女性がイライラしやすい原因にもなる潤い成分は?

ブログ 中医学

熱中症予防の潤いの素は水分だけではありません

毎日最高気温が40℃近いお盆です。

救急車のサイレンが聞こえるのは、熱中症で運ばれているのか?それも不思議ではありません。

 

毎年熱中症予防には、こまめな水分補給と適切にエアコンを使いましょう。と言われます。

でも、その飲み物の温度やどんなものが良いのか?までは言われません。

 

水を飲めば良い訳じゃありません

 

ただ何リットルもの水を飲んでも胃液が薄まるだけです。

汗としてカラダから出てしまう体液の量で摂るべき水の量も違うはずです。

そして、お茶やコーヒーでは利尿作用が強いために、多くはカラダを素通りして尿として出てしまいます。

もともと胃腸が弱くて、すぐお腹がちゃぽちゃぽしてしまうなら、一気に飲まなくても少量でしっかりカラダを潤わせてくれるものが良いですよね?

そのためには、水を飲むことだけでなくカラダの水分を補う特性のある食材を摂ることです。

例えば、瓜類を食べるとカラダにこもった熱を冷まして、必要な水分をすばやく補うことができるのです。かぼちゃを除く瓜類にはカラダを冷やす性質があり、必要な水分は補いながら要らない水分は排出する特性があるからです。

早くカラダを冷やして必要な水分を細胞に届けるには、水よりきゅうりやスイカだというのはこの理由からなのです。

 

 

お肌の乾燥やドライアイなどの予防にもなるのは「血」を増やすことです

 

更年期以降の女性は、お肌の乾燥だけじゃなくドライアイやドライマウスなどといった潤い不足からくる症状も出てきます。

すでにこんな症状が出ているなら、熱中症には特に気をつける必要があります。

すでにカラダの潤い不足のサインだからです。

潤いの素は、なにも水だけではないですよね?

カラダの中にある液体、「血」だって潤いの素なのですから。

普段から「血」を増やす食材を意識して摂ってくださいね。

特に女性は!!

 

 

「血」が増えるとイライラしたり不眠の解消にもなります

 

女性は初潮を迎えてから毎月の月経で血を失います。

そして妊娠出産母乳での育児とこれもまた自らの血を使ってわが子を育てているのです。

中医学では、女性の一生は「血」に左右されると言われるほど、女性にとって「血」は大切!!

「血」がたっぷりあってしっかり巡っていれば、お肌もツヤツヤで血色がよく、シミやクマもありません。

夜もしっかり眠れるし、メンタルも安定します。

 

女性が男性よりヒステリーになるのは、「血」が不足しているからです。

熱中症予防にも「血」を作ることを意識して赤いものや黒いものを食べるようにしてください。

 

クコの実は「血」と潤いの両方を増やすアンチエイジング食材です。

欧米でもゴジベリーとして有名です。

スーパーの中華食材コーナーで買えるので食べてみてください。

黒豆茶と一緒にふやかして食べてもいいし、にんじんしりしりに一緒に入れても美味しいです。

 

 

まとめ

 

熱中症予防には、こまめな水分補給と適切にエアコンを使うことが大切です。

これにプラスして「血」を増やすことを意識してください。

「血」も体の中の液体です。

汗で水分が失われると、血液中の水に当たるもの(現代医学でいう血しょう)が細胞を潤すために血液から出て行き、血がドロドロになってしまいます。

その予防のためにも、水分だけでなく「血」を補うことを忘れずに。

いつまでも美しくメンタルも整った女性でいるためのコツです。

 

 

【関連記事】

潤いアップには水分だけでなく増やすものがある

 

体質的に食べない方が良いものを、たまに食べてもなかったことにできる薬膳の知恵が学べる無料メール講座配信中

なかったことにする薬膳が学べる7日間の無料メール講座

アンチエイジング薬膳 薬膳講師森澤孝美

スーパーフード ブログ 五臓 食材

2021/1/18

チョコレートが止められない人はこれに気をつけると止めなくても良い

チョコレート好きな人は多いですね。 仕事の疲れを癒したり、楽しいお喋りのお伴としてチョコレートは人気です。 でも、チョコレートが止められないと罪悪感を持っている人がいます。 チョコレートはなぜ止められないのでしょう? 本当にチョコレートは止めた方がよいのでしょうか? あることに気をつければチョコレートは止める必要はありません。 それどころか、食べることをおすすめしたいほどです。 ここでは、チョコレートが止められない人が気をつければ、食べることを止めなくても良いポイントを書きます。   &nbsp ...

ReadMore

豆乳を分離させない

ブログ メニュー 潤い 食材

2021/1/16

簡単に豆乳鍋を分離させない方法で潤いアップ薬膳

豆乳鍋や豆乳を使ったスープを作る時に、うまく行かないことはないですか? 失敗になるのは、豆乳が分離してボロボロと塊ができてしまう状態です。 豆乳に含まれているたんぱく質が熱と塩分によって固まるのです。 そのまま静かにしていれば湯葉ができますが、かき混ぜたりお鍋は食べている間に具を動かすことになるためボロボロ状態になるという訳です。 豆乳鍋を分離させない方法は、塩と油にポイントがあります。         豆乳の種類でも分離が違う   豆乳には、無調整豆乳と ...

ReadMore

カニ鍋で冷やさず栄養を摂る

ブログ メニュー 食材

2021/1/11

カニは体を冷やすが冷やさず食べる3つのポイント

日本の冬はカニが美味しいですね。 カニは低カロリーで低脂肪。更年期世代以降におすすめの栄養も豊富なのでたまには食べたい食材の一つです。 薬膳では、カニには血行改善、血液浄化、髄を補填する、五臓の肝と腎を強くさせると言われます。 現代栄養学でも、カニに含まれるキチンキト酸に免疫機能改善や整腸作用があると言われ、甲羅のアスタキサンチンに活性酸素消去、タコなどにも含まれるタウリンが血中コレステロール値や高血圧を抑制し、動脈硬化予防になると言われています。 また、カルシウムが豊富に含まれることから骨や骨髄再生効果 ...

ReadMore

コロナ対策 なかったことにする薬膳 森澤孝美

お知らせ

2021/1/4

2021年の対面講座におけるコロナ対策

2021年から、簡単エイジング薬膳講師 森澤孝美の主催する対面での薬膳講座に関しまして、コロナ対策を以下のように徹底します。 安心してご受講ください。   ■講師・調理担当者の対策 〇毎朝の検温 〇こまめな手指消毒 〇マスク着用 〇フェイスシールド着用 ■会場内対策 〇開場前に、ドアノブ・テーブル・椅子など受講される方が触れるすべての場所の消毒 〇開場前に、トイレは便座・便器・床の消毒 〇換気扇の常時使用 〇常時テーブルに消毒液を設置。ご自由にお使いいただけます。 ■受講される方にご協力頂く対策 ...

ReadMore

生の大根と調理した大根の違い なかったことにする薬連

ブログ 中医学 食材

2021/1/4

大根の生で食べる時と調理した時の違い

でんぷんの消化を助ける酵素、ジアスターゼが含まれることから、お餅を食べるなら大根おろしに醤油を混ぜて食べるからみ餅をおすすめしたり、脂っこいものを食べる時や焼き魚に大根おろしをおすすめしています。 これらはいつも生の大根です。 日本では冬になるとおでんに入れたり、ふろふき大根にしたり、味噌汁やお鍋に入れるなど調理して味のしみた美味しい大根を食べる食文化もあります。 生の大根と調理した大根では何が違うのか?これを薬膳の視点からお伝えしますね。     生の大根の特徴 生の大根には、でんぷ ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

森澤孝美

「なかったことにする薬膳」と「簡単アンチエイジング薬膳」でアラフィフからの美と健康をサポートする簡単エイジング薬膳講師。お惣菜でも外食でも選び方の理論が分れば薬膳になる。レシピが無くても コツを掴んで実践できるとご好評です。個人セッションも受付中。

-ブログ, 中医学,
-, , , ,

© 2021 なかったことにする薬膳 アンチエイジング簡単薬膳講師 森澤孝美