ステーキと付け合わせ野菜

ブログ メニュー 浮腫み 食材

牛肉の脂身で胸やけや胃もたれする時のおすすめ付け合わせ野菜

これから年末年始にかけて、ローストビーフやステーキ、しゃぶしゃぶなどを食べる機会が増えてきますね。

2020年はコロナの影響で忘年会は少ないかもしれません。でも、家族で囲むクリスマスや年末年始にいつもより上等のお肉で脂がちょっとキツイという時、どうしていますか?

脂身の消化を助ける食材があれば、それを使ったタレにしたり、食事中のドリンクや食後のデザートでそれを食べておけば胃もたれや胸やけの心配がなくなると思いませんか?

 

薬膳では、肉の脂身の消化を助ける食材があります

薬膳では、もともと薬として使われるものと食材の区別がありません。なぜなら、薬も天然の植物や動物、鉱物だからです。

今でも、本場の中国、台湾、香港などでは乾物屋さんで売られているものには、日本ではなかなか手に入らないものがあります。

それを現地の方は調理して食事の中に入れて食べるんです。食文化の違いから日本人には鶏れにくいものもあります。

そんなものの中でも、植物系のものは取り入れやすいのでおすすめです。

肉の脂身の消化を助けるものは、脂によって胸焼けしたり胃もたれする人の「なかったことにする薬膳」になるからです。

そして、普段付け合わせ野菜として出て来る野菜にも消化を助けるものがあります。これがわかれば残さず食べようと思いませんか?

サンザシ

砂糖を加えてお菓子になったサンザシ

 

肉の脂身の消化を助ける食材は山査子(さんざし)です

中華料理の酢豚にも入れられている山査子(さんざし)という食材があります。

これは、バラ科の山査と言う植物の果実を干したものです。姫リンゴのような形と大きさ。

肉の食べ過ぎ、脂身での胸やけなどに良いとされています。これは、山査子にたんぱく質分解酵素が豊富に含まれるからです。

酸っぱい味が特徴なので、ローストビーフのタレに混ぜたり、ステーキソースに入れると食べながら肉の消化を助けることになります。

また、砂糖を入れてお菓子になったものもあるので、食後に2個くらい食べておくと胃もたれなどの緩和になります。

 

ステーキの付け合わせに使われる野菜の中にも胃もたれに良いものがあります

ステーキの付け合わせによく使われるアスパラガスやクレソン。

これらも、消化を助けて血液をきれいにしたり、肉によって体にこもった熱を下げる働きがあります。

アスパラガスは代謝を良くして浮腫み改善にも効果があると言われるため、お酒を飲みながら肉類を食べる時に加えると良いです。

肉類や脂は消化に時間がかかるため、胃腸が弱っている時は負担になります。なので、少しでも消化を助けるために付け合わせ野菜でなかったことにすることは

食べたいものを少しでも負担なく食べるための知恵なのです。

 

ステーキと野菜でなかったことにする薬膳

ステーキの付け合わせ野菜には消化を助けるものがあります

 

和風ステーキがおススメなのは胃腸への負担が少なく胸焼け・胃もたれになりにくい食べ方だからです

大根おろしを添えて、醤油ベースのソースでサッパリ食べる和風ステーキ。

これは胃腸への負担が少ないステーキの食べ方になります。それは大根おろしと一緒に食べるからです。

生の大根に含まれるジアスターゼは消化酵素。消化に時間のかかるステーキを食べる時に、消化酵素を一緒に摂れば少ない負担で食べることができます。

 

肉の脂身で胃もたれ・胸焼けにならないための付け合わせ野菜 まとめ

ステーキを食べる時は、クレソンやアスパラガスを付け合わせ野菜か、サラダとして必ず食べると消化の助けになり、肉や脂でこもりがちな熱を冷ます働きを同時にします。

付け合わせ野菜として、クレソンやアスパラガスがなかったら、おろし大根とポン酢で食べる。

大根の消化酵素ジアスターゼで肉の消化が良くなります。クレソンやアスパラガス同様にこもりがちな熱を冷ます働きもあります。

ソース、つけダレなどにうまく山査子を使う。

山査子ソースやつけダレ、ドレッシングの酸味としてうまく利用することで、ここでも消化を助けることができます。

もしどれも無理な場合は、肉を食べた後に山査子のお菓子を少したべておくこともおすすめです。

せっかく食べるお肉、食べた後で胃もたれや胸やけにならないように、適量を胃腸への負担を少なくして美味しく食べて下さいね。

 

【関連記事】

血液ドロドロタイプの人がお肉を健康的に食べるための3つの組み合わせ

薬膳ローストビーフレシピ

 

体質的に食べない方が良いものを、たまに食べてもなかったことにできる薬膳の知恵が学べる無料メール講座配信中

なかったことにする薬膳が学べる7日間の無料メール講座

お餅を食べて便秘にならない方法

なかったことにする薬膳 ブログ 便秘 食材

2020/11/23

お餅を食べると便秘になる理由と、便秘予防の食べ方

11月も下旬になるとお正月まで後1か月ちょっとです。 お正月頃からお餅を食べる機会がふえると思いますが、お餅を食べると便秘になるという人がいます。 普段、便秘になることのない私でもお餅をたくさん食べると便秘になってしまうことがあります。 私だけに起きることでしょうか?いや、誰にでも起こることなので、今日はお持ちを食べても便秘にならない食べ方についてです。   お餅を食べると便秘になる2つの理由 お餅の材料はもち米です。 薬膳では私達がご飯として食べているうるち米ともち米では性質や特性が違うと考え ...

ReadMore

PTA向けオンライン

お知らせ 活動報告

2020/11/19

PTA研修会を薬膳講座オンライン(zoom)で終了しました! 奈良県私立幼稚園PTA連合会第一ブロック様

昨年度に引き続き、奈良県私立幼稚園PTA連合会第一ブロック様の研修会をさせていただきました。 今年はコロナ禍ということで、お子様の通われる幼稚園の行事すら流動的な状況下、オンラインなら開催できる!とお声かけいただいたことに感謝いたします。   奈良県私立幼稚園PTA連合会第一ブロックの皆さま     子育て中だからこそ自分の事に目を向けるきっかけを作りたい 事前にどんなテーマでセミナーをご希望されるか伺ったところ、ご自身の美容やリラックスに関わることをやって欲しいとのご意見が ...

ReadMore

なかったことにする薬膳

なかったことにする薬膳 ブログ 中医学 食材

2020/11/17

なかったことにする薬膳のメリット

薬膳は中国伝統医学(中医学)を基礎に、食材の性質や効能を使って不調の改善や予防として使われて来た食療法です。 中医学の考え方は、不調そのものだけを治すのではなく、その不調の起きる原因を探り本物の病気になる前に悪化するのを少しでも防ごうというものです。 もともと皇帝の不老長寿と子孫繁栄の目的で発展して来たので、寿命を伸ばし生活の質(QOL)を上げることが得意です。 病気になるまで好き放題食べたり生活するのではなく、病気になる前の小さな不調の段階でに元の健康状態に早めに戻すことを目的とします。 体調の変化を早 ...

ReadMore

ものもらい 食べ物

ブログ 中医学 目の不調 食材

2020/11/12

ものもらいができた時に食べると良いもの、止めた方が良いもの

疲れが溜まったり、睡眠不足になるとできやすい「ものもらい」。 ものもらいは関東の言い方で、関西圏では「めばちこ」、他の地域では「めいぼ」などと呼ばれる目の炎症です。 正確には、麦粒腫と言い細菌感染が原因ですが、似た症状の物に霰粒腫(さんりゅうしゅ)というものもあります。 どちらもまぶたの内側や、目のきわ、まつげの生え際などの炎症です。 しかし、この二つには原因の違いがあります。それぞれ炎症に変わりはありません。 何度も繰り返すようなら体質的な原因やよく食べているものが原因の事があります。 ここでは、それぞ ...

ReadMore

焼き餃子でエイジングケア薬膳ができます。

ブログ レシピ 中医学 食材

2020/11/9

エイジングケア薬膳餃子の材料はコレ

薬膳は家庭ではできないと思われている方が多いのではないでしょうか? 薬膳の発祥の地、中国ではもともと薬となるものと食材の区別がありませんでした。 自然の中にあるものを飲んだり食べたりしてみたら、体に変化があることに気づいたのです。 なので、最初は皇帝の食事がその日の体調に合わせたものとなり、具合が悪い時にコレを食べたら良くなった!この不調にはこれが良かった!と言った経験値から薬膳が発展したと言っても過言ではないでしょう。 皇帝のための物ということは、目的があります。 皇帝の不老長寿とお世継ぎの誕生です。そ ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

森澤孝美

「なかったことにする薬膳」と「簡単アンチエイジング薬膳」でアラフィフからの美と健康をサポートする簡単エイジング薬膳講師。お惣菜でも外食でも選び方の理論が分れば薬膳になる。レシピが無くても コツを掴んで実践できるとご好評です。個人セッションも受付中。

-ブログ, メニュー, 浮腫み, , 食材
-, , ,

© 2020 なかったことにする薬膳 アンチエイジング簡単薬膳講師 森澤孝美