お知らせ 活動報告

島根県松江市にて冷えと湿気対策薬膳をお伝えして来ました

12月11日(日)10:00~15:00(昼食をはさみました)に、『女性の大敵、湿気と冷え対策薬膳』を島根県松江市の自然食品の店ひまわりさんでお伝えして来ました。

 

この講座開催は、薬膳講座を長年受講くださっているひまわりの伊達社長から、講座中にお客様のお悩みを伺っていたことがきっかけです。

 

私がアロマテラピーや薬膳を始めるきっかけとなった更年期の際、心身の不調から脱することができたアロマテラピーとの出会いの場所となったアロマテラピーサロン&スクールNeroli主宰「大和かぎろひ」の西田奈々先生との2講座連続で受講していただく形となりました。

 

 

 

冷え対策として当帰葉のご紹介から始まりました

それまでは四物湯、当帰芍薬散、加味逍遥散など女性の「血の道症」と言われる不調改善の漢方薬に使われてきた植物が大和当帰でした。

 

漢方薬には当帰の根を乾燥させたものを使いますが、これまでは葉も茎も全てが薬品の原料としての扱いだったのです。

 

実際には使われない葉はすべて廃棄されていたのですが、平成24年に当帰葉が薬機法で非医扱いとなったため、奈良県では当帰葉の成分分析が進められて来ました。

 

その結果、県の後押しもあり、食品として食べられる葉の商品開発が進められています。

 

西田先生のご出身地が昔から漢方薬の原料植物を栽培して来た土地であり、私も大和当帰葉には着目して来ました。

伊達社長から伺っていた松江市の女性が訴えられている不調に大和当帰葉を使うことで、その不調の予防になるのではないかと考えたのです。

 

そこで、大和当帰葉をご紹介したところ、聞いたことはあるものの食べたことはないと言われそれでは一度直接セミナーをということになりました。

 

当帰葉の歴史と蒸留成分についての説明とワークショップ

西田先生からは大和当帰と言う植物についてのご紹介と、当帰葉の成分分析結果やご専門のアロマテラピーに使う精油や蒸留水に残る成分についての説明がありました。

 

当帰葉について説明される西田先生

 

松江市は隣に出雲大社のある出雲の国。奈良県は大和の国として両県は古事記や日本書紀にも登場する古い歴史ある場所です。

 

特に歴史の部分では、大和と出雲の関係の話にも皆さんが興味を持っていらっしゃったことが印象的です。

 

大和当帰葉の成分の説明の後、ワークショップとして当帰葉蒸留水を使った化粧水作りを皆さんと一緒に行いました。

 

その後、セミナー時間中に乾燥葉をベースとした冷えと湿気対策のふりかけをデモンストレーションで作り、お弁当にかけて試食していただきました。

セミナー後のご感想に、このふりかけが美味しく、ぜひ作りたいという方が何人もいらっしゃったのが嬉しかったです。

 

松江市の女性の冬のお悩みに当帰葉を使った薬膳をご紹介しました

昼食をはさんだ午後からは、私のパートとして『女性の大敵、湿気と冷え対策薬膳~大和当帰を知る薬膳』です。

 

 

以前から松江市は湿度の高い場所だと聞いていました。宍道湖、中海、堀川などの水域に囲まれた水郷都市で、冬に雨の多い北陸型と夏に雨の多い北九州型の中間の気候が特徴です。

 

日本の年間平均湿度が60~70%なのに対し、松江市は年間平均湿度が78%と聞くと、どれだけ湿度が高いのかも想像が付くのではないでしょうか。

 

そして、日照時間が特に12月から2月にかけて少ないことも特徴です。

 

文化的には、松江藩の城下町と言う土地柄で、特に松平家7代目藩主松平治郷(はるさと)が茶道不昧(ふまい)流を大成したことから茶の湯文化が根付いています。

 

緑茶は体を冷やす性質であること、お茶には和菓子がつきもの。なので、和菓子を日常的に食べている人が多いのでは?

 

気候だけでなく、この文化も不調と関連していそうだと予測しました。

 

そして、日照時間が短いと幸せホルモンのセロトニンの分泌が少なくなり、それを補うかのように甘いものを欲するというスパイラルに陥り、そこから自分で体に要らない水分を溜めやすくなっているかもしれません。

 

体を温め自律神経の乱れを整えるための貼るカイロを貼るおすすめ場所もお伝えしました。

 

モーリー薬膳ラボ代表、森澤孝美 島根県松江市にて薬膳講座中

登壇中の森澤

 

その上で、せっかくの文化を否定することなく、お茶や和菓子の影響を「なかったことにする薬膳」を大和当帰葉にプラスして身近にあるものでお伝えしました。

 

「なかったことにする薬膳」についてはこちらをご覧ください。

なかったことにする薬膳のメリット

 

 

体調はその土地の気候や食文化を反映するからこそ、薬膳の考え方が合う

体質は人それぞれだとお伝えしますが、その体質を作る大元は、住んでいる場所の気候や長年食べ続けているものの影響もあります。

 

世間で〇〇に良いと言われる食べ物も、自分に合っているのかがわからなければ不調の原因になることもあるのです。

 

薬膳では、原因を考えることは基本なので、その人のバックボーンとなること、つまり環境や食事などは原因となっていないかを探ります。

 

原因がわかりそれをフラットな状態に戻す食材と使って作る食事が薬膳です。

 

今回、松江市の皆さんにお伝えしたことで、今年の冬のお悩みが少しでも解消できることを願っています。

 

最後に、受講くださった皆さま、自然食品の店ひまわりの伊達社長、スタッフの皆さま、西田先生ありがとうございました。

 

司会をされる伊達社長

 

夏も蒸し暑い場所と聞きます。夏の湿度対策もぜひ薬膳で続けていただけたら幸いです。

 

 

 

 

体質的に食べない方が良いものを、たまに食べてもなかったことにできる薬膳の知恵が学べる無料メール講座配信中

 

お知らせ 活動報告

2024/5/16

【活動報告】体面でランチ付きみそ玉作りワークショップ開催

  2024年5月8日(水)に京都の二条城近くにあるレンタルスペースFRIEDENさんをお借りして、ランチ付きの『エイジングケアの美素玉作りワークショップ』を開講しました。 60分のレクチャーと45分のみそ玉作りです。 ワークショップ終了後は、オーガニックの材料を使ったランチを楽しんでいただきました。     レシピと作り方ならネットで調べたらすぐ出て来ます。 誰でもみそ玉ができますが、私がお伝えするみそ玉は、使う素材の性質や効能を薬膳で考えた「エイジングケアの美素玉」です。 ...

ReadMore

お知らせ プロ向け 活動報告

2024/4/30

【活動報告】第3期薬膳ヘルスビューティケアアドバイザー講座(アドバンス)全12回終了

偶然にも横浜で活動されるお二人が受講された『薬膳ヘルスビューティーケアアドバイザー認定講座(アドバンス全12回)』が終了しました。     『薬膳ヘルスビューティケアアドバイザー認定講座』はベーシック全7回とアドバンス全12回(事例検討会12回を含む)より構成されていて、それぞれのコースが終了された後、認定テストに合格されると、『薬膳ヘルスビューティケアアドバイザー』と『薬膳ヘルスビューティケアアマスターアドバイザー』に認定させていただきます。   この講座を受講されるのは、 ...

ReadMore

お知らせ 活動報告

2024/4/28

特別勉強会 3回目の「日本の食と日本人の健康を考えてみよう会」開講しました

2024年2月から月に一度のペースで外部講師をお招きして行っている『日本の食と日本人の健康を考えてみよう会』も4月22日(月)に3回目を迎えました。     3回目は農薬とは?から、遺伝子組み換えのメリットとリスク、ゲノム編集のメリットとデメリット、食品添加物と広範囲に渡りました。 農薬についてだけでもこれだけあります。  ・農薬の分類 ・農薬の使用目的 ・農薬の剤型 ・日本での農薬の現状と世界との比較 ・WHOで発がん性と示した農薬   体を作る食材の事を知らなければ選ぶ基 ...

ReadMore

お知らせ 中医学 活動報告 薬膳

2024/4/28

【活動報告】対面にて最短で基礎が学べる「きちんとわかる薬膳の基礎(全五回)」を開講しました

  2024年4月20日、21日の2日間で『きちんとわかる薬膳の基礎(全五回)』を対面にて開講しました。 4名の方が受講され、二日間で薬膳を始めるための中医学の基礎から食材の選び方、食材事典の読み方を学ばれました。 過去に、独学で学ばれたことがある方や単発で何度か他の方から学ばれたことがある方もいらっしゃいました。 日本人になじみがあるのは明治以降にオランダやドイツから入って来た西洋医学の考え方で、東洋医学の陰陽のバランスの取り方などの概念はあまり浸透していません。 そのため、これを本で学んだり ...

ReadMore

お知らせ 受講後の感想 活動報告

2024/4/22

【活動報告】怪しくない!面白い!東洋医学を実践するための気の話を開講しました

2024年4月24日(水)に二回目となる『怪しくない!面白い!東洋医学を実践するための気の話』を開講しました。     薬膳の基になる中医学では体の構成要素を「気・血・津液」の3つだと言います。   その中の「気」は元気、やる気、勇気など普段使っている言葉でも何となくは感じるもののハッキリとわかりにくいと誰もが思うものです。   そこで「気」にフォーカスして「気」とは一体どんなものなのか?をお伝えする講座となりました。   中国では日本の縄文時代以前から「 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

森澤孝美

「なかったことにする薬膳」と「簡単エイジングケア薬膳」でアラフィフをサポートする簡単エイジングケア薬膳講師。お惣菜でも外食でも選び方の理論が分れば薬膳になる。レシピが無くてもコツを掴んで実践できるとご好評。個人セッションも受付中。 薬膳食療法専門指導士。中医学と薬膳を学んだ後、多忙で食事が手作りできない人でも取り入れられる簡単エイジングケア薬膳講座を展開。日本全国より受講される。

-お知らせ, 活動報告
-, ,

© 2024 モーリー薬膳ラボ 簡単エイジングケア薬膳講師 森澤孝美 なかったことにする薬膳