汗の悩み

ブログ 中医学

誰かに相談しにくい汗の悩みも薬膳で解決!

お盆が終わり、暑さのピークはそろそろ過ぎたと感じるここ数日です。

それでも昼間は出かければ汗だくになりますし、家の中でもエアコンを点けなければ熱中症になってしまいます。

特に更年期世代に多いホットフラッシュによる発汗は、いつ起こるかわからないしなかなか止まらない厄介なものですよね?

薬膳の基になる中医学が分ると、どんなカラダの傾きによって汗が出るのかがわかるようになります。

 

 

汗が出ないのも出すぎるのも五臓の「肺」の弱りです

 

人は、体温を調節するために汗をかきます。

汗が出るとメイクも崩れるし、洋服もぐちゃぐちゃになるし、スポーツをしているならまだしも

オシャレして出かけている時だったら本当に憂鬱ですよね。

 

中医学では、汗は五臓の「肺」が担当していると言われます。

普段のお肌は、適度な湿気でカラダの表面はごくごく微細なミストがかかったように潤っていますよね。

潤わせることでウイルスや細菌からからバリアを張ってカラダを守るのが肺の役目。

 

ところがバランスが崩れると暑くもないのに汗が出たり、厚着をしていなくても出ることがあります。

また、運動をすれば体温が上がるので汗をかきますが、カラダを動かしていなくても出ることもあるのです。

 

 

汗をかけばデトックスできるのか

 

運動で適度に汗をかくことは血めぐり水巡りを良くする意味で良い事なのです。

でも、ホットヨガやサウナに入った時のようにずぶぬれになるほどの汗は誰にもおススメではありません。

 

ホットフラッシュに良くなる人やドライマウス、ドライアイなど粘膜の乾燥を感じている人、夕方からだるくなったり微熱を感じる人にはおススメしません!!

 

なぜなら、こういう症状が出ている人はすでにカラダの必要な水分不足になっているからです。

こういう人が大量の汗をかいてしまうと、さらにカラダはカラカラです。

 

汗をかくとカラダに溜まった毒素がデトックスされると思っていませんか?

これはすでに科学的に証明された都市伝説(笑)なんですよ。

汗のほとんどは水とミネラル。

だから汗をかいた後に水を飲むだけではなく塩分(ミネラル豊富な)を摂ることを推奨されている訳です。

 

カラダに溜まった毒素を解毒するのは腎臓や肝臓です。

そして尿や便として排泄される方が汗として出されるよりずっと解毒効果は高いのです。

 

だから、更年期世代は、むやみに汗をかき過ぎてはダメなんです。干からびちゃいますよ(笑)

というか、熱中症や命に係わることもあるので要注意!!

 

 

中医学的には汗はかき過ぎてはダメ

 

中医学的には、汗はかき過ぎると生命力、人のスタミナともいえる「気血津液」の「気」が一緒に流れ出てしまうと言われます。

そして、いつまでもだらだらと汗が止まらないのは「気」が不足して水道の蛇口が緩んだ状態です。

毛穴も開きっぱなしだから、風邪などのウイルスの侵入も許してしまいます。←今の状況的にとても危険!!

 

汗をかき過ぎると「気」が出て行ってしまうため、スタミナ不足、パワー不足となって疲れやすくなります。

「肺」が関係しているので息切れしやすくなる人もいます。汗をかいてばかりいると。

 

もし、汗が止まらなかったらどうするかというと、酸っぱいものを食べて下さい。

甘すっぱいものではなく、梅干しやレモンなどのキューっとした酸味です。

 

酸味には出すぎるモノを引き締める働きがあるのです。

 

 

汗に関わる「肺」が弱る原因の一つは飲食です

 

汗が出すぎるのも、出ないのも「肺」の問題でしたよね?

肺をしっかり機能させるにはどうしたらよいと思いますか?

食べたり飲んだりしたものから、栄養を作るのは胃と脾です。

胃と脾はペアで消化したものを栄養として各臓器に配ったり要らないものは排泄すると中医学では言われるのです。

この二つが弱ると、栄養を受け取れなくなるので「肺」も弱るというもの。

暑い時期は、冷たいものを食べ過ぎるほか、日ごろからアルコール、脂っこいもの、肉、砂糖を使った甘いものを良く摂っていると、胃と脾を消耗させて要らない水分を溜めやすいカラダにするのです。

この要らない水分は汗の原因。

 

熱と共に上に上がった要らない水分は頭部の汗になるのです。

 

最初に書いたように「肺」は本来お肌(体表)をごく細かいミストのように潤してカラダを守るバリア機能を担っています。

これから秋に向かうと乾燥から「肺」が弱りやすくなる時期と重なるので、今からの予防は

1.胃と脾を弱らせない

2.肺の機能をアップさせる

 

胃と脾を弱らせないためには、冷たいものを控えめにする。脂っこいもの、肉、砂糖を使った甘いもの、アルコールを控えめに。

もし摂る時は「なかったことにする薬膳」を必ず入れて下さいね。

 

「肺」の機能をアップさせるには白い食材がおススメです。

梨、レンコン、白きくらげ、山芋、大根、カブなど。

 

 

汗に関するまとめ

 

汗に関わるのは五臓の「肺」なので「肺」の機能をアップさせましょう。

肺の機能アップの食材は白い色の食材です。

そもそも、汗では毒素を出せるのはごくわずかなので、必要以上に汗をかき過ぎることは止めましょう。

汗のかき過ぎでスタミナ、パワー、生命力「気」が出て行ってしまうから疲労感を感じます。

汗が止まらなかったら酸味のモノを摂りましょう。酸味には出すぎるモノを引き締める働きがあります。

 

「肺」の機能をアップさせるには栄養を吸収して分配する胃と脾を弱らせずしっかり働くように食べ物に気をつけてその都度「なかったことにする薬膳」を取り入れましょう。

関連記事に肺を潤わせる具体的な方法を書いています。合わせてお読みくださいね。

 

 

 

 

【関連記事】

暮らし方を楽にするには陰陽を知ろう!

体質的に食べない方が良いものを、たまに食べてもなかったことにできる薬膳の知恵が学べる無料メール講座配信中

なかったことにする薬膳が学べる7日間の無料メール講座

アンチエイジング薬膳 薬膳講師森澤孝美

スーパーフード ブログ 五臓 食材

2021/1/18

チョコレートが止められない人はこれに気をつけると止めなくても良い

チョコレート好きな人は多いですね。 仕事の疲れを癒したり、楽しいお喋りのお伴としてチョコレートは人気です。 でも、チョコレートが止められないと罪悪感を持っている人がいます。 チョコレートはなぜ止められないのでしょう? 本当にチョコレートは止めた方がよいのでしょうか? あることに気をつければチョコレートは止める必要はありません。 それどころか、食べることをおすすめしたいほどです。 ここでは、チョコレートが止められない人が気をつければ、食べることを止めなくても良いポイントを書きます。   &nbsp ...

ReadMore

豆乳を分離させない

ブログ メニュー 潤い 食材

2021/1/16

簡単に豆乳鍋を分離させない方法で潤いアップ薬膳

豆乳鍋や豆乳を使ったスープを作る時に、うまく行かないことはないですか? 失敗になるのは、豆乳が分離してボロボロと塊ができてしまう状態です。 豆乳に含まれているたんぱく質が熱と塩分によって固まるのです。 そのまま静かにしていれば湯葉ができますが、かき混ぜたりお鍋は食べている間に具を動かすことになるためボロボロ状態になるという訳です。 豆乳鍋を分離させない方法は、塩と油にポイントがあります。         豆乳の種類でも分離が違う   豆乳には、無調整豆乳と ...

ReadMore

カニ鍋で冷やさず栄養を摂る

ブログ メニュー 食材

2021/1/11

カニは体を冷やすが冷やさず食べる3つのポイント

日本の冬はカニが美味しいですね。 カニは低カロリーで低脂肪。更年期世代以降におすすめの栄養も豊富なのでたまには食べたい食材の一つです。 薬膳では、カニには血行改善、血液浄化、髄を補填する、五臓の肝と腎を強くさせると言われます。 現代栄養学でも、カニに含まれるキチンキト酸に免疫機能改善や整腸作用があると言われ、甲羅のアスタキサンチンに活性酸素消去、タコなどにも含まれるタウリンが血中コレステロール値や高血圧を抑制し、動脈硬化予防になると言われています。 また、カルシウムが豊富に含まれることから骨や骨髄再生効果 ...

ReadMore

コロナ対策 なかったことにする薬膳 森澤孝美

お知らせ

2021/1/4

2021年の対面講座におけるコロナ対策

2021年から、簡単エイジング薬膳講師 森澤孝美の主催する対面での薬膳講座に関しまして、コロナ対策を以下のように徹底します。 安心してご受講ください。   ■講師・調理担当者の対策 〇毎朝の検温 〇こまめな手指消毒 〇マスク着用 〇フェイスシールド着用 ■会場内対策 〇開場前に、ドアノブ・テーブル・椅子など受講される方が触れるすべての場所の消毒 〇開場前に、トイレは便座・便器・床の消毒 〇換気扇の常時使用 〇常時テーブルに消毒液を設置。ご自由にお使いいただけます。 ■受講される方にご協力頂く対策 ...

ReadMore

生の大根と調理した大根の違い なかったことにする薬連

ブログ 中医学 食材

2021/1/4

大根の生で食べる時と調理した時の違い

でんぷんの消化を助ける酵素、ジアスターゼが含まれることから、お餅を食べるなら大根おろしに醤油を混ぜて食べるからみ餅をおすすめしたり、脂っこいものを食べる時や焼き魚に大根おろしをおすすめしています。 これらはいつも生の大根です。 日本では冬になるとおでんに入れたり、ふろふき大根にしたり、味噌汁やお鍋に入れるなど調理して味のしみた美味しい大根を食べる食文化もあります。 生の大根と調理した大根では何が違うのか?これを薬膳の視点からお伝えしますね。     生の大根の特徴 生の大根には、でんぷ ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

森澤孝美

「なかったことにする薬膳」と「簡単アンチエイジング薬膳」でアラフィフからの美と健康をサポートする簡単エイジング薬膳講師。お惣菜でも外食でも選び方の理論が分れば薬膳になる。レシピが無くても コツを掴んで実践できるとご好評です。個人セッションも受付中。

-ブログ, 中医学,
-,

© 2021 なかったことにする薬膳 アンチエイジング簡単薬膳講師 森澤孝美