の知恵が学べる無料メール講座配信中

なかったことにする薬膳が学べる7日間の無料メール講座

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

森澤孝美

「なかったことにする薬膳」と「簡単アンチエイジング薬膳」でアラフィフからの美と健康をサポートする簡単エイジング薬膳講師。お惣菜でも外食でも選び方の理論が分れば薬膳になる。レシピが無くても コツを掴んで実践できるとご好評です。個人セッションも受付中。

-ブログ, 中医学,
-, , , ,

© 2020 なかったことにする薬膳 アンチエイジング簡単薬膳講師 森澤孝美