千切りキャベツと揚げ物

ブログ 食材

セットで食べれば消化がアップ!揚げ物が安心して食べられる胃もたれ予防の組み合わせ

消化を助ける食材で、揚げ物を食べても胃もたれ予防

 

揚げ物を食べる時に一緒に食べる食材の組み合わせで、胃もたれや胸やけが防げるのを知っていますか?

消化に時間のかかる揚げ物を、夜遅い時間に食べたり、胃腸が弱い人が揚げ物を食べる時に一緒に食べると良い食材の組み合わせがあります。

この組み合わせを知っておくと、遅い時間に揚げ物を食べても翌日スッキリ朝ご飯が食べられます。
胃腸が弱い人でも、食べた後に消化不良や胸やけしないので安心できる組み合わせです。

 

当たり前に食べている食材が胃腸の働きをアップさせ胃もたれを予防する

とんかつやフライの付け合わせで何気なく食べているキャベツの千切り。

もはや当たり前の付け合わせ野菜です。

 

ところが、当たり前ではないのです。

キャベツには胃の働きをアップさせるビタミンU(キャベジン)が豊富に含まれています。

胃腸粘膜の新陳代謝を促す働きがあるため、胃もたれや胃痛、ゲップなどの解消にも効果があると言われ、さらに

紫蘇を合わせることでより効果はアップ。

ビタミンUは熱に弱いため、加熱せずに食べるキャベツの千切りは意味があるのです。

もともと胃腸が弱い人は、揚げ物を食べる前によく噛んでまずは一口千切りキャベツを食べて下さい。

一番最初に胃に入ったものが良く吸収されます。これは、中医学の考え方で、漢方薬の飲み方と同じです。

漢方薬も空腹時(胃に何もない状態で)飲みますね。

 

 

酵素が消化をアップ!翌日胃がスッキリの胃もたれ予防食材をプラス

 

さらに揚げ物の消化を早める食材は大根です。

大根に含まれるジアスターゼが胃もたれや消化不良を解消するので、揚げ物を食べる時に大根おろしを一緒に食べて下さい。

キャベツのビタミンK同様に、ジアスターゼも加熱に弱いので生で食べることが重要です。

 

その意味でも、おろしポン酢で食べるとんかつの食べ方は、知らずに組み合わせていた消化をアップさせて胃もたれや胸やけ予防の

薬膳的な食べ方なのです。

 

 

胃もたれは避けたい!揚げ物におろしポン酢を使いたくない場合

 

胃もたれや胸やけ予防の揚げ物の食べ方はわかったけれど、毎回おろしポン酢と千切りキャベツでは飽きる!!

そう思われる方は、キャベツ、大根、紫蘇の葉をすべて千切りにして添えて下さい。

生のキャベツと大根なのでキャベジンもジアスターゼも壊れていません。

とんかつはソースでも醤油でもお好きなもので召し上がれます。

ただし、ストレスが多いと感じる方は、塩コショウとレモンで食べることをおススメします。

レモンの香りが「気」を巡らせて、さらに消化を促進させるからです。

 

 

まとめ

 

夜遅い時間や胃腸の弱い人が、胃もたれせずに安心して揚げ物を食べるための食材の組み合わせは次の通りです。

1、生のキャベツ(千切りキャベツ)を添える

2.大根おろし(または生の大根)を一緒に食べる。大根はキャベツと千切りにして添えてもよい。

3.紫蘇の葉を一緒に食べるとさらに胃腸がスッキリする。

4.キャベツ・大根・紫蘇が生であれば良いのでサラダにしてもよい。

 

 

もちろん、揚げ油は酸化していない新鮮なものを使うことが重要です。

新鮮な揚げ油で揚げて、できれば寝る2時間以上前には食べ終わるようにしてくださいね。

体質的に食べない方が良いものを、たまに食べてもなかったことにできる薬膳の知恵が学べる無料メール講座配信中

なかったことにする薬膳が学べる7日間の無料メール講座

バリウム後におすすめの食べ物

ブログ メニュー 便秘 食材

2021/1/26

バリウム後の食事におすすめなもの

毎年健康診断や人間ドックを受けていますか? 更年期以降は、それまで女性ホルモンエストロゲンが制御していたことが、分泌が減少することにより様々な不調として現れる世代です。 年に一度の検診が推奨されていますが、日本人の部位別がん発症数、死亡数共に5位までに入る胃がん。 検診では普通胃部エックス線検査があり、バリウムを飲んでレントゲンを撮る検査になります。 バリウムは硫酸バリウムと言い、胃や腸から吸収されないため安全な造影剤として通常のエックス線写真では見えにくい臓器や部位を見るために使われます。 最近、バリウ ...

ReadMore

なかったことにする薬膳 森澤孝美 YouTube

お知らせ

2021/1/24

YouTubeチャンネルを開設しました

いつもご覧いただきありがとうございます。 この度、お時間の無い方にも5分で聴いていただけるYouTubeチャンネルを開設したしました。 なかったことにする薬膳のメソッドを5分ずつお伝えして行きます。 通勤の車中、ご飯の支度をしながらでも聴き流していただける内容です。 難しいと思われがちな薬膳ですが、なかったことにする薬膳メソッドが分かれば、一杯のお味噌汁から薬膳になります。 繰り返し聴いていただけるようチャンネル登録をお願いいたします。 更新のお知らせが届くようベルのマークもクリックしておいてくださいね。 ...

ReadMore

アンチエイジング薬膳 薬膳講師森澤孝美

スーパーフード ブログ 五臓 食材

2021/1/18

チョコレートが止められない人はこれに気をつけると止めなくても良い

チョコレート好きな人は多いですね。 仕事の疲れを癒したり、楽しいお喋りのお伴としてチョコレートは人気です。 でも、チョコレートが止められないと罪悪感を持っている人がいます。 チョコレートはなぜ止められないのでしょう? 本当にチョコレートは止めた方がよいのでしょうか? あることに気をつければチョコレートは止める必要はありません。 それどころか、食べることをおすすめしたいほどです。 ここでは、チョコレートが止められない人が気をつければ、食べることを止めなくても良いポイントを書きます。   &nbsp ...

ReadMore

豆乳を分離させない

ブログ メニュー 潤い 食材

2021/1/16

簡単に豆乳鍋を分離させない方法で潤いアップ薬膳

豆乳鍋や豆乳を使ったスープを作る時に、うまく行かないことはないですか? 失敗になるのは、豆乳が分離してボロボロと塊ができてしまう状態です。 豆乳に含まれているたんぱく質が熱と塩分によって固まるのです。 そのまま静かにしていれば湯葉ができますが、かき混ぜたりお鍋は食べている間に具を動かすことになるためボロボロ状態になるという訳です。 豆乳鍋を分離させない方法は、塩と油にポイントがあります。         豆乳の種類でも分離が違う   豆乳には、無調整豆乳と ...

ReadMore

カニ鍋で冷やさず栄養を摂る

ブログ メニュー 食材

2021/1/11

カニは体を冷やすが冷やさず食べる3つのポイント

日本の冬はカニが美味しいですね。 カニは低カロリーで低脂肪。更年期世代以降におすすめの栄養も豊富なのでたまには食べたい食材の一つです。 薬膳では、カニには血行改善、血液浄化、髄を補填する、五臓の肝と腎を強くさせると言われます。 現代栄養学でも、カニに含まれるキチンキト酸に免疫機能改善や整腸作用があると言われ、甲羅のアスタキサンチンに活性酸素消去、タコなどにも含まれるタウリンが血中コレステロール値や高血圧を抑制し、動脈硬化予防になると言われています。 また、カルシウムが豊富に含まれることから骨や骨髄再生効果 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

森澤孝美

「なかったことにする薬膳」と「簡単アンチエイジング薬膳」でアラフィフからの美と健康をサポートする簡単エイジング薬膳講師。お惣菜でも外食でも選び方の理論が分れば薬膳になる。レシピが無くても コツを掴んで実践できるとご好評です。個人セッションも受付中。

-ブログ, 食材
-

© 2021 なかったことにする薬膳 アンチエイジング簡単薬膳講師 森澤孝美