ブログ メニュー 浮腫み 食材

牛肉の脂身で胸やけや胃もたれする時のおすすめ付け合わせ野菜

2020年11月3日

これから年末年始にかけて、ローストビーフやステーキ、しゃぶしゃぶなどを食べる機会が増えてきますね。

2020年はコロナの影響で忘年会は少ないかもしれません。でも、家族で囲むクリスマスや年末年始にいつもより上等のお肉で脂がちょっとキツイという時、どうしていますか?

脂身の消化を助ける食材があれば、それを使ったタレにしたり、食事中のドリンクや食後のデザートでそれを食べておけば胃もたれや胸やけの心配がなくなると思いませんか?

 

薬膳では、肉の脂身の消化を助ける食材があります

薬膳では、もともと薬として使われるものと食材の区別がありません。なぜなら、漢方薬も天然の植物や動物などだからです。

今でも、本場の中国、台湾、香港などでは乾物屋さんで売られているものには、日本ではなかなか手に入らないものがあります。

それを現地の方は調理して食事の中に入れて食べるんです。食文化の違いから日本人には取り入れにくいものもあります。

そんなものの中でも、植物系のものは取り入れやすいのでおすすめです。

肉の脂身の消化を助けるものは、脂によって胸焼けしたり胃もたれする人の「なかったことにする薬膳」になるからです。

そして、普段付け合わせ野菜として出て来る野菜にも消化を助けるものがあります。これがわかれば残さず食べようと思いませんか?

サンザシ

砂糖を加えてお菓子になったサンザシ

 

肉の脂身の消化を助ける食材は山査子(さんざし)です

中華料理の酢豚にも入れられている山査子(さんざし)という食材があります。

これは、バラ科の山査と言う植物の果実を干したものです。姫リンゴのような形と大きさ。

肉の食べ過ぎ、脂身での胸やけなどに良いとされています。これは、山査子にたんぱく質分解酵素が豊富に含まれるからです。

酸っぱい味が特徴なので、ローストビーフのタレに混ぜたり、ステーキソースに入れると食べながら肉の消化を助けることになります。

また、砂糖を入れてお菓子になったものもあるので、食後に2個くらい食べておくと胃もたれなどの緩和になります。

 

ステーキの付け合わせに使われる野菜の中にも胃もたれに良いものがあります

ステーキの付け合わせによく使われるアスパラガスやクレソン。

これらも、消化を助けて血液をきれいにしたり、肉によって体にこもった熱を下げる働きがあります。

アスパラガスは代謝を良くして浮腫み改善にも効果があると言われるため、お酒を飲みながら肉類を食べる時に加えると良いです。

肉類や脂は消化に時間がかかるため、胃腸が弱っている時は負担になります。なので、少しでも消化を助けるために付け合わせ野菜でなかったことにすることは

食べたいものを少しでも負担なく食べるための知恵なのです。

 

ステーキと野菜でなかったことにする薬膳

ステーキの付け合わせ野菜には消化を助けるものがあります

 

和風ステーキがおススメなのは胃腸への負担が少なく胸焼け・胃もたれになりにくい食べ方だからです

大根おろしを添えて、醤油ベースのソースでサッパリ食べる和風ステーキ。

これは胃腸への負担が少ないステーキの食べ方になります。それは大根おろしと一緒に食べるからです。

生の大根に含まれるジアスターゼは消化酵素。消化に時間のかかるステーキを食べる時に、消化酵素を一緒に摂れば少ない負担で食べることができます。

 

肉の脂身で胃もたれ・胸焼けにならないための付け合わせ野菜 まとめ

ステーキを食べる時は、クレソンやアスパラガスを付け合わせ野菜か、サラダとして必ず食べると消化の助けになり、肉や脂でこもりがちな熱を冷ます働きを同時にします。

付け合わせ野菜として、クレソンやアスパラガスがなかったら、おろし大根とポン酢で食べる。

大根の消化酵素ジアスターゼで肉の消化が良くなります。クレソンやアスパラガス同様にこもりがちな熱を冷ます働きもあります。

ソース、つけダレなどにうまく山査子を使う。

山査子ソースやつけダレ、ドレッシングの酸味としてうまく利用することで、ここでも消化を助けることができます。

もしどれも無理な場合は、肉を食べた後に山査子のお菓子を少したべておくこともおすすめです。

せっかく食べるお肉、食べた後で胃もたれや胸やけにならないように、適量を胃腸への負担を少なくして美味しく食べて下さいね。

 

【関連記事】

血液ドロドロタイプの人がお肉を健康的に食べるための3つの組み合わせ

薬膳ローストビーフレシピ

 

体質的に食べない方が良いものを、たまに食べてもなかったことにできる薬膳の知恵が学べる無料メール講座配信中

 

節分の福豆と恵方巻

ブログ メニュー 行事食

2023/2/3

節分の食べ物にはどんな薬膳的効能があるか?

    節分は、二十四節気の最後の日です。 節分の翌日は、立春で、暦の上では春の始まりの日に当たり二十四節気の始まりの節気です。 八十八夜、二百十日などは、立春を起点にしたもの。   節分の行事食である豆まきの大豆と恵方巻。この二つは食材の性質や効能的に組み合わせることに意味がある薬膳です。 恵方巻を食べる時は、豆まきの大豆もぜひ食べるようにしてください。   節分は言わば、大晦日です。 節を分けると書きますね。 節分には、豆をまいて季節の変わり目に起こりやすい災い ...

ReadMore

お知らせ 出張講座 活動報告

2023/1/26

朝日カルチャーセンターにて「人生100年時代のエイジングケア薬膳」講座終了しました

  2023年1月25日(水)に2023年最初の朝日カルチャーセンターくずは教室様に『人生100年時代のエイジングケア~自分でできる薬膳入門』が終了しました。 2022年より、年に四回各シーズンごとの講座の際は、教室にての対面受講と同時配信のオンライン受講のハイブリッドで開講されています。   今回も、対面は、リピートの方々と初めての方、東京や岡山からオンラインで受講くださった方々もいらっしゃいました。   今回のテーマは、日々、自分でできる簡単なエイジングケア薬膳です。 & ...

ReadMore

ブログ メニュー 消化

2023/1/10

お粥とおじやと雑炊で一番消化に良いもの~薬膳の視点から解説

1月7日の七草粥が終わり、もうお粥は来年まで食べることは無いと思っていませんか? 「お粥は病気の時に食べるもの」 そう思っている人もいるかもしれません。   似たようなものに、おじやと雑炊もありますが、この中で一番消化が良いのはお粥です。   同じように米が入っていて、普通のご飯より柔らかくて箸では食べにくいところまで同じなのに、なぜお粥が一番消化が良いのでしょうか?     ここでは、お粥、おじや、雑炊の違いとなぜお粥が一番消化が良いのかを薬膳の視点から解説します ...

ReadMore

お知らせ

2022/12/21

2022年度年末年始休業のお知らせ

モーリー薬膳ラボ代表、森澤孝美です。 いつもありがとうございます。   2022年の年度末年始休業を下記の通りとさせていただきます。   ■2022年12月30日(木)~2023年1月3日(火)   この期間中のメール、SNSなどでのお問合せに関しては2023年1月4日以降順次お返事させていただきます。 ご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。   2022年も薬膳を通してたくさんの方とのご縁をいただきありがとうございます。 少しでも、皆様の心身 ...

ReadMore

冷えと湿気対策薬膳講座

お知らせ 出張講座 活動報告

2022/12/12

島根県松江市にて冷えと湿気対策薬膳をお伝えして来ました

12月11日(日)10:00~15:00(昼食をはさみました)に、『女性の大敵、湿気と冷え対策薬膳』を島根県松江市の自然食品の店ひまわりさんでお伝えして来ました。   この講座開催は、薬膳講座を長年受講くださっているひまわりの伊達社長から、講座中にお客様のお悩みを伺っていたことがきっかけです。   私がアロマテラピーや薬膳を始めるきっかけとなった更年期の際、心身の不調から脱することができたアロマテラピーとの出会いの場所となったアロマテラピーサロン&スクールNeroli主宰「大和 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

森澤孝美

「なかったことにする薬膳」と「簡単エイジングケア薬膳」でアラフィフをサポートする簡単エイジングケア薬膳講師。お惣菜でも外食でも選び方の理論が分れば薬膳になる。レシピが無くてもコツを掴んで実践できるとご好評。個人セッションも受付中。 薬膳食療法専門指導士。中医学と薬膳を学んだ後、多忙で食事が手作りできない人でも取り入れられる簡単エイジングケア薬膳講座を展開。日本全国より受講される。

-ブログ, メニュー, 浮腫み, , 食材
-, , ,

© 2023 モーリー薬膳ラボ 簡単エイジングケア薬膳講師 森澤孝美 なかったことにする薬膳