ものもらい 食べ物

ブログ 中医学 目の不調 食材

ものもらいができた時に食べると良いもの、止めた方が良いもの

疲れが溜まったり、睡眠不足になるとできやすい「ものもらい」。

ものもらいは関東の言い方で、関西圏では「めばちこ」、他の地域では「めいぼ」などと呼ばれる目の炎症です。

正確には、麦粒腫と言い細菌感染が原因ですが、似た症状の物に霰粒腫(さんりゅうしゅ)というものもあります。

どちらもまぶたの内側や、目のきわ、まつげの生え際などの炎症です。

しかし、この二つには原因の違いがあります。それぞれ炎症に変わりはありません。

何度も繰り返すようなら体質的な原因やよく食べているものが原因の事があります。

ここでは、それぞれについて食べると良いもの、止めた方が良いものについてお伝えします。

 

いわゆる「ものもらい」麦粒腫の原因

いわゆる「ものもらい」麦粒腫の原因は細菌です。

疲労や睡眠不足で免疫力、抵抗力が落ちた時になりやすく抗生剤で治すことができるものになります。

中医学的に考えられる可能性は、

1.本来持っている防御機能が衰えた 2.防御機能より強い細菌の侵入 3.ストレスによる免疫機能の低下などが考えられます。

目に出ているので、五臓の肝が関わります。肝は体の構成要素である「血」を溜めているとされるため寝不足が続くと溜めている「血」の不足から陰陽バランスが崩れるのです。

「陽」は熱・熱い・火の性質を持ち「陰」は冷たい・冷やす、水の性質を持ち「血」が不足すると陰の成分が減り陽が強くなってしまいます。

そのため、目の縁やまぶたの内側の炎症と言う熱症状として現れるのです。

 

ものもらいと似ているが原因が違う霰粒腫とは

霰粒腫は、目が乾かないよう分泌される脂の分泌腺、マイボーム腺のつまりが原因です。

涙が乾かないようにその脂が目の表面を覆う役目をするそうです。

このマイボーム線がつまるということは、中医学的には体液が粘性を帯びていると考えられます。

まだ炎症に至っていなくても膨らみがあったりしこりになっていたら霰粒腫かもしれません。

 

炎症が起きていたら避けた方が良い食べ物

炎症とは、「炎」と言う字が表すように熱の症状なので、体を強く温める性質のある食材は避けるべきです。

例えば、唐辛子、生のにんにく、山椒、コショウ、シナモンなどのスパイス系、アルコール類など。

以前、喉が少しイガイガする時にキムチを食べて喉が痛くなった実体験があります。

炎症が起こりかかってる、もしくは炎症が起こるかもしれない時は食べると強くカラダを温める食材を止める方が無難でしょう。

また、「陽」は上に上がる性質を持ちます。炎症である熱は「陽」の性質なので陽のパワーを上にあげる食材も避ける方が良いですね。

例えば、コーヒー、チョコレート、ナッツ類です。

これらは、ニキビが悪化する原因となるものだけでなく、花粉症の鼻づまりや目のかゆみも悪化させるものです。

 

ものもらいができている時、できやすい人が日ごろから食べると良い食べ物

いわゆる「ものもらい」麦粒腫ができやすい人は、体の抵抗力=バリア機能を高める食べ物を食べることと、バリア機能は五臓の「肺」が関わるので「肺」の働きをアップさせることが重要です。

肺のバリア機能をアップさせる食べ物は、色で言うと白い食材になります。

例えば、山芋(長芋)、白きくらげ、ゆり根、梨など

陰の性質は水なので、乾燥に弱い「肺」を潤わせる意味で海の物がお勧めです。

イカ、帆立、牡蠣、あさり、はまぐり、ぶり、サヨリなど

体の構成要素「気血津液」の「血」の不足を補う食材も常に食べます。

黒豆・黒きくらげ・黒ごま。にんじん・ほうれん草・ヨモギ・なつめ・クコの実・牛の赤身・レバー・かつお・鮭・まぐろなど

 

ものもらいと似ている霰粒腫ができている時、できやすい人が日ごろから食べると良い食べ物

脂っこいもの、乳製品、砂糖を使ったもの、コッテリしたもの、アルコールを控えたうえで、海藻類やきのこ、お酢を使った料理、雑穀類、はと麦、黒豆、アスパラガス、クレソン、チシャなどを

たっぷり食べて下さい。

つまりが起きているということは、一時的にしろ要らない水分がドロドロになっていることを予想して体に熱を加えて、体液を乾燥させドロドロにしないようにすることも大切です。

やはりここでも、スパイス類は止めるべきでしょう。

 

まとめ

中医学的に見た特徴に合わせて食材を選ぶと、ものもらいに良い食べ物を食べるより、まずは避けるとよいものを先に止めた方が早く症状が変わることが多いです。

その上で、「血」を補いつつ五臓の「肺」をアップさせバリア機能を強くする食べ物を食べます。

要らない水分をドロドロにしないためにも、激辛料理や毎日続けて揚げ物を食べたり乳製品を摂ることを控え、水はけのよい体にしておくことを心がけましょう。

これから年末年始にかけて、アルコールを飲む機会も増えると思いますが、一緒に食べるおつまみや料理に気をつけるだけでも違います。

何事も腹八分目、毎日同じものを食べ続けるのは止めましょう。

 

【関連記事】

牛肉の脂身で胃もたれ胸焼けする時のおすすめ付け合わせ野菜

体質的に食べない方が良いものを、たまに食べてもなかったことにできる薬膳の知恵が学べる無料メール講座配信中

なかったことにする薬膳が学べる7日間の無料メール講座

ワークショップ案内3.4月

お知らせ 募集中講座

2021/2/26

3月、4月募集中の講座・ワークショップのご案内

いつもありがとうございます。 ただいま、募集中の講座、ワークショップのご案内をさせていただきます。 メルマガ読者様優先でお申込みいただいておりますので、すでに満席のお日にちもありますことをご了承ください。   講座名をクリック後、今後の開催予定よりご希望の日時をお選びください ▶3月9日(火)アンチエイジング美素玉作りワークショップ(座学zoom+ワークショップ動画) 満席御礼 座学10:00~11:00 座学終了後ワークショップ動画をお送りします。 ▶3月9日(火)アンチエイジング美素玉作りワ ...

ReadMore

花粉症の人が気をつけるもう一つのアレルギー

アレルギー ブログ 中医学 五臓 食材

2021/2/25

花粉症の人が食べ物で気をつけたいもう一つのアレルギー対策

花粉症の季節がやって来ました。 花粉症の症状を軽減させる食べ物や止めておいた方が良い食べ物はいろいろありますが、花粉症から派生する食物アレルギーがあります。 交差反応と言うアレルギー症状です。 花粉症の人が食べ物で気をつけたいもう一つのアレルギーは、花粉症そのものの症状に影響するのではなく食べたもので主に口の中や喉に現れます。   花粉症が起こすもう一つのアレルギー 交差反応とは、花粉・食物アレルギー症候群(PFAS)とも呼ばれています。 食物アレルギー研究会のサイトによると 口腔粘膜に限局した ...

ReadMore

コンビニ薬膳お菓子

スーパーフード スイーツ ブログ 食材

2021/2/20

コンビニお菓子が止められないアラフィフはアンチエイジングになるものを!

アラフィフになると代謝が落ちて、若い頃と同じだけ食べていると太ってしまいます。 できれば間食は止めて必要な栄養は三度の食事で摂ることがベストです。 そうは言っても、頑張った後や緊張をほぐしたい時にちょっと甘いものが欲しくなりますよね。 どんなものでも食べ過ぎることは良くないですが、食べるならアラフィフにとって少しでもプラスになるものを選んでみましょう。 薬膳の視点から、アラフィフ世代がコンビニでお菓子を買う基準を書いてみます。     アラフィフを中医学の視点から見てその特徴から選ぶ ...

ReadMore

漢方と薬膳の違い

ブログ 中医学

2021/2/17

薬膳と漢方の違いと関係

薬膳という言葉が広まる前から、漢方や漢方薬という言葉は聴いた事があると思います。 薬膳と漢方の違いや関係についてお伝えします。   発祥は中医学(中国伝統医学)です   結論から言うと、漢方も薬膳も発祥は中国伝統医学です。 中国伝統医学を略して一般的には中医学と呼びます。 昨今、欧米でも Ttaditional Cinese Medicine と呼ばれ代替医療として中医学が認められています。 NHKの番組で、米軍が鍼治療を摂り入れていると話題になっていました。 そして、中医学の考え方に ...

ReadMore

デトックス時の酸っぱいものに注意

ブログ 美容

2021/2/9

酸っぱいものが好きな人が春からのデトックスで気をつける酸味の摂り方

酸っぱいものが好きな女性は多いと思います。 春になるとファッションも軽装になるため、今まで気にしていなかった体形も気になり始めますよね? 経験がある人もいるかもしれませんが、冬は体が栄養分を内側に溜め込もうとする季節なのでダイエットをしても体重は落ちにくいのです。 でも、季節が陰から陽に変わった春からは、いよいよダイエットやデトックスに適した季節です! その時、酸っぱいものが好きな人は食べるものに気をつけないとせっかくのダイエットやデトックスのブレーキになってしまうかもしれません。 思わず酸っぱい顔になる ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

森澤孝美

「なかったことにする薬膳」と「簡単アンチエイジング薬膳」でアラフィフからの美と健康をサポートする簡単エイジング薬膳講師。お惣菜でも外食でも選び方の理論が分れば薬膳になる。レシピが無くても コツを掴んで実践できるとご好評です。個人セッションも受付中。

-ブログ, 中医学, 目の不調, 食材
-, , ,

© 2021 なかったことにする薬膳 アンチエイジング簡単薬膳講師 森澤孝美